« かっこいいじゃん | トップページ | 読書索引 »

2013.07.13

オットの誕生日

先日、オットは52歳の誕生日を迎えた。

その日は偶然、わたしもおねえも仕事が休みだった。そこで、akkoにその日の夜はうちに来るように言い、何ヶ月ぶりかに家族全員で食卓を囲んだ。

オットの誕生日会だ。

おねえがバースディケーキを焼き、わたしがお料理を作り、オットのために小さな缶ビールを用意した。(プレゼントはない)

ご馳走はないし、長い時間でもなかったけど、わたしはその時間がすごく・・・表現が難しいけど・・・良かった。大袈裟に言うと、幸福?

まだまだ自立とはいえないおねえだし、大学に入ったばかりのakkoだから、親の元をちょっと離れただけだけど、こうして集まって一緒に食卓を囲むのって、なんかすごくいい。心がホカホカした。

だからきっと、わたしの両親もオットの母も、わたしたちを待っているに違いない。

来月、おねえの連休にわたしも合わせて連休を取り、久しぶりにオットの母に会いに行こうか。来月はakkoも夏休みだし、仕事のオットに留守番させて、3人で行ってこようかな。まだオットには秘密の計画だけど。

|

« かっこいいじゃん | トップページ | 読書索引 »

家族」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

やっぱり家族が一番ですね。
子どもたちはもちろんですが
夫婦ってもともとは赤の他人なのに
長い間一緒にいることができる特別なパートナーなのね。
どうぞこれからも末永くお幸せに!

投稿: こご | 2013.07.13 15:43

まさに家族の風景ですね。
ちょっとしたサプライズを娘さん達と相談できるっていいな~。
大袈裟ではなく幸福だと思います。

投稿: りんふう | 2013.07.16 07:14

catface 何気ない。。日常の風景に"+α"あるだけで。。。こんなに幸せを感じることができるんですね。。

ウチも。。。見習わなきゃ。。catface

投稿: はにぃ♡ | 2013.07.16 11:11

こごさん(こごろうさんですよね?)

ありがとうございます。
子供たちが小さいときは、さんざん一緒にご飯を食べてきたはずなのに、あの頃はこんなふうに思ったこともなかったです。
子供たちが成長して、少し離れてみて、今やっと家族の揃った食卓のよさがわかりました。遅すぎですよねcoldsweats01

投稿: とと(>こごさん) | 2013.07.19 00:17

りんふうさん

ありがとうございます。

今まで、才能を活かして活躍してる女性や優雅な生活をしている人などをテレビで見たりして、こういう人はさぞかし幸せなんだろうなと羨む気持ちがいっぱいでしたけど、この年齢になってようやく自分の器を知り、人から見たら大したことない普通のことでも、幸せだなぁと思えるんだから、自分はとてもラッキーなんじゃないかと気づきました。
幸せなんて人と比べるもんじゃないし、自分がそう感じられればそれで十分ですもんね。

投稿: とと(>りんふうさん) | 2013.07.19 00:23

はにぃさん

いや~、はにぃさんが見習うようなことは、なんもないですよcoldsweats01

むしろ、誰もプレゼントを用意してなかったことは、大反省です。(・・・ウケるけど・・・)(大笑)

投稿: とと(>はにぃさん) | 2013.07.19 00:26

ととさん、ラッキーなんですよ。ウチなんて、願ってもかなわない。トホホ。代替物で、ラッキー、ラッキー、って、自分を喜ばせているんだから。ブツブツ。

投稿: 街中の案山子 | 2013.07.19 10:52

街中の案山子さん

ラッキーなのは、わたしだけじゃないですよhappy01
街中の案山子さんはきっと、周囲から羨まれている人だと思いますよ。ラッキーの種類が違うだけですって。

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2013.07.20 00:26

8歳と4歳の子供達と夕飯を囲むことが多いのですが、平日に夫が早く帰ってくると、お風呂や食事の準備を手伝う戦力になり、非常に幸せです。あれやれこれやってと私がうるさいので、夫が怒りケンカに発展するんですけどね。

ひとり暮らしで何が淋しいって食事をすることだったので(今は一人ゆっくり食べたい時も)、家族が揃うのが何よりのご馳走です。貧乏性です。

実家も義両親も、遊びに行っても面倒だからと料理を作ってくれないんですよ。かといって、台所はいじられたくない。
友人のお姑さんはお料理が得意なので、うらやましいですね。
私が60になった時、娘や息子に食べさせてあげられるかな?

妹と二人暮らしをしていた時、実家へ行くと母が嬉しそうだったな、おかずをいっぱい作ってくれたことを思い出しました(^.^)

投稿: みけ | 2013.07.24 22:49

みけさん

>妹と二人暮らしをしていた時、実家へ行くと母が嬉しそうだったな

すごく嬉しかったと思いますよ、お母様。

うちの母は、わたしがしばらく顔を出さないと、催促のメールが来ます(苦笑)。

オットの母は、お料理の先生なので昔からいろんなものを食べさせてもらったし、教えていただきました。やはり、お料理のできる女っていいなぁ~と、この年になって改めて思います。家族の思い出に直結するところがありますよね。

8歳と4歳かぁ。羨ましいな。あのころの家族に会ったら、もっともっとよき母でよき妻になれると思うんですけどね。もう遅いですわcoldsweats01

投稿: とと(>みけさん) | 2013.08.02 00:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/57778557

この記事へのトラックバック一覧です: オットの誕生日:

« かっこいいじゃん | トップページ | 読書索引 »