« 秘め事は秘め事として墓場まで持っていく | トップページ | 半身浴読書~182~ »

2012.07.26

醜悪だ

今日は休みだった。そのため昼間や夕方、テレビのニュース番組を見ることができた。

すると、中学3年の男子が小学2年の男の子に言いがかりをつけ、泣かして喜んでいる動画を、インターネットに投稿していたというニュースが流れた。

まことに、醜悪。

この中学3年生も、その動画を撮影した中学生も。

動画サイトに投稿し、アクセスが増えることが目的だったとのことだが、こういう動画を喜んで見ている者がいるのなら、それらも含め醜悪だ。

いっそのこと、徴兵制にでもしてみるか。そして、戦争をしてみりゃいい。きっとこういう醜悪な連中も、戦地ではビビリまくって失禁くらいするんじゃないか。そうすれば、少しは、今生きていることの幸せを実感できるんじゃないか。

本当の暴力を経験したら、こんなことしなくなるんじゃないか。

・・・と、極端なことを考えたりして。

中学生たちは、おそらく、大人の社会を試しているのだろう。どこまでが許されて、どこからが許されないのか。

大津のような教育長がいるところでは、大人の社会がバカにされている。だから、今でも加害者の中学生たちは、「あれは、遊びだった」などと言っている。

大人の社会はそんなに甘くないといことを、きちんと示すべき。

日本では、生きるため、家族を守るために過労死する大人だっているのだ。それほど、君ら中学生が将来飛び込んでいく社会は、命がけの場所なんだと理解して欲しい。

先生に許され、親に許され、大人に許されている今の間に、しっかり将来に備えて準備をすべきだ。同級生に暴力を振るう時間などないはずだ。

|

« 秘め事は秘め事として墓場まで持っていく | トップページ | 半身浴読書~182~ »

ニュース」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

同感です。福岡の田舎に行くと夏休み返上で中学校が一丸となって平和劇とかやるんですね。教師は手当がつくし、
生徒は休みが潰れる。遠い過去をいくら茶番のにわか劇やってもしようがないと思うのです。自衛隊に体験入隊させたほうがよっぽどイイような気がします。もしくは東北に豪雨災害地区にボランティアに行くとか。

投稿: def | 2012.07.26 10:24

動画は知らないけれど、ホントなんでもアリの匿名社会の恐ろしさ、ですね。
中学生ぐらいになると、子供社会も大人社会の縮図。大津市の件では、「先生(教育委員会も含めて)」という人種は本当は大したことない、保身に明け暮れる人たちなのだと理解した「まっとうな中学生」沢山いるでしょうね。だって、あまりにも弁解が続いてお粗末でしたから。大人が反省する必要があります。
そういえば思い出しました。長女が小1のとき、クラスの男の子から帰り道で「家から百円もってこい」と命令されて、逃げ帰ったことがあります。集団下校なんだけれど、竹やぶの道へ回り道して、置いていかれたり、とか。きっとその子はお兄ちゃんがいたりして、いじめるコツを知っていたのでしょうね。
軍隊はイジメの最たるところだったから、自衛隊に強制入隊させてもね~。クラスに何人かのいじめっ子のために、「中学生はみんな連座して自衛隊」なんてのも、ふぅ~。ボランティアに行くのはOKだけれど、役にたつ子に訓練するのは親の役目。それまで教師を想定しているのであれば、先生かわいそう。

投稿: 街中の案山子 | 2012.07.26 10:54

defさん

コメントありがとうございますhappy01

中学校一丸で劇だなんて、素敵じゃないですか。
舞台というのは、総合芸術であり、演者以外にも脚本や舞台装置や音楽や照明や、工夫できるところがいっぱいあっていいと思いますけど。

わたしが徴兵制にでもすれば?なんて書いたのは、自衛隊で鍛えなおすというより、本当の生きるか死ぬかを経験してみたらどうか?っていう意味なんです。
今回の動画も、中学生が体の小さな小学2年生をいじめるというもので、いじめる側は完全に安全なところにいるわけです。仕掛けたら逆にやられるかもしれないという緊張感などなく、自分が絶対的な安全圏にいて、一方的に暴力を振るうことに嫌悪感があります。
このほかのいじめ事件もそうですよね。いじめはつまり、弱い者いじめの略。加害側は、自分たちを安全圏において暴力行為を行っている。それは、これまで学生という身分であるがゆえに、親や先生や社会に許されてきたからです。しかし、世の中には「ごめんなさい」ではすまないことがある、取り返しのつかないことがあると、思い知るべきです。年齢など関係ないとわたしは思っています。

内戦が続く地域で同じ年齢の少年兵の映像を見るたび、こ加害中学生たちを送り込んでやりたい気持ちになります。安全圏などない場所で、自分たちがいかに恵まれているのか、いかに世の中に許されているのか、よく考えて欲しいです。

投稿: とと(>defさん) | 2012.07.26 23:38

街中の案山子さん

>大津市の件では、「先生(教育委員会も含めて)」という人種は本当は大したことない、保身に明け暮れる人たちなのだと理解した「まっとうな中学生」沢山いるでしょうね。

まったく同感です。
大津市の教育長や教師の対応を見て、他地域の人も、30年前から何も前進してないところだな~と思ったんじゃないでしょうか。

長女さん、たいへんでしたね。
街中の案山子さんもご心配だったでしょう?

