« 半身浴読書~176~ | トップページ | おねえの就活 »

2012.04.20

もしわたしが男だったら

絶対、家庭を顧みない仕事人間になるだろうと思う。

     

一年前、今の職場に異動を言い渡されたとき(参照エントリー:感謝の気持ちでいっぱいです)、泣いて泣いてもはや辞めるしかないのかとまで考えていたわたしだが、今はすごく楽しくて、油断すると帰宅時間も忘れて夢中になってしまうこともある始末だ。

しくじることもあるし、凹むこともあるが、それで何もかもいやになってしまうわけでもなく、それならば次からはどうしたらいいのかと考えたりもして、意外に前向きだったりする。

昨日、女性向きではない危険を伴う作業をひとりで行っていたら、パートの女性が

「この会社では、女性でもあのくらいしないと主任にはなれないのよね」

と他の女性に言ってるのが聞こえた。いやいや、この作業をするから主任になったわけじゃないんですがね。

でも、『この会社では』というところには納得で、田舎の大したことない会社なので、女性の主任は男性の10分の1以下だし、女性の課長にいたっては、100分の1以下だったと思う。

そういう自分を顧みると、もしわたしが男だったら、仕事に没頭して家庭のことなど放置してしまうのだろうなと思う。もし独身だったら、婚期を逃しちゃうかもしれない。主婦である今でも、こうなんだから。

女でよかったなぁ~。結婚しててよかったなぁ~。

|

« 半身浴読書~176~ | トップページ | おねえの就活 »

仕事」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いいないいな、仕事したいな。

投稿: さじった | 2012.04.21 08:02

さじったさん

そうでしたね~。
その後どうですか?
今はなかなか難しいですよね。うちもおねえが就職活動中で、かなり難航していますsad

投稿: とと(>さじったさん) | 2012.04.24 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/54515906

この記事へのトラックバック一覧です: もしわたしが男だったら:

« 半身浴読書~176~ | トップページ | おねえの就活 »