« サービス残業はしたくない | トップページ | 自民党圧勝かぁ~ »

2012.12.10

半身浴読書~189~

51n3limxbl__sl500_aa300_『我が家の問題』 / 奥田英朗、読了。

家族に持ち上がる問題について、優しさと知恵で大問題にしない、素敵な家族の話。短編6編。日本中、こんな家族ばかりだったら、毎日のように伝えられる悲惨な事件のほとんどは、起ることはないだろう。

  1. 甘い生活?
  2. ハズバンド
  3. 絵里のエイプリル
  4. 夫とUFO
  5. 里帰り
  6. 妻とマラソン

このなかで、特に『ハズバンド』は、わたしの心を強く刺激する。

自分の夫がどうやら仕事ができないらしいと知った妻は、会社での夫の悲哀を想像してしまう。自らもOLとして働いていた妻には、それは簡単なことだ。

そして妻は、仕事ができない夫に対し、悲観したり責めたりすることはない。どうしたら、そういう夫でも会社の中で疎外感を感じずに頑張れるか、また自分にはそれを手助けすることはできないかと一生懸命に考えるのだ。

考えた結果、妻は美味しいお弁当を持たせてやることにする。

ところで、このお弁当つくりの描写が素晴らしい。わたしもそういうお弁当を作りたくなってしまうくらいだ。

妻のお弁当作りは大成功で、OLたちから賞賛の声があがる。「売ってもいいんじゃないですか?700円でも売れますよ」などというOLたちの反応を聞き、妻は喜ぶ。

もちろん、自分のお弁当への賞賛を喜ぶ気持ちはあるが、それだけじゃなく、そうやって夫がOLたちとコミュニケーションを取れていることに対して、『よかった、夫はまだ社内で浮いた存在じゃないんだ』と安堵するのだ。

最後のほうにこんな描写がある。

 めぐみはこれ以上、望まないことにした。夫がこの先、出来る奴になって、昇進して、給料が上がるということは恐らくない。それより、子会社に飛ばされたり、早期退職を勧められたり、夫自身が辞めると言い出す可能性のほうが高い。しかしそれもまた人生なのだ。椅子取りゲームに負けたからと言って、しあわせまで奪われるわけではない。
 めぐみはおなかの中の子供に言い聞かせた。君が大きくなったときに望むことは、冗談が通じることと、諦められること、二つだけです。

感動した。わたしもめぐみような人だったらよかったと、心から思った。

|

« サービス残業はしたくない | トップページ | 自民党圧勝かぁ~ »

家族」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ととさんの読書レポート
いつも興味深く読ませてもらっています。
今回もどうもありがとうございます。
とても面白そうなのでぜひ読んでみたいと思いました。
早速注文しようと思います。
ただ今はちょっと忙しいので
読み始めるのが来年になるかも・・・^^;

投稿: こごろう | 2012.12.10 20:21

こごろうさん

コメント、ありがとうございます。
すごく面白かったですよ~。お時間できましたら、ぜひ!

どの家族もすごく素敵で、自分もそういう奥さんだったらよかったのに…と後悔しきりですthink

投稿: とと(>こごろうさん) | 2012.12.10 20:52

~椅子取りゲームに負けたからと言って、しあわせまで奪われるわけではない。~
   ↑
慈愛に満ちたメッセージに見える!

男性陣奥田英朗の目には、今の社会、ヒリヒリと感じるものがあるのでしょうね。
「諦められること」までをお腹の赤ちゃんに託すのは、めぐみさん思慮深すぎ!というか現実離れしているのでは!
と、「きっと、お腹の子は天才クンだろう」なんて期待している我が妊娠中の愚娘をみて思う。
アッハハ。
間違いながら成長していくものなのでしょう。老いも若きも。
「お弁当作戦」彼女できるオンナですね。60の手習いですが、ワタシ学習しなくっちゃ。

投稿: 街中の案山子 | 2012.12.12 12:25

う~ん、耳(目?)が痛い>_<
私もダンナにお弁当作っていた時期がありましたが、それははっきり言って昼食代節約のためであり、本音は“めんどくさ弁当”でありました。
娘達が中高生時代は“ついで弁当”・・・
今更ですが「反省」
そして何とか定年まで無事でいてくれそうで「感謝」

子供に対する思いは街中の案山子さんと同じく思います。
今だったらノーベル賞の山中先生みたいに、とか。
子供や配偶者の様子を見ながら妻も賢く諦めたり期待したり・・難しそう。

投稿: りんふう | 2012.12.13 17:21

街中の案山子さん

このお話しのめぐみさんは、自分自身、過度の期待をしない人なんです。自分を過大評価せず、そこそこの幸せに満足できる人。
でも結局は、こういう人が一番幸福な人生を遅れるんじゃないかなぁ~って思いました。

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2012.12.13 23:07

りんふうさん

わたしも、”仕方なく弁当”です。
めぐみさんのような女性だったらどんなによかったことか、と思います。

こんな風に夫を支えることの出来る女性って、いいなぁと思います。

なんでわたしは、こんな勝ち気な性格なのだろうと自己嫌悪ですdown

投稿: とと(>りんふうさん) | 2012.12.14 00:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/56290821

この記事へのトラックバック一覧です: 半身浴読書~189~:

« サービス残業はしたくない | トップページ | 自民党圧勝かぁ~ »