« 女が働くことって本当に必要なことなのか? | トップページ | 半身浴読書~165~【ネタばれあり・注意】 »

2011.12.22

そうは言いつつも・・・

ひとつ前のエントリー 『女が働くことって本当に必要なことなのか?』

もうひとつ前のエントリー 『ついにオットが透析を始める』

↑あんなことを書きなぐっておきながら、実は、こんな風にも思ってる。↓

過去のエントリー 『女の子にも夢があるのだ』

   

こないだフリーアナウンサーの高島さんと、ゆずの北川さんが結婚を発表した。

そのとき、北川さんのFAXにこんなコメントがあった。

(前略)

これから彼女は、仕事と家庭の両立になってたいへんだと思いますが・・・

(後略)

ワイドショーで読まれていたのをちらっと聞いただけなので、正確な文面ではないが、内容はこんな感じだ。

でもね、仕事と家庭の両立は高島さんだけではないはずでしょう?北川さんも、同じように家庭に責任を持つべきでしょう?

わたしは、このコメントに違和感を覚えると同時に、高島さんのように他の人にはできない特別な職業を持っている女性に対しても、こういうコメントが自然に出て、それを読むアナウンサーも聞いているコメンテーターも、何の違和感も感じないのが、世間の空気というものなのだと改めて感じた。

わたしが小さいころから刷り込まれたように、居心地のいい癒される家庭を用意するのは女の責任なのだという空気が、世間には充満している。

|

« 女が働くことって本当に必要なことなのか? | トップページ | 半身浴読書~165~【ネタばれあり・注意】 »

仕事」カテゴリの記事

女の生き方」カテゴリの記事

コメント

でしょ、でしょ。北川さんのfaxを読んだととさんの反応がととさんの記事を読んだときの私の反応なんですよ。
家庭と子供に対して責任を持つのは、2人。ととさん一人じゃない。原則論って言われちゃうでしょうけど。結局、自分が一番気にしてとらわれてしまうんですよね、こういうことって。
専業主婦なのに朝食の用意と洗濯、夕食の皿洗いを夫にさせている娘に、ダンナをもう少し大事にしなさいなどと口走って叱られていますw。
一方、下の娘に対しては、対等なんだからもっと働かせろと言っては、大丈夫だからほっといてと言われています。
二人の問題、程度問題なんですよね。

投稿: さなえ | 2011.12.23 06:33

ととさん、さなえさん、ワタシも仲間に入れてーー。(笑)
さなえさんのお二人の娘さんに対する思いも、ワカル、ワカル。ソレ理屈にあわないのじゃな~い、と思ったり。
その昔、女は大学までは男性と同じように扱われていても、結婚した途端に、問答無用で、姑さんの料理見習い人なんだ!と。夫の実家に帰省すると、漫画読んだり、囲碁をしたり、ビール飲んでいる夫を眺めながら思いました。だから、仕事を持つ、自分の食い扶持ぐらいは稼ぎたい、と。
今、娘は、食い扶持ぐらいは稼いでいるでしょう。でも、ワタシと違って、年末は遠方夫の実家で、「ヨメ職」台所皿洗いらしいです。大学院まで出ていても、オンナって、そういうことだったのかー、と。勿論、そうじゃない女性もいらっしゃるだろうけれど、ウチの場合はネ。

投稿: 街中の案山子 | 2011.12.23 08:38

さなえさん

いいですね~。専業主婦で夫に朝食の用意と洗濯と皿洗いをさせてるなんて!わたしの憧れです。ほんとはわたし、そういう女性が好きなんです。

でもね、小さなころからの父の刷り込みは相当な影響のようで、なかなかそのように振舞えません。三つ子の魂百まで???(笑)

>結局、自分が一番気にしてとらわれてしまうんですよね、こういうことって。

ほんとに。。。
ものすごくわかります。なんとかこのとらわれた考えから一歩先に進まなくちゃ。

投稿: とと(>さなえさん) | 2011.12.24 00:19

街中の案山子さん

>ととさん、さなえさん、ワタシも仲間に入れてーー

どうぞどうぞ(笑)

わたしは、採用をやってた頃、女子学生に「社会に出たら、男とは男であるというだけで価値がある」と言ってきました。実際、就職活動では文系女子が最も弱者となりますもの。

