« 半身浴読書~198~ | トップページ | 半身浴読書~200~ »

2013.03.29

半身浴読書~199~

51j6vx6del__sx230_『死ねばいいのに』 / 京極夏彦、読了。

過去に読んだ京極作品は、『姑獲鳥の夏』と『魍魎の匣』。とても面白くて、続けて他の作品を手にしたのだが、わたしには合わなかったようで、どれも読了できず。。。

そして、久しぶりにタイトルに惹かれて手に取ったのが、この作品だ。

アサミという殺された女のことを聞きまわるケンヤという男。その得体の知れない男に「アサミのことを教えてほしい」と言われるアサミの関係者たち。

その誰もが、アサミのことではなく、自分の不幸について話すのを聞き、ケンヤは言うのだ。「死ねばいいのに」と。

関係者たちによって、どんどん不幸に追いやられたアサミだが、アサミは決して誰のせいにもせず、自分が不幸だとさえ思っていない。そしてケンヤも、関係者だちがアサミを不幸にしたとは思ってないし、彼らには彼らの事情があり、決して彼らを責めてはいないのだ。

ただ、そんなに不幸で、その現状を自分ではどうしようもできないのであれば「死ねばいいのに」と言うだけのことだ。

最後の章、【六人目】。ここが一番良かった。理屈っぽいケンヤだけど、少し感情を垣間見ることができた。

|

« 半身浴読書~198~ | トップページ | 半身浴読書~200~ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ぼくが初めて読んだ京極作品です。iPhoneアプリになってたので試しに読んでみました。なんかチャラいなあと思ったのですよね。わざとそうしてるのかもですけど。
死ねばいいのにって言いたい奴らはいっぱいいますよねえ。
ご本人とは何度か妖怪話を聞きに行ってお会いしてるのですが、なかなか小説を読もうとはならないのです。なんでかなあ。

投稿: cova | 2013.03.29 11:50

得体の知れない若い男に心の衣を身ぐるみはがされ、呆然と知る人々。
一番「ほんとうにしねばいいのは・・・?」
やはりこの人のお話は怖いですね。
でもちょっと後味悪かったです。なんかよく分からなくて。
京極作品は「巷説百物語」「後巷説百物語」が好きです。

投稿: りんふう | 2013.03.29 16:23

covaemonさん

お返事遅くなってごめんなさい。
そうなんですか!京極さんと直接お会いされてるんですか!
妖怪に興味あるんですか?covaemonさんが妖怪に興味あるとは、なんか意外。

京極さんの『姑獲鳥の夏』と『魍魎の匣』は、すごく面白いです。映画にもなってますしね。

投稿: とと(>covaemonさん) | 2013.04.25 21:36

りんふうさん

お返事遅くなってごめんなさい。

>京極作品は「巷説百物語」「後巷説百物語」が好きです。

うちの下の子も、この2冊が好きみたいです。
でもわたしは、最初だけちょっと読んで挫折しちゃった。同じ作家さんが書いた本でも、合う合わないがあるものなんですね。

投稿: とと(>りんふうさん) | 2013.04.25 21:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/57055428

この記事へのトラックバック一覧です: 半身浴読書~199~:

« 半身浴読書~198~ | トップページ | 半身浴読書~200~ »