« オットはプレゼントの達人 | トップページ | 半身浴読書~195~ »

2013.02.11

半身浴読書~194~

514b86syyal__sx230_『殺し合う家族』 / 新堂冬樹、読了。

まったく事前情報を持たず、偶然図書館で出合った本。冒頭の公判シーンで、北九州で起きた家族監禁殺人事件のことだとわかった。

残酷な事件を題材にしているだけに、この作品もほんとうに凄惨で残酷な内容。あまりにも酷い話なので、頭の中にその内容が残ってしまい、読んでないときも気持ちが暗くなった。

ただ、後半になると、監禁に至るまでやその後の虐待もワンパターンとなり、徐々に慣れてきて(飽きてきたかも?)、自分の感情に触れることはなくなった。

読みながら、この事件のノンフィクションを読みたいと強く思った。

この事件もそうだが、尼崎の連続殺人事件も、家族同士を対立させ暴力を振るわせ、最後には殺してしまうため、発覚が非常に遅れている。もしかしたら発覚しないままの事件もあったのかもしれない。もしかしたら現在進行形で起こっているかもしれない。

誰か一人でも、普通の判断を下せる人がいなかったのか?

それほどまでに暴力は、人を変えてしまうものなのか?

|

« オットはプレゼントの達人 | トップページ | 半身浴読書~195~ »

ニュース」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/56739137

この記事へのトラックバック一覧です: 半身浴読書~194~:

« オットはプレゼントの達人 | トップページ | 半身浴読書~195~ »