« 「販売員なのよ~」 | トップページ | 今年はワンピースに挑戦・・・そしてウェッジにも »

2013.06.28

インターネットでの発言

このニュース、わたしには相当衝撃的だった。

岩手県議が自殺か=病院非難でブログ炎上―県警

25日午前5時ごろ、岩手県一戸町平糠の大志田ダム付近の川べりで、小泉光男県議(56)=盛岡市北山=が倒れ死亡しているのを県議のいとこが見つけ、県警二戸署に通報した。同署は自殺の可能性が高いとみて調べている。
 県議は今月5日、自身のブログに、県立病院で受診した際に番号で呼ばれたとして「ここは刑務所か」などと書き込み、ブログが炎上。9日にブログを閉鎖し、記者会見で「取り返しのつかないことをした」と謝罪していた。
 同署によると、県議はワイシャツにスラックス姿で着衣に乱れはなく、発見時には冷たくなっていた。
 県議会事務局によると、21日までに県議の辞職を求める内容の電話やメールなどが762件寄せられた。小泉県議は同町を含む二戸選挙区選出で、当選1回。 

2013年6月25日(火)13時15分配信 時事通信

もっとショックだったのは、それを伝えるテレビニュースで、キャスターやコメンテーターと呼ばれる人たちが、誰もコメントしなかったことだ。アナウンサーがそのニュースを淡々と読み、さらに次のニュースへと移っていく・・・その報道の仕方にわたしは、なぜかすごくショックを受けた。

ブログの炎上のニュースや、議員さんの発言についてのコメントはいっぱいしてたくせに。

この議員さんが書いたことは、現実離れしているし、やや特権階級的発言にも思える。だって、普通の人はいつもこういう扱いだし、それに対して腹を立てることもないんだから。それが一番合理的なやり方なんだから。

その結果、ブログが炎上するのもよくあるパターンだし、議員という立場を考えれば記者会見もやむを得ないだろう。

でも、死ぬことはなかったじゃないか。死なせることはなかったじゃないか。

先日、40代の参事官がツイッターで暴言を吐いて、問題になった。暴言とはいえ、おそらく本人にとっては、しごく当たり前のことで、同僚ともきっとそういう話をしていたに違いない。内輪で話している感覚だったのか?

彼のツイッターの発言を、テレビをいくつか取り上げていたが、そのなかには国会で議員が答弁するための資料を作成する業務に当たり、『被弾なう』とかいうつぶやきもあった。

それを見て、それって40過ぎた大人の発言なのか?と驚いてしまった。

われわれ中高年は、大人になってからインターネットの世界に触れた。そして、つぎつぎに生み出されるネットでの自己表現の方法にわれを忘れてしまい、生まれたときからパソコンや携帯でネット上に交流を持っている若い人たちと同じように振舞ってはいないだろうか。

ネット独特の短い言葉は、そもそも、長い文章や文脈で物事を表現し考える中高年には、不似合いで不得手だとわたしは思っている。小さい頃からネットの中で交流し、短い言葉での表現を愉しんできた若い人たちとは違うのだと思う。

大人になってから、インターネットという壮大な遊具を与えられた中高年の中には、すっかり浮かれてしまって、『のり』で話す若い人たちに飲み込まれてしまってる人がいるんじゃなかろうか。

ネットでの発言も、それに対する反応も、すべて自分で引き受けなくてはいけないことだと肝に銘じて、自分自身もキーボードを叩かねばならないと、痛切に思う。

「福島支援担当」外す=ツイッター暴言の参事官―復興庁

復興庁は13日、個人のツイッター上で、職務上関係した市民団体や国会議員を中傷するなどの発言を繰り返していた水野靖久参事官(45)について、同日付で福島の復興支援担当の業務から外したと発表した。記者会見した谷公一副大臣は「私からこの職員を厳しく叱責、指導した。全職員に対し、改めて被災地に寄り添って仕事に打ち込むよう指示した」と述べた。
 同庁の事情聴取に対し、水野参事官は事実関係を認め「ご迷惑を掛けて申し訳ない」と謝罪したという。今後の処分に関して谷副大臣は「できる限り早く行いたい」との意向を示した。 
時事通信 6月13日(木)20時36分配信

|

« 「販売員なのよ~」 | トップページ | 今年はワンピースに挑戦・・・そしてウェッジにも »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

