« 半身浴読書~194~ | トップページ | 半身浴読書~196~ »

2013.02.11

半身浴読書~195~

314322『この世は二人組みではできあがらない』 / 山崎ナオコーラ、読了。

シオちゃんは、作者自身のことなのだろうか?きっとそうなんだろうな。

作家になると決めているシオちゃんと、シオちゃんには才能があると言う紙川。二人の恋愛の話だが、何か大きな事件が起きるわけではない。

でも、ふたりの会話から男と女の感覚の違いとか、シオちゃんの望んでるものとか、漠然と伝わってくる。それがなんか、心地よかった。

最後のこの文章。対極にいると思われるわたしも、なんか共感できるんだよな。

 私はにっこりした。あなたから目を逸らしたら、世界が見えた。私には世界が見える。だけど、ひとりで生きるつもりもない。みんなと過ごすの。なだらかな線でみんなと繋がっていくの、と歌謡曲の調子で、小説の地の文が流れる。
 まだ誰も見つけていない、新しい性別になりたい。

 
 

|

« 半身浴読書~194~ | トップページ | 半身浴読書~196~ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/56739226

この記事へのトラックバック一覧です: 半身浴読書~195~:

« 半身浴読書~194~ | トップページ | 半身浴読書~196~ »