« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013.09.20

治したいのか、切りたいのか

先日、オットが腹痛で緊急外来を受診した。CT検査を行ったが、はっきりとした原因は特定できず帰された。

帰宅後、病院から電話があり、CT検査の所見である疑いがあるので、明日来て欲しいとのこと。

翌日、オットは会社を休み病院へ。たまたま休みだったわたしが車で送っていった。オットを病院へ送り届け、家に戻ってマッタリしていたらオットから電話。

「家族の立会いが必要なんだって。今から来れる?」

「え~!?ノーメイクなんだけど、急ぐ?」

「いいよ、そのままで。すぐに来て」

仕方なくスッピンのおばちゃん顔のままで、病院へ。

それから1時間以上待たされ、昨日の結果の概要を聞き、再度検査を行うと言われ、オットは検査へ。わたしはおばちゃん顔のまま、待機。

すべての検査が終わり、再度医師の前に座る。

現状を説明され、緊急手術を提案される。

予想もしない展開に驚くわたしたち。しかし医師は、そんなことにはおかまいなしで、最悪の事態を想定した話を繰り広げる。

当の本人は、検査中に腹痛が治まり、緊急性を感じていない。しかも、今週来週と自分の予定に合わせてもらった会議が目白押しになっているらしく、オットとしては手術を1~2週間程度遅らせたい意向だ。

考え込むオット。

それまで黙って話を聞いていたわたしは、おそるおそる「1週間後に手術ではまずいのでしょうか」と聞いてみた。

すると医師はわたしを睨み付け「は?今日できないなら1ヵ月後です。その間に何が起きても知りませんよ」と語気荒く言う。

ちょっと待てよ、あんた。オットがなぜ今日の手術をためらっているか、わかるでしょう?仕事が立て込んでいると言ったし、何度も手帳を見て困っているし、状況はわかるでしょう?オットは、リタイヤしたおじいちゃんじゃないだから。働き盛りの50代の男性なんだから。

『仕事が忙しいのはわかるけど、今手術しておいたほうが回復も早いし、万一手術を待っている間に再度腹痛が起きたら、もっとたいへんな手術が必要になって、入院期間が長くなるかもしれませんよ。。。』くらいのこと、言えんのかね?

ついにオットが、「じゃぁ今日やりますか」と言ったとたん、医師の顔がほころぶ。

え?なに?今、笑うとこ?・・・わたしは目を疑った。

あなたは、治したいんですか?それとも切りたいんですか?

 

緊急手術は無事終了し、医師が散々言っていた最悪の事態もなく、まずはひと安心だ。

でもわたしなら、手術はしない。手術なんかするもんか、と思った出来事だった。

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2013.09.16

膝上5センチ丈のスカートは痛いか

朝夕涼しいと感じられる。そうだ。秋が来た。

秋が来ると、デパート点検が超楽しい。どこのお店にいっても、新しいスタイルのお洋服が並び、購買意欲が一気に高まる。

その勢いで、ついつい膝上5センチのスカートを買ってしまったわたしだ。

膝が丸見えになるような丈のスカートを穿くのは何年ぶりだろう。だいぶ恥ずかしかったけど、柄は上品だし、形は可愛いし、ロングブーツならこのくらいの丈でも大丈夫か?いや大丈夫だよねと自分を納得させ、思い切って購入した。

が、しかし!

家に帰って冷静になってみると、48歳の自分に膝が丸見えのスカートってどうよ?という疑念がむくむくと頭をもたげてきた。これこそ常日頃おねえに注意されていた『痛い』おばさんのスタイルなのではなかろうか。

着たい洋服と、着て似合う洋服は違う。

神様の思し召しなのか、購入したそのスカートを家に帰って見てみると、ファスナーの取り付け部分にほつれがある。購入したお店に電話して、交換を頼んだ。そして、それを取りに行くとき、もう一回試着させてもらって、もしかしたら他のスカートに交換してもいいかどうか聞いてみた。OKとの返事をもらった。

早速、同級生にメール。「付き合って欲しいとこあるんだけど」

次は、同年代の友達を連れて行って、正直に言わせてやろう。これは果たして痛いのかどうか。

モノを買うとき、こんなに迷うことはないのに、なぜか今回は決められない。年を取って慎重になったと思うべきか、優柔不断になっただけか。

ともかく、もう一回試着だ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013.09.05

今回見てるドラマ

それは、日テレの『WOMAN』だ。

残念ながら見始めたのは、第5話からだったと思うので、すごく重要な栞の秘密は見逃しているが、それでもなんとかその後の小出しの情報で、なんとなくわかる。

全体的に暗いドラマだが、田中裕子の風体が50代主婦に相応しく、見ていて現実感がある。これがもし黒木瞳だったら、きっとフィクションの匂いぷんぷんになってしまうだろう。

主役の満島ひかりと、その妹役の二階堂ふみの声が、とてもいい。役者さんの声は、外見以上に重要だとわたしは思っている。

タイトル通り、このストーリーは女性の話だ。

幼い娘小春を置いて家を出た母親・紗千。その母を恨んで大きくなった小春。紗千が再婚後に産んだ小春の妹・栞。3人の感情に気持ちが添ったり、反発したりしながら見ている。

なかでも母親の紗千に、どうしても気持ちが寄る。先週の放送で、小春が泣きながら「助けてよ、おかあさん」と言ったとき、号泣したわたしだ。

紗千は、小春の母であり栞の母でもある。小春にも手助けが必要だが、栞も問題を抱えていて、母親の助けが必要だ。その間でどうしたらいいかわからなくなっている紗千。上手く表現できないが、さぞ苦しかろうと思う。

やはり、家庭環境が複雑になると、その後も複雑な状況を作り出してしまうことは、否定できない。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013.09.02

高齢者のことばかり言うなよ

本当に来年4月に消費税率はあがるのか?ということについて、ニュースで頻繁に報道されている。

それを受けて、いわゆるワイドショー的な番組で、『消費税率もあがるし病院の診療費が自己負担2割にあがる。そしたら高齢者が困る。』という図式でいろんな人がでてきて、高齢者の味方発言を繰り返す。街頭インタビューでも、高齢者を捕まえて「困ります。たいへんです。病院にもいけない」と発言させる(いや、強制はしてないだろうけどそういう返事になりそうな質問の仕方なんだよな)。

そりゃそうだけど。わかるけど。

わたしはひねくれ者だから、高齢者のことばかり言うなよ。。。と思ってしまう。

税金をたっぷり払い、社会保険料もこってり搾り取られている現役世代は、病院行ったら3割負担だ。2割なら、払ってくれてもいいんじゃないのかと思ってしまう。

消費税が上がった分は、年金に使われるというのだし、その年金をもらうのは高齢者なのだし、高齢者ばかり文句言うなと思ってしまう。

税金や社会保険料を今払っている若い人たちが高齢者になったときには、おそらくあなたたちよりずっと少ない年金なのだから。

子供を産める世代の中には、収入の問題で結婚や出産に踏み切れない人たちも確実にいて、それは増えているというじゃないか。

彼らが次の世代を生み育ててくれなければ、持続可能な社会は作られない。

若い人たちがちゃんと職を得て、裕福じゃなくてもそこそこ生活できる環境がなくては、ジリ貧だ。

高齢者の味方的発言をしておけば、視聴者にうけると思っているのなら大間違い。

同じような発言ばかりのコメンテーターには飽き飽きする。

「今は高齢者より、若年層を大事にすべきでしょう」などと言うコメンテーターは、出てこないのかなぁ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »