« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013.07.13

オットの誕生日

先日、オットは52歳の誕生日を迎えた。

その日は偶然、わたしもおねえも仕事が休みだった。そこで、akkoにその日の夜はうちに来るように言い、何ヶ月ぶりかに家族全員で食卓を囲んだ。

オットの誕生日会だ。

おねえがバースディケーキを焼き、わたしがお料理を作り、オットのために小さな缶ビールを用意した。(プレゼントはない)

ご馳走はないし、長い時間でもなかったけど、わたしはその時間がすごく・・・表現が難しいけど・・・良かった。大袈裟に言うと、幸福?

まだまだ自立とはいえないおねえだし、大学に入ったばかりのakkoだから、親の元をちょっと離れただけだけど、こうして集まって一緒に食卓を囲むのって、なんかすごくいい。心がホカホカした。

だからきっと、わたしの両親もオットの母も、わたしたちを待っているに違いない。

来月、おねえの連休にわたしも合わせて連休を取り、久しぶりにオットの母に会いに行こうか。来月はakkoも夏休みだし、仕事のオットに留守番させて、3人で行ってこようかな。まだオットには秘密の計画だけど。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013.07.07

かっこいいじゃん

いまさらだけど、安藤美姫さんの出産のニュースには驚かされた。

翌日、職場のパートのおばちゃんたちも早速話題にしていたが、その中心は父親についてだ。休憩室で見るテレビの中でも、もっぱらの関心事はそこで、その番組を見つつおばちゃんたちの話にも、まずます花が咲く。

で、あるおばちゃんが言った。

「まぁ~ね、父親を公表しないってことは、何か事情があるんだろうね。名前を出せない事情が・・・」

そうかもしれない。でも、そうじゃないかもしれない。

で、そうじゃなかったからといって、いちいちそれを公表する必要あるんだろうか?

結婚しないで出産することや、アスリートが出産後にオリンピックを目指すことや、なんやかやに批判も詮索もあることを承知で、きっと安藤美姫さんは出産に踏み切ったんだろうと思う。

一人の女性として、スケーター人生を終えたあとも女性としての長い人生を生きていくうえで、いつやるの?今でしょ!ってな具合に、授かった命を腕に抱きたかったんじゃないかと思う。

20代半ばという出産適齢期を捉えて、見事に母親になった安藤美姫さんって、結構かっこいい。

父親の名前を言わないのも、わたしには好ましく思える。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »