旅行・地域

2011.01.08

京都紅葉ツアー2010(その4)

京都紅葉ツアー2010(その3)】の続き

さて、京都紅葉ツアー2010、2日目です。

2日目は、天気予報から雨が降ることが予想されていたので、できるだけ午前中に動くことにしていた。

最初に行ったのは、これまで何回も訪れている高桐院

100_0261_2

雨の雫で竹に張り付いた紅葉。「絵になるflair」と思ってシャッターを押しましたが、実際に写真になると、そうでもないね。やっぱり、プロのカメラマンが撮るのとは違います。(あたりまえ)

100_0264_2

これは、高桐院へつながる石畳。こんな風に、誰もいない瞬間ってなかなかないので、ラッキーな一枚だ。

100_0269_2

これは、高桐院の庭の木。この枝ぶり、すごいでしょう?なんかこう、ゴツゴツと逞しいというか、綺麗に色づいたもみじをも圧倒する存在感というか。そう思ったのは私だけじゃないみたいで、たくさんの人がカメラを向けていました。

次に行ったのは、今回初めて訪れる実相院

100_0277_2_2

間もなく雨が降り出しそうな中、国際会館前からバスにのって実相院へ。なんとか降り出す前に到着。空は昨日のような青ではなかったけど、紅葉はまずまずで白い庭とのコントラストが綺麗だった。

天気予報通り、午後からは雨。

傘をさしての紅葉見学は、ちと辛いので、河原町のデパートへ行ってみた。気に入ったものがあれば買ってもいいかな~くらいの気持ちだったけど、ピンflairとくるものがなくて見送り。

モノを買うというのは、マインドだけじゃダメなんだとつくづく思った。大げさにいえば、それは「出会い」だな。欲しいと思うモノとの「出会い」。そして「お金使うぞ」というマインド。この両方がなくては、売買は成立しない。(たかがウィンドーショッピングで、大げさに考えてみるの巻)

それにしても、オットとの二人旅はつまんないなぁ~。3月に行った北海道への家族旅行(参照エントリー:北海道は雪が降っていた)の方が、何十倍も面白い。

お子さんがまだお小さい皆さんに、声を大にして言いたい!

「旅行に行くなら今のうちですぞぉ~」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.01.05

京都紅葉ツアー2010(その3)

京都紅葉ツアー2010・その2】の続き

さて、京都ツアーの続きに戻ります。

今回泊まったのは、京都ホテルオークラウェスティン都ホテルが大好きだった私だが、いつも同じじゃつまらない。

で、どうだったかというと・・・すっごくよかったですよ~。

朝食で、お気に入りのラタトゥイユがなかったのは残念だけど、部屋は綺麗だし、場所も便利で申し分ありません。オットは、なんか特別な枕を頼んでました。わたしは、もちろん加湿器をオーダー。快適な一泊でした。

さて、夕食について。

去年、祇園のイタリアンレストランに行ったのだが、オットにはイマイチだったようで、今年はどうするかすごく悩んだらしい。

でも、もう一回イタリアンに挑戦。今年は、CACCIATORI というお店に行きました。

オットは、相当気に入ってました。確かに美味しかったし、量もちょうどよかったけど、内装がいまひとつで食堂っぽいのがどうもね・・・。

わたしは、去年行ったお店の方が好きだけどな。照明もやや暗めで、椅子もテーブルもおしゃれで良かったんだけど。

オット的には、去年のお店は凝り過ぎで、味が予想外すぎてダメなんだって。でもこのお店は、奇をてらったところがなくて、でもすごく味がよくて、オットは店員さんに「また来ます」と言って帰ったくらい。

ほんとに来年も行くかどうかは、不明なんですが。

その4に続く】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.12

京都紅葉ツアー2010(その2)

京都紅葉ツアー2010・その1】の続き

昼食後行ったのは、ここ。二尊院。

100_0236_2

ここは、初めて行った場所です。思ったより人が多くてびっくり。

『気は長く心は丸く腹立てず口慎めば命長かれ』・・・幸福の道とタイトルがつけられた文書に書かれていた言葉。命が長いことが幸福なのか否か、それは人によって違うであろうが、気は長いほうがいいと思うし、心は丸い方がいいと思うし、口数は少ない方が絶対にいい。

100_0242_2

次に行ったのは、祇王寺である。写真では白とびしてよく見えないが、白い猫ちゃんが日向でお昼寝中だった。これには、美しい紅葉もしばし主役の座を譲り・・・。

翌日は、桜桃さんが来られているようで、桜桃さんのブログでしっとりとした美しい紅葉が見れます。天気が違うと、光景が違いますね。(え?写真の腕が違う?)(ええ、そうですとも、それが何か?)

100_0247_2

ここは、化野念仏寺。桜桃さんのブログによるとこの石仏群は撮影禁止らしいのだが、『中に入っての撮影禁止』とは書いてあったが、『撮影そのものが禁止』とは思わず、塀の外からパチリ♪お許しくださいませ。

さらに奥へと進む・・・。

100_0251_2

ここは、お寺でも庵でもなく飲食店。平野屋という鮎料理の有名なお店らしい。

でもここに来たのは、鮎料理を食べるためじゃない。どうやらここは、カメラマンの撮影ポイントらしいのだ。カメラマンたちは、一段上の道路から狙っているようで、背後の木陰にたくさんのカメラが覗いていた。

ところが、このお店の正面にいきなりどでかいバンが停まったのだ。降りてきたのは、いかにもそういうことには無頓着そうな女性。あちゃ~、みんな困ってるだろうな・・・と思っていたら、車から降りてきた女性とお店の人にひとりのカメラマンが声をかけた。

「すみませ~ん、車、動かしてもらえますか?」

へ~、そんなこと言っちゃうんだ・・・と思っていたら、店員はこう言った。

「ここは、駐車場ですから (*`ロ´ノ)ノ」

そりゃそうだよね。ここは飲食店ですもん。別に、カメラマンのために赤い毛氈をひいてるわけでもないし、雰囲気のあるのれんにしてるわけでもないですから。

とはいえ、そこはやはり接客業。しばらくたつと、車は店の端っこの駐車場に無事に移動した。いい写真を撮るっていうのは、なかなかたいへんですなぁ。

100_0255_2

カメラマンのご苦労を思いつつ、今度は厭離庵を訪ねた。全然紅葉っぽくないけど、遠くに若干色づいた紅葉、見えません?

実はこの写真は、帰り際に撮ったもの。来たときは、なんとこの小道に自転車が停まっていたのだ。しかも2台!非常識だよね。

中には、着物姿の女性がたくさんいて、着物姿の男性も2名いた。もしかして、お茶席でもあったのかな?それとも、何かそういう会?って思いながら、着物姿の女性を鑑賞。みなさん、きりっと綺麗に着ておられて、わたしも久しぶりに着たくなったぞ。

さんざん歩きまわらされて、足もくたくた、小腹もすいてきてここらで一休み。

あぶり餅が有名だということで(以前も食べたような気がするが)、天竜寺の近くの大文字屋に行った。

100_0260_2

これは、オットの食べたあぶり餅。

わたしは、あぶり餅が有名だというのに、抹茶のわらび餅を食べた。・・・もちろん、どっちも食べたけどね。

あぶり餅にしとけばよかったなぁ~。

さて、もう日も陰ってきた。そろそろ宿へチェックインの時間だ。嗚呼、ここにいる大勢の人が、あの電車に乗るのかと思うと・・・・萎える。

その3へ続く】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.11.29

京都紅葉ツアー2010(その1)

さあ、みなさん!お待たせしました、今年もこの季節がやってきました。(誰も待ってないですけど)(それが何か?)

昨年ももちろん出かけておりましたが、なんだかんだで記事として記録することが間に合っておらず、あっという間に一年が過ぎてしまい・・・。

気を取り直して、さぁ2010年です!

100_0211_2

今回、一番に訪れたのは、宝厳院。2008年にも来ている(参照エントリー:京都紅葉ツアー2008(その3))が、入ってすぐに見えるこの光景が印象的。水の代わりに石がある池・・・って感じに見えるのだ。

それにしても2008年と違い、人が少なかったなぁ。やはりちょっと早いからかなぁ?

次に訪れたのは、天龍寺。ここも過去、何回か来ているところ。池を挟んで向かい側に広がる紅葉は、とてもきれいだ。

100_0220_2

中はとても広くて、小道を歩きながらいろんな光景を楽しめる。

100_0218_2

そういえば、ここでひとつ学習したことがある。

100_0226_2_2 

『リンドウ』って、『竜胆』って書くんだ!(プチ情報)

次に訪れたのは、常寂光寺。ここもこれまで何回か来ている。

100_0234_2

何回来ても、ここは裏切らない場所だなぁ。オットも気に入っている場所らしいが、ここで撮る写真は、出来がイマイチのようで、大きく印刷することもなければ年賀状に使うこともない。見た光景が素敵だと、そのイメージをそのまま写し取ることってできないのかもしれないな。

この辺で小腹もすいてきて、お昼休憩をとる。下り坂の途中にあったおうどん屋さんで、玉子とじうどんをたいらげた。美味かったヽ(*^ω^*)ノ。

それにしても、いつも嵐山に行くときは、電車がめちゃ込みで絶対椅子に座れたりしないんだけど、今回は座れちゃいました!ポイントは、できるだけ前の車両まで歩くこと。今年は初めてリュックを使用したので、両手を元気よく振ってさっさと歩き(もはや駆け足か?)、ぎりぎりの乗り換えタイムだったにもかかわらず、確か前から2両目の車両に乗りました。

そしたら、なんと、座れたんですよ~。

やはり旅には、リュックですな。お気に入りのブランドのリュックだったので、あまり抵抗感もなく背負うことができました。旅にもオシャレは必要です。

その2に続く】

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.05.02

GWらしく出かけてみた

前のエントリー『大型連休は・・・』で予告通り、昨日今日と関西方面に出かけてみた。

初めて大阪の通天閣に行きその周辺を歩いたのだが、串かつ屋とパチンコ屋とたこ焼き屋が繰り返し連なる面白い通りだった。(あまりに面白くて2往復してしてしまった)

「串かつって大阪の名物だったんだ!」と気づいた昨日(おそっ!)、どうしても食べてみたくなってあまり混んでない串かつ屋に入った。混んでないということは、人気がないということでもあるのか、20年くらい昔に地元で食べた串かつのほうが、美味かったと正直に白状します(すみません)。

失礼ついでにもうひとつ・・・

大阪の方には非常に申し訳ないのだが、大阪で行き交う女性たちを見て感じたのは、「太目率高いな」ってこと。最近、東京や札幌に出かけたときには、全然感じなかった感覚だ。

それってやっぱり、たこ焼きとお好み焼きと串かつが原因?わたしがもし、大阪に住んでいたら、きっと今より10kgは重かったんじゃなかろうか。

夕方から、花月でよしもとを見て、帰りはホテルまでぶらぶら歩いた。

夜になっても人が多くて、「あ~都会!」と感激した。若いころ、こういう都会に住んでみたかったなぁ。

そのうちグリコのネオンが見える小さな橋の上にきて、「お!ここってよくテレビで見る光景じゃん」・・・ということで記念撮影。他にも、いっぱい記念撮影してる人がいて、若い女の子たちに「シャッター押してください」なんて頼まれたりした。

オットがいなければ、大丸だの高島屋だのデパートめぐりに夢中になるのだが、オットと子供がもれなくついてくるのでそうもいかず、今回はおとなしく買い物なし。

翌日は、奈良へ。

今、平安遷都1300年記念とかで人がめちゃめちゃいっぱいいた。

でも、行ったのはそこじゃなく、興福寺と東大寺。akkoは、今回が初奈良で、でっかい大仏様に感激してた。実はわたしも、20年以上前に来ただけだったのでやっぱり感激した。

