« メニフォーカルZにしてみた | トップページ | 今回見てるドラマ »

2013.09.02

高齢者のことばかり言うなよ

本当に来年4月に消費税率はあがるのか?ということについて、ニュースで頻繁に報道されている。

それを受けて、いわゆるワイドショー的な番組で、『消費税率もあがるし病院の診療費が自己負担2割にあがる。そしたら高齢者が困る。』という図式でいろんな人がでてきて、高齢者の味方発言を繰り返す。街頭インタビューでも、高齢者を捕まえて「困ります。たいへんです。病院にもいけない」と発言させる(いや、強制はしてないだろうけどそういう返事になりそうな質問の仕方なんだよな)。

そりゃそうだけど。わかるけど。

わたしはひねくれ者だから、高齢者のことばかり言うなよ。。。と思ってしまう。

税金をたっぷり払い、社会保険料もこってり搾り取られている現役世代は、病院行ったら3割負担だ。2割なら、払ってくれてもいいんじゃないのかと思ってしまう。

消費税が上がった分は、年金に使われるというのだし、その年金をもらうのは高齢者なのだし、高齢者ばかり文句言うなと思ってしまう。

税金や社会保険料を今払っている若い人たちが高齢者になったときには、おそらくあなたたちよりずっと少ない年金なのだから。

子供を産める世代の中には、収入の問題で結婚や出産に踏み切れない人たちも確実にいて、それは増えているというじゃないか。

彼らが次の世代を生み育ててくれなければ、持続可能な社会は作られない。

若い人たちがちゃんと職を得て、裕福じゃなくてもそこそこ生活できる環境がなくては、ジリ貧だ。

高齢者の味方的発言をしておけば、視聴者にうけると思っているのなら大間違い。

同じような発言ばかりのコメンテーターには飽き飽きする。

「今は高齢者より、若年層を大事にすべきでしょう」などと言うコメンテーターは、出てこないのかなぁ。

|

« メニフォーカルZにしてみた | トップページ | 今回見てるドラマ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

私も、ととさんがご指摘のタイプのコメンテイター好きではありません。というか、ウンザリで見なくなりました。
社会制度改革国民会議の案が提出され、http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130806/plc13080621370018-n1.htm
その直後のTV討論番組(NHKの日曜討論)を見たのですが、会議の座長である清家篤さんも出演されており、なかなかよかったですよ。
人は自分の快適さ優先するので、なかなか負担を伴う改革、提案に賛意が集まりにくいものです。同時代の所得差が累進課税制度で補正されているのとプラスして、後の時代を背負う人たちの高負担を少しでも軽くするために、今の高齢者も含めて、私たち世代の負担増も必要な事態だという発想。番組を見ながら、さすが日本だな、良心的な思考が基本にある!とパチパチでした。EUで今問題になっている国々とは、ちょっと毛色が違うワイ、なんて気分でもありました(笑)。
ととさんご指摘の人たちは、番組視聴者層を想定してコメントする種類の人たちだと思っています。きっと、その人たちはどうなっても、不平を見つけて、主婦目線の類でぼやいていると思いますよ。
私、還暦過ぎて、まだ年金がもらえないという層ですが、ボチボチと働いていまーす。

投稿: 街中の案山子 | 2013.09.03 09:29

こんばんわ。
ととさんの仰るようにテレビのコメンテーターたちは、高齢者の味方的発言をしておけば、視聴者にうけると思っているし、正義の味方として見てもらえると思ってるんですね。現実を把握できない単なる自己陶酔だと思います。
先日のTVタックルでも、宮崎哲弥さんが、高齢者負担を上げることを提案したり、伊藤元重東大教授が「死亡消費税」というものを提案したりしたのですが、医事評論家の森田豊氏や司会の阿川さんたちは、「老人からむしり取るのか」と言って反対していました。
宮崎さんが「そんなこと言ったって財源がないわけですよ。どうするんですか」と言ってもはっきりした対案を示すわけでもないのです。
みのもんたなんかもそうですね。老人の味方をしなければテレビに出られなくなるんでしょう。
でも、「これ以上負担が増えたら生きていけなくなります」とか言う老人を意図的にテレビに取り上げているのではないかと思います。なんのためか知りませんが。いざ2割負担に戻すとなれば、おそらくそんなに激しい反対はないんじゃないでしょうか。
本当に貧しい老人は救わないといけませんが、今の高齢者はおおむね豊かなのです。診療費2割ぐらい払えばいいと思いますし、風邪ぐらいでいちいち病院に行くこともないんじゃないのとも思います。
私はまだ65歳なので、まだまだ先輩高齢者に対して厳しいことは言いにくいですが。

投稿: robita | 2013.09.04 23:17

街中の案山子さん

番組の作り方が画一的だと思われませんか?
その番組制作の意図に従って、コメントする人が選ばれたり、コメントする人もその意図に従っておかないと次の出番がないと感じて、番組制作者に迎合してしまってる気がして、うんざりです。

先月は、靖国参拝を巡って毎年同じようなニュースだし、天候が不順になると、野菜が高騰して庶民はたいへんだぁ~だし、税率アップのニュースだと、低所得者や高齢者がたいへんだぁ~・・・もう年中行事のような報道ばかりですよね

わたしが嫌悪するのは、テレビに出ている人たちは多少税率が上がろうとも、生活にはなんの支障もない人たちで、将来年金が極端に少なくなっても蓄えたものや才能で裕福に生きていける類の人たちなわけで、そういう彼らが低所得者の味方面で得意げに話すのは、偽善のにおいがぷんぷんして、いやですね。じゃ、自分たちの収入から国庫にもっと収めてくれればいいんじゃないの?って思っちゃう。

わたしってひねくれてますね。。。アハハ

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2013.09.05 00:15

robitaさん

>でも、「これ以上負担が増えたら生きていけなくなります」とか言う老人を意図的にテレビに取り上げているのではないかと思います。

まったく同感です。

上の街中の案山子さんへのお返事にも書きましたが、そういう番組制作者の意図なのでしょうね。

社会的弱者って、今は高齢者だけじゃなく若年層にも出てきていて、彼らのほうが深刻なんじゃないかと思います。彼らの生活水準(収入)を全体的にアップさせなければ、次の世代につながることができず、持続可能な社会はできません。このまま人口減が進めば、国力の低下に直結するような気がして。

投稿: とと(>robitaさん) | 2013.09.05 00:24

「将来年金が極端に少なくなっても蓄えたものや才能で裕福に生きていける類の人たちなわけで、」
        ↑
そうかなー?
結構、身分不安定で、次もまた声をかけてもらいたいから、「自分はこの路線の論客」と売り込んでいるように思えます。勿論番組によりますが。
たまに、こんな専門家がきちんといらっしゃるのだ!という番組に出会うとうれしくなります。番組の企画者の力量の問題ですね。

投稿: 街中の案山子 | 2013.09.05 09:21

街中の案山子さん

そうなんですよ~。まさにテレビ番組の作り手の問題なんじゃないかと思うんです。
きっと知識のある人の中には、違う意見の人も多くいると思うけど、誰を出演させるかは制作者の判断ですもんね。
そういう情報に、おそらくわたし自身も影響されているのじゃないかと、自戒しています。

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2013.09.05 15:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/58114574

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者のことばかり言うなよ:

« メニフォーカルZにしてみた | トップページ | 今回見てるドラマ »