« わたしのいないところで、わたしの話 | トップページ | 半身浴読書~181~ »

2012.06.26

消費税率アップに関する報道について

今日、衆議院で消費税率アップの法案が通過した。

この件について、以前から報道が繰り返されているが、どのニュース番組を見ても似たような内容で飽き飽きしている。

まずは、造反議員の数、その結果生じる民主党の分裂と小沢氏の新党について、そして年収別に税金の増加金額。おおむね、この3点セットだ。

しかし、それが本当に報道すべき内容なのか。

日本という国をひとつの会社と見た場合、今真剣に考えるべきなのは、㈱日本がこれから何を事業の柱として建て直していくかとか、管理費を抑えるための効率的な運営はどうしたらいいかとか、そういうことなんじゃないだろうか。そのために税制を変えるのであり、そのひとつが消費税なんじゃないだろうか。

民主党が分裂して小沢氏が新党を作るかどうかなんて、一般社員が役員会の結末を予想するようなもので、面白いかもしれないが、それが本質じゃないと思う。

各局揃って、膨大な時間をかけて、わたしたちに知らせなければならないような内容じゃない。

消費税率が上がっても、㈱日本の主力事業が発展し、国民の懐が潤えば誰も文句言ったりしないのだ。たまには、そういう話を聞いてみたいものだ。

|

« わたしのいないところで、わたしの話 | トップページ | 半身浴読書~181~ »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

まったく、です。
取上げ方が枝葉末節的でウンザリです。視聴者や購読者が少しでも不利益になることをアナウンスするのが正義の味方だと思っているのでしょうね。

投稿: 街中の案山子 | 2012.06.27 07:12

そうですね。㈱日本は一昨年の株主総会で役員人事を見誤ったためにこのような状態になったと思われがちですが、(まぁ、確かにそれも一因だろうが)設立時からのツケが回ってきたのが、大きな要因です。
何十年も掛かってダメになったものを小手先の"テコ入れ"で直すことなど到底無理な話で、小沢がどうのこうのいう問題は『政局』ではなく『ゴシップ』以下のニュースだと思います。
大阪の橋下知事がもてはやされていますが、本質は「国民が日本をどうしたいか?」これに尽きると思います。だって、㈱日本の株主なんですから。

投稿: はにぃ♡ | 2012.06.27 15:42

街中の案山子さん

そうそう。正義の味方ぶってるけど、いつも日和見で一貫性がない。

わたしたちは、消費者であり生産者でもあるわけです。しかし、マスコミという似非正義の味方は、あるときはわたしたちを消費者として扱い、あっちが安いだの価格破壊だの安けりゃいいような話をし、またあるときは生産者として、ワーキングプアだの非正規雇用が問題だと言う。
企業が安くモノを提供するには、給料は安いほうがいいし、雇用も簡単に増減できるほうがいいに決まっているんです。その矛盾を正面きって捉え、へぇ~っていうような切り口を見せてくれたら・・・と思うんですけどね。

ちょっと無理っぽいなぁ。

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2012.06.30 00:17

はにぃさん

小沢さんって、何をどうしたいんでしょうね。今回は、公約がどうのこうの言ってますけど、それじゃ他の公約はどうなのよ?と聞きたい。

特に、鳩山さんが野田さんをうそつき呼ばわりしたときはずっこけました。自分は沖縄に何をしたのか、わかってんのかな?
しかも、引退宣言もしてませんでしたっけ???

政界再編といいますが、その再編の軸は、消費税ではないはずです。

投稿: とと(>はにぃさん) | 2012.06.30 00:20

政治というのは、いろんな意見を交えて共通点を見つけ
たり、妥協すべきは妥協して一緒に政策を推し進めたり、或いは反対はあくまで反対として論戦を戦わせることだと思います。
そういう意味では今回の小沢氏の行動は責められるものでもないのに、この後味の悪さは一体何なんでしょう。
反対の中身がよく伝わってこないし、論戦よりも数合わせばかりに奔走しているように見えるからでしょうか。

連日の評論家、コメンテーターと呼ばれる人たちの登場、票読み、挙句はゴシップまで。
料理でもあまりに材料が多いと何を作っていいのかわからなくなりますよね。上手に献立を考えて調理をするのが我々料理をする側の腕前なのですが、ひとつ間違えるととんでもないものが・・

私は消費税増税には積極的に賛成ではありませんが、社会制度の充実や福祉にきちんと還元され、日本が元気になるのであれば、それもよし、と思っています。
今回の増税の結果が出るのは、あと何年後かのことでしょう。美味しい料理が食べられるように、しっかり見ていかないといけないと思っています。

投稿: りんふう | 2012.06.30 09:36

りんふうさん

とうとう今日、小沢さんが離党しましたね。
もし、これで選挙になった場合、どうしたらいいのかと思ってしまいます。

消費税率アップはいやだけど、小沢さんの描く日本の将来像が見えないから、貴重な一票を入れようと思えない。

それに、増税はもちろんいやだけど、ただ嫌がってるだけじゃだめなんじゃないかと思う人だって多いと思うのですが、それを誰に託したらいいのかわからない。

報道機関も、もう少し中身のある報道に努めて欲しいなと思います。

投稿: とと(>りんふうさん) | 2012.07.03 00:01

そんなことではダメなのでしょうが、私は最近はテレビ報道にも距離を置く感じです。
消費税増税はマニフェスト違反と言うのは間違ってはいないけれど、私的にはこの点で政権交代を願ったのではないから、同調したいとは思わないのです。
選挙巧者の(どちらかと言うと自民党的要素を持っている)小沢さんが、農家へのバラマキとか、消費税は上げない、とか「どうしたら第一党になれるか」対策で掲げたマニフェストだったと思うのです。で、長年の澱(オリ)の溜まっていた自民党から政権を奪還したことで、私的には、目標はひとまず達成。
で、現実に民主党が政権担当してみたら、この国の財政はニッチモサッチモ行かない状態だった。で、でてきたのが消費税増税。
民主党の政権運営能力を腐すひとがいますが、どっぷり旧弊と癒着しているのよりもいいかな、とも。2世、3世議員ばかりで、政治が家業のひとばかりでしたもの。
消費税の割合の幾分のアップは各家の台所事情にも直結しているから、だからいいことだと考えます。
家計に直結するから、いいのです。だから、「みんなが政府の出費に目を光らせる」という薬効をもたらすと思うのです。
弱者は助けなくてはならないのですが、助けてもらう立場ばかりでなく、助ける立場である誇りが、納税なのだという意識が育つといいな、と思います。
納税者みんなで、無駄遣いに目を光らせて。どうでしょうか。

投稿: 街中の案山子 | 2012.07.03 07:14

街中の案山子さん

さすがだなぁ~。街中の案山子さんのコメントは、わたしがもやもやっと思っていたことをスパッと文字にしてくれてて、脱帽です。

特に

>助ける立場である誇りが、納税なのだという意識が育つといいな、

この部分、ほんとに同感だし、今の日本人に希薄な意識なんじゃないかと思います。

十分な収入を得ている人は、それに見合うだけの十分な努力をした結果なのだから、そのことを人にとやかく言われることは全然ないけれど、そういう環境にいる己の幸運を自ら思い、誇り高く納税してほしいと思います。

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2012.07.03 11:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消費税率アップに関する報道について:

« わたしのいないところで、わたしの話 | トップページ | 半身浴読書~181~ »