人間って、超でっかいものには、簡単に感動するもんなんじゃないかとちょっと思った。

興福寺は、国宝の仏像とかいっぱい展示してあって(45分並びました)、akkoは、興味深げに説明を読みながらひとつひとつ見ておった。

そんなすごいものを見たわたしたちだが、実は近鉄奈良駅の4~6階にある『なら奈良館』で大仏様の手のレプリカに乗っかったとき、もっとも興奮したのは紛れもない事実だ。

    

今回、旅行とはいえ大阪の街を歩くのがメインだと思っていたわたしは、膝丈のスカートに白いフリルカーディガン、7cmヒールのパンプスを履いて出かけた。

しかし!奈良では、歩く歩く・・・もう勘弁してcryingって言いたくなるほど(言ったけど)、歩かされた。

やはり旅行でヒールは、いかんな。完全に失敗だ。

スニーカーでもおしゃれに見えるスタイルを研究しなくては。残りわずかな休暇は、その課題に取り組んでみたい。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2010.04.29

大型連休は・・・

例年のことながら、メーカー勤務のオットは、いわゆる大型連休をとる。今年は、29日から5月9日まで11連休だ。

一方、土日祝など関係のない業種のわたしは、3連休だと苦笑い、4連休だと冷たい笑いを向けられる職場であり、当然GWは、2日出て3日休み、3日出て2日休む・・・みたいな勤務にしている。

そして、学生であるakkoは、もちろん休みは暦通りだ。

連休前日、オットが言った。

「さぁ~11連休だ。何しようかな~?」

それを聞いたわたしとakkoは、思いもよらず声を合わせてこう言った。

「ご飯作って!」

    

当然答えは、きっぱりと「NO」だがな。

   

結局、GW前半は関西方面に一泊旅行に行くことになった。そしてGW後半は、ひとりで秋葉原に行くらしい。

家事をしないで11連休過ごすには、どこかへ行くほかないらしい。お金がかかることだなぁ。ま、日本経済のためにもキャッシュをフローさせることにいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.03.27

北海道は雪が降ってた

出発の日は全国的に大荒れで、雨女akkoに相応しい日となったわけだが、いくら相応しくても喜んではいられない。こちらの天候が回復しても、機材がなければ出発はできない。

飛んでくれと祈りつつ、車を空港に向かわせた。途中、オットは携帯で羽田を出る便をくまなくチェックし、「よし、この飛行機が着いたら、きっとこれに乗れる。次の羽田に向かう便は空席が多いから、きっと新千歳に向かう便を優先させるはず」とひとりごちている。

そしてオットの予想通り、飛行機は1時間遅れで新千歳空港に向かって飛び立った。

     

Pa0_0042

見て!この雪!もう3月だというのに、これじゃまるで雪国だ!(ええ、雪国ですとも)

瀬戸内海地方では、今年最高の積雪でもこうはいかない。

初日の目的地は、函館。

函館の夜景って有名でしょ。だからそれを見に行くことにしてたんだけど、この雪じゃ・・・風も強くて、まさに吹雪。

スーパー北斗に乗って函館に着くと、オットは、このままホテルへ向かうと言う。わたしとakkoは、一斉に反撃。

「見えないことを確かめに行こう!」

駅前での押し問答の後、タクシーに乗り函館山ロープウェイに向かった。

ロープウェイに乗るとき、窓口の女性に「見えませんよ~」と念を押されたにも関わらず、ロープウェイには、結構人が乗っていた。

見えないことを確かめに行ったわたしたち。しかし、強運の持ち主でもあったようだ。到着してしばらくは、あたりはグレー一色で何も見えなかったが、少し経つと、サァ~っと雲が風に流されていき・・・

わぉ!素敵!とてもきれい。北海道の輪郭に沿って、きれいなイルミネーションが見えました。(写真なし)(携帯ではうまく撮れなかったので)

