« 2014年3月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年4月

2014.04.21

新しい支店長は、ちょっとわたしのフィーリングと違う

なんといったらいいか。。。

わたしを昇格させてくれた支店長は、わたしにさらに厳しい課題を与え、もっともっと成長すべし、という態度であったし、実際にそう言っていたが、新しい支店長にはそんな気はさらさらなさそうである。

現場での経験値が圧倒的に少ないことや、家庭をもっていることを考慮して、今のままのわたしを今のまま使う気らしい。

もちろんわたし自身のストレスを考えれば、それは正解だろう。

配置転換し、さらなる経験値を積ませたとして、わたしが伸びるとも限らないし、また狙い通りに伸びたとしても、その後の昇格はない。正確には、その前例がない。

でも前の支店長には、その前例を打ち破るパワーがあったし、今回の昇格も、前例無視の推薦なのである。

それをわたしが望んでいるわけではない。でも、初めから芽を摘むような言い方は、わたしのフィーリングに合わない。

前の支店長は言ってたっけ。

今は、役職定年が当たり前の時流だが、それに逆らったっていいんじゃないか。あなたのような年齢の人が、支店長に昇格するというのも面白いじゃん、と。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014.04.18

どうやら昇格したらしい

辞令が出る前に、新しい役職が印刷された名刺を事務員さんからいただいたわたしだ。

なんとゆるい。。。。

困ったことに、わたしを推薦してくれた支店長が他へ異動となり、新しく着任した支店長がわたしのことをどの程度理解しているか、不明な状態。

そもそもこの年齢で、しかも女性で、この昇格は異例中の異例。そこんとこ、どんな風に理解してくれてるのかなぁ?

もしかして、ものすごい仕事のできる人なんて思ってたら、大間違いだぞ。

 

求められる仕事の内容が変化しつつある。わたしはそれについていけるだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年7月 »