近頃はニュースにも疎くなっているもので、記事の自殺話題は不知なのですが。
命まで失うって、信じられません。
家族のこと、頭に浮かばなかったのでしょうかね。

「インターネットという壮大な遊具を与えられた中高年」に反応した案山子です(笑)。
ほんとに、エンドレスに楽しめる遊具です。しかも無料。facebookでのやり取りには、イマイチですが。

投稿: 街中の案山子 | 2013.06.28 07:58

街中の案山子さん

世の中はどんどん変わっていきますね。なんか年寄り臭い言い方だけど。
最新の技術にできるだけついていって、精一杯遊ばないといけません(笑)。でもわたし、フェイスブックもツイッターもしてないんですけど。Lineどまりですcoldsweats01

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2013.06.29 00:42

このニュース、ホント、いろいろ考えさせられましたよね。ネットと現実はちがう、発言はよく考えてから、って日頃忘れてしまいがちなことを、思い出しました。道端の井戸端会議とは違うんですよね。
しかし、私はツイッタだけはやってます。フェイスブックとLineは、鍵のかけ方がわかったらやろうとおもいつつ(タブレットあるのでできる環境ではある)、鍵のかけ方がイマイチわからないので、やっていません。フェイスブックはやったところで、ロムしかしないつもりですが(同窓生からいっぱい招待メールがくるが、そっちのメルアドではやらないつもり)。
Lineは、とあるPTAの会合が、Lineときいて(メールだと会合にならないし、話し合いにならないかららしい)、そのPTAの部員になったときのために、今から練習しておいた方がいいんですかね?今どき、たしかにメールがないとPTA活動もできません。私は今年は偉い人(?)なので、データエクセルでおくったり、ワードで送ったりするのでLineじゃなくて、PCでやってますが。。。。

投稿: ちゃい | 2013.06.29 10:09

私もくだんの議員さんの自殺のニュースが、それ以前の彼の発言の取り上げられ方からして不自然に素っ気ないと感じました。
でも、死ぬことはなかったじゃないかとは思いますが、死なせることはなかった、とは思いません。
彼はネットに殺されたのでしょうか?
感情にまかせた軽はずみなコメントが非難を浴び、記者会見、議員辞職、後は一市民として善良に生きていく。
これができなかったのは弱さ故、残念なこと思いますし、後に残された方々のことを思うと痛ましいことと思いますが。
中高年のツイッターやネットに対するお考え、同感です。

投稿: りんふう | 2013.06.30 19:14

ちゃいさん

Lineは便利ですよ。
iphoneだとメールの振り分けができないので、あとからやり取りを確認するのがすごく面倒なんですが、Lineだと履歴が簡単に読めるので使いやすいです。
うちは、家族4人でLineをしていて、わたしが買い物に行ったときなど『スーパーにいるけど、何かいる?』と発信すると、『アイス』とか『牛乳』とか返事がありますhappy01

今はLineゲームにはまってますcoldsweats01

投稿: とと(>ちゃいさん) | 2013.07.03 00:17

りんふうさん

>彼はネットに殺されたのでしょうか?

ネットでの誹謗中傷がどの程度だったのかは、わたしは知らないのですが。。。また、それが自殺の原因だったのかどうかも、はっきりしないですよね。

どちらかといえば、ネットでの発言から現実社会で大きく躓いたことが原因でしょう。
でも、誰だって大きな挫折を味わうこともあるし、議員という公職についている人なら、糾弾されることもあるでしょう。だから死ぬことはなかったと思うし、死なせることもなかったと思うんですよね。こんなこと言うと酷ですが、周囲の人間関係でなんとか支えることはできなかったのかな?と、思うんです。

このニュースを伝えるマスコミの妙な素っ気無さは、なんか気持ち悪いです。

りんふうさんのように、本人の弱さと言うもよし、わたしのように、周囲は支えてあげられなかったのかと言うもよし、なんかしら反応があるほうが自然だと感じました。ただ、今の日本では亡くなった人を悪く言わないのは礼儀のようになっているので、仕方ないのかな。

投稿: とと(>りんふうさん) | 2013.07.03 00:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/57672558

この記事へのトラックバック一覧です: インターネットでの発言:

« 「販売員なのよ~」 | トップページ | 今年はワンピースに挑戦・・・そしてウェッジにも »