Pap_0030

夜は、前エントリーに書いたように(参照エントリー:『二泊三日で2kg増ってどゆこと?』)美味しいフレンチを堪能。写真はオードブル。いっぱい撮ったけど、携帯で室内はやはり厳しいのか、ほとんどピンボケで載せる価値なし。

Pap_0018

函館の朝は、ホテルでの海鮮丼バイキング。その後、駅の近くの市場に向かう。

そこで、うにを焼いてるところを発見。おじさんがうにやアワビを焼いてもらっていたので、わたしも~と便乗しいただきました。甘かった。

いろんなお店を冷やかして回ったけど、とにかく足元がつるつるでおっかなびっくり歩くので、腰が疲れたぞ。

二日目は、小樽へ。でも函館と小樽は、結構遠い。北斗に乗って数時間。列車の窓から、一面の雪と荒ぶる海を見ながら、小樽へ着いた。

Pap_0014

実は、おねえは高校の修学旅行で北海道に来ている。この小樽運河にも来たらしい。

今回は雪が積もっている運河沿いを、西日本育ちの4人がわぁわぁ言いながら歩いた。風景自体は、正直あまり感動はなかったけど、街に雪が積もっていることに北海道を感じた。

小樽では、北一ガラスでお土産を買った。赤のガラスのネックレス。今日、早速黒のタートルネックのニットに合わせて出かけた。なかなかいい。

Pap_0009

最終日は、札幌の観光。この日は、観光タクシーを借り切ることにした。少々割高ではあるが、観光タクシーの運転手さんは、いろんな北海道の蘊蓄を聞かせてくれてとても面白い。

赤レンガの北海道庁を見学した後、時計台に寄った。

修学旅行で北海道に来ていたおねえは、「時計台ってしょぼいって友達が言ったので、見に来なかった」らしい。それを聞いた運転手さんが言った。

「時計台は、三大がっかり名所ですから」

あはは!大爆笑でした。

Pap_0005

そのあと、市内をあちこち案内してもらい、「そもそも札幌には、2世帯7人しか住んでいませんでした」などというプチ情報を運転手さんから聞きながら、大倉山ジャンプ競技場へ行った。

リフトが動いていたので、それに乗って展望台へ。(写真は降りるときだけど)

Pap_0007

大学時代、スキー部だったわたしは、一度ジャンプ競技のスタート地点に立ったことがある。立っただけでも相当怖かった。でもこのジャンプ台は、絶対それより高い。

ジャンプ競技は、そもそも罪人への罰的なものだったという話は、かなりうなづける。

それにしても展望台のソフトクリームは美味しかった。正直、雪印パーラーのより美味しかったと思うのは、わたしだけ?

Pap_0003_2

最後に向かったのは、羊ケ丘

広い敷地に一面の雪。人も歩いていないし、車も通っていないから、とにかく真っ白できれいだった。(羊はあり得ないくらい真っ黒だった)

タクシーの運転手さんは「冬の北海道もいいでしょう?今度は2月に道東に来てください。阿寒湖を車で走れます」なんて言ってた。

でもそうだね、北海道の観光シーズンは、冬なのかも。

空港で、おもしろい運転手さんとお別れ。一緒に記念写真に収まった彼は、よそ行きの顔になっていた。

   

またどこか行きたいな~。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010.03.25

二泊三日で2kg増ってどゆこと?

それは、akkoの卒業記念旅行(参照エントリー:『akkoの卒業記念旅行は・・・』)の結果なんですけどね。

宿泊したラビスタ函館ベイの海鮮バイキング朝食で食べたいくら丼も美味しかったし、函館の市場で食べた焼きうにも美味かったし、翌日札幌で食べたうにむらかみのうに丼は、高かったけど美味しかった。

函館では、唐草館というフレンチのお店に行ったのだけど、ここがまた良くて、特にオードブルはすっごく美味しかった。デザートは、たっくさんの種類の中から3つも選ぶことができて、選ぶのも楽しいし、食べても美味しくて、ここで0.7kgは増量したに違いあるまい。