家にいてご飯の用意をしたり家族のために掃除したりすることは、決して価値の低いことじゃないですよね。だから自分もその役割にやりがいを感じて、喜んでできるような女性だったらどんなによかっただろうと思います。やりがいを感じないわけじゃないけど、外で働くことのスリルや興奮を覚えてしまったら、なかなか引っ込めないですね。お小遣いも欲しいし。
そう考えると、やっぱり自分がわがままなのかな~って思ってしまって・・・

堂々巡りです。

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2011.12.24 00:27

コメントさらに連投すいません。
高島さんの場合は、北川さんのお母様が宗教家の教祖さんみたいで、おうちも厳しいとのこと。
私、高島さんが若いころはあまり好きではなかったのですが、長年、朝の番組を真摯に務めていたり、クイズ番組などでいろんな知識を持っているのをみて、「この人、職業人としては、尊敬できるかも」と、だんだん好きになっていきました。
だからこそ、交際が噂されているころから、違和感を感じていて、婚期が遅くなったのも、厳しいおうち柄だと噂があったから、「そんな相手でいいわけ??」と、ずーっと違和感を感じていましたね。仕事の部分は尊敬できたのに。。。。って。
でも、結婚したいぐらい好きだったんでしょうね(って私のブログのドラマ記事でも思いましたが)。
直前にもコメントしましたが、今の若い男性って、そんなに考えが古くない人も多いですよ。居心地のいい家庭をつくるのが女だって限定してない人も。
確かに、今度、ママ友が海外転勤になってしまうのですが、そういうのを普通に横行する会社では、「女性は海外勤務にも帯同する家政婦」的な考えは多いですけどね(うちの夫の会社も海外ではないが、国内転勤に関しては、この考えが数年前まであった。ただし、今は女性が仕事をしている場合、配慮しているらしい。数年で制度が変わってしまうなんてさ~←愚痴)。反して、外資系なんかは、「夫が海外勤務の場合、5年までは休暇制度あり。復職後は現職復帰を保障」ってところもありますし。
今は不景気だし、年金制度も問題だらけだし、時代はかわるかもしれませんよ。有無を言わさず、女性も男性も働け働け、育児も男性も女性も、やるしかない。。。。っていう、ある意味不幸な時代が到来するかも。
さて、余談ですが、私も、お正月がいつも憂鬱。自分の実家ではのんびりできるものの、そのまえに、夫の実家で奉公。義妹が、同い年で独身のため、彼女は何にもしないで上げ膳据え膳なのに、私は洗い物、洗濯物、手伝わなくてはならず、私なんかは、面倒だから、お皿を極力つかわないことに命を懸けるタイプなのに、義母は、どんどんお皿を出して、あれもこれもと、自分の料理を披露するタイプなので。。。。
また、私は晩酌する家庭じゃなかったから、晩酌が長く続くと、洗い物ができなくて、イライラするんですよね。義父と、夫と、義妹だけが飲んで、私と義母が洗い物するのが、うっとおしい。自分で食べたものは、自分で食べ終わってから洗ってよーなんて、酔っ払って布団に行ってしまう人たちには言えません。ああ、憂鬱な正月。。。(しかも今年は、子供が水疱瘡ウィルスを潜在的にうつされて、発症予定の義実家滞在中に発症した場合、子供と一緒に軟禁状態。しかも義実家。チーン。おわった)。

投稿: ちゃい | 2011.12.24 09:16

・・・なぜか耳が痛い(ノ_-。)

投稿: さじった | 2011.12.25 08:09

ちゃいさん

どうですか?お子さんたちの体調の方は?
もしかして今、軟禁状態???

>有無を言わさず、女性も男性も働け働け、育児も男性も女性も、やるしかない。。。。っていう、ある意味不幸な時代が到来するかも。

ほんとですね、そうなったらある意味不幸と言えますね。
ほんとに先が読めない時代だな~と思います。読めないのはいつの時代も同じだけど、いい方に考えられないという意味で、今は最悪ですね。

今のわたしの夢は、『苦しまず死ぬ』ことです(爆)。

投稿: とと(>ちゃいさん) | 2012.01.02 22:15

さじったさん

いえいえ、さじったさんは理解ある旦那さまじゃないですか。
奥さまは、ほんとにしあわせですね~happy01

投稿: とと(>さじったさん) | 2012.01.02 22:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/53538889

この記事へのトラックバック一覧です: そうは言いつつも・・・:

« 女が働くことって本当に必要なことなのか? | トップページ | 半身浴読書~165~【ネタばれあり・注意】 »