うちは、下の子が小学1年生のとき、下校時に一緒に帰ってた同級生の女の子に自分のランドセルを持たせてたみたいで、その子のおかあさんから電話もらったことあります。どうやらじゃんけんで負けたほうが持つということだったらしいのですが、その部分はお母さんにいわなかったみたい。
でもakkoに「もうやめんさい」と言ったら、「うん」と言って終わりました。
こういうことって、ちょっとの勇気で早めに処置できるんじゃないかなぁ~と思いました。

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2012.07.26 23:51

そういえば、…と思い出したけど、そして少しは悩んだろうけれど、特に学校に訴えるでもなく過ぎたような記憶です。その娘は、転校後の5年生ぐらいのとき、集団登校途中の1学年下の女の子に、荷物を持たせていたらしい!お話を聞かせるのが得意で、毎朝、お話を聞かせて、と頼まれるので、お駄賃として、荷物を持たせたという彼女の理屈。コヤツ小癪な面もあったらしい(笑)。
話は変わるけど、私たちは、日本の優秀な人で構成している社会(原子力ムラ)も、大したことないんだ、というイメージを植えつけられたと思いません?
その分野では優秀な成績順に、東京電力に入社するから、原子力分野では東電に技術の粋が集まっているという了解事項があって、以下東電のやり方に有無をいえる立場ではなかったような空気。ソレが実情だと思うと、高額所得を得ている人たちでありながら、大人なんだか子供なんだか。

投稿: 街中の案山子 | 2012.07.27 07:42

街中の案山子さん

ほんとですね~。
原子力分野では、東大出身者がその上位を占めていて東京電力にも多くいるのでしょう。

でもまぁ、どの分野でも専門家がいつも正しいとは限らないし、専門家にもいろいろなレベルの人がいるでしょうから、わたしは、専門家の話は聞くけど、決めるのは政府であり政治家であり自治体である…と思ってます。

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2012.07.27 23:45

そう、
「決めるのは政府であり政治家であり自治体である…と」
でも、その人たちの判断にも任せられなくなって、今デモが静かに広がっているのでしょうね。
過去のデモの盛り上がり期間について、60年安保のときは1ヶ月、パリの5月革命のときは2ヶ月だった、と先日の新聞記事で読みました。今回はまだまだ終わる流れにはならないのでは、と。
「決める側の人たち」の「決め方」にイエローカードを出したい気持ち、遠くて(猛暑だし…)いけませんが、秩序だったデモが膨らんで、「自分たちにも意見があるんだよ」と意思表示が出来る形は、いいなと応援しています。
子連れの参加コーナーもあるみたいですね。なんと企画が暖かい。

投稿: 街中の案山子 | 2012.07.28 09:57

街中の案山子さん

以前、こんなことを聞きました。

過去の学生運動の反動からか、学生はノンポリのほうが好ましい、というような風潮があり、それが今の政治への無関心につながっている。。。と。

それが少しずつ、行動で示す方向へ変わってきているのかもしれないですね。

エネルギーの問題については、原発反対だけで終わらない面があります。電力のない生活ができなくなっている自分たちの価値基準を変えてまで、原発を止めるのかということを、私たち自身も考えなくてはいけないでしょう。

嗚呼、消費者はなんとわがままなのでしょう。

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2012.07.29 23:43

学生たちに「それが少しずつ、行動で示す方向へ変わってきているのかもしれない」という変化が見られるのとは少し違うようですよ。
60年安保は組織化された労働者と学生。70年は学生。今回は一般社会人、子供を持つ親、かつての学生運動を知っている一般の人たち、と組織化されていない人たちいろいろ。会社に人生を預けるような働き方でない社会人が増えたことも、個々人の判断で行動する人たちがこんな形で出てきた、とも。
身近に学生はいないのですが、例えば、ととさんの周りでは、学生にそんな風潮見かけられる?
インタビューで60代の人たち、とあると、かつての光景の記憶がある人たちなのだな、と思ったり(苦笑)。
後始末が出来ない代物を稼動させるのは、私たち人間はどこか根本的に失策を犯しているのではないかしら。

投稿: 街中の案山子 | 2012.07.30 05:52

街中の案山子さん

いえいえ、学生たちに・・・というのではなく、世の中全体に、政治的行動へのアレルギーが薄まっているんじゃないかって思うんですよね。
過去の過激な学生運動で、政治的な行動を起こすことに対して普通の人たちが警戒するムードがあったと思うのですが、人を集める手段として組織ではなくネットやツイッターといった個人が発信するものが使われていることも、その警戒心を解いているのかなとも感じます。

>後始末が出来ない代物を稼動させるのは、私たち人間はどこか根本的に失策を犯しているのではないかしら

そうかもしれません。
でも、核兵器すら根絶することのできない現実は、失策とわかっていても止められないわたしたち人間の無力さを感じます。

原発に反対と言いながら、一方で電気料金の値上げに反対する。わたしには滑稽に思えます。

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2012.08.03 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/55280153

この記事へのトラックバック一覧です: 醜悪だ:

« 秘め事は秘め事として墓場まで持っていく | トップページ | 半身浴読書~182~ »