小樽では、ベリーベリーストロベリーというパスタのお店に行ったのだけれど、ここでは4人が見事にバラバラのものをチョイス。オットはリゾット、わたしはパスタ、おねえはピザで、akkoはラザニア。みんなで取り分けて食べた結果、全員リゾットが美味いと意見が一致した。どうもここのトマトソースは、酸味が強いのか、味が自分に合わないのか、ちょっとくどいというか強い感じがしたなぁ。リゾットだけが、トマトソースじゃなかったので、だしが利いててかなり美味しかった。

札幌では、京王プラザホテル札幌に泊まり美味しい朝食バイキングをいただいた。もちろんとても美味しかったが、京都で何回か泊まっているウェスティン都ホテル(参照エントリー:『京都ツアー2008(その3)』)の方が、味は好きだな。でもここのバイキング、とても雰囲気が良かった。従業員の方たちも感じがいいし、場所も広くて解放感があって。

そして、北海道最後の食事は、スープカレー。食べたことがなかったので、ブーム発祥の地北海道で食べてみたかった。事前のリサーチもなく、また時間もなかったので、新千歳空港のキタカレーというところで食べたのだが、いやぁ~美味しいものですなぁ~。有名店でも専門店でもなさそうなので、もっとうまい店はあるんでしょうが、いや、わたしには充分。辛さもちょうどよくて、おなかが温まってほんとに美味かった。

そういえば、出発当日は羽田で相次いで飛行機が欠航となっており、機材が回らなくて飛ぶか飛ばないかヒヤヒヤしたけど、遅れてなんとか飛ぶことができた。そのため着いたらすでに腹ペコで、北海道初食事も空港だった。当然、ラーメンをいただきました。空港にある白樺山荘というお店で。ゆで卵が食べ放題で(といっても、そんなに何個も食べれませんけど)、ラーメンに入れていただきました。辛めのスープにそれがとてもよく合っていて、美味しかった。

そんなこんなで、「美味しい~♪」と「おなかいっぱいだぁ~!」を連発した旅は、見事に2kg増という結果を残したのでありました。(めでたしめでたし)(めでたくない!)

【追記】

食事の途中、雪印パーラーでアイスクリームを食べ、かま栄のパンロールをかじり、そして大倉山ジャンプ競技場ではソフトクリームを頬張り、このうえなく充実した間食だったことも、ここに白状いたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.02.01

akkoの卒業記念旅行は・・・

北海道に決定です.

久しぶりに4人で飛行機だぁ~up

北海道は久しぶりだ.結婚前に2年連続でスキーに行って以来のことだ.

こんなところ(瀬戸内海沿岸)に住んでいると,北海道は北海道でひとくくりなわけだけど,オットに言わせると,「とにかく広い」.2泊3日でも,あまりあちこちは行けないらしい.

行き先を北海道にしたのは,akkoの希望だ.おいしいいくら丼を食べたいらしい.(謎)

わたしは,北海道に行くなら有名な函館の夜景を見てみたい.akkoも,修学旅行で行った長崎で夜景を見て感激したので,わたしの意見に賛同.

ということで,行き先は北海道の中でも,函館と札幌に決まった.

それでですね,お願いなんです.

函館と札幌でお勧めの観光スポットをご存知の方がおられましたら,教えていただけないでしょうか?そしてもちろん,おいしいいくら丼が食べられるところも.

   

しかし,なんでいくら丼なんだろうなぁ?わたしは,うに丼の方がいいけど.

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2009.04.18

携帯で投稿してみるの巻


今、東京にいます。
甥の結婚式に出席したので。

でもさ、東京の結婚式は、なんか違う。なぁ~んかが違う。ウ~ム(・_・;)

わたしは田舎もんですから、田舎の結婚式がいいな。こってこての結婚式に慣れちゃってるからね~。

明日は軽く観光して帰宅する予定なり。

※写真は最後のデザート

| | コメント (8) | トラックバック (1)