« 火曜日夜10時のNHKドラマにはまっている | トップページ | 半身浴読書~164~ »

2011.12.12

半身浴読書~163~

41vtlrgz0jl__sl500_aa300_ 『エデン』 / 近藤史恵、読了。

これは、『サクリファイス』の続編だ。

ヨーロッパのプロチームで走るようになった白石が、初めて臨むツール・ド・フランスが舞台だ。

前提として白石のチームがスポンサーの撤退により解散の危機にあるというチーム状況がある。その解散の危機を回避するため監督が選択した『他チームのエースをアシストする』という戦略は、これまでチームのエース・ミッコを中心にまとまっていたチームに亀裂を生む。

そんなチームの中、白石はやはりミッコのアシストとして働くことを選ぶ。ここが白石らしいところだ。

この作品は、自転車競技の面白さがすごく伝わってくる。技術や体力だけでない経験からうまれる駆け引きや心理戦が勝敗を分けるのだと感じた。

作中、白石の謙虚さが伝わってくる表現が頻出する。それでも、最後の最後にヨーロッパの2つのチームからオファーを受け、ようやく来年もこのツール・ド・フランスを走るんだという気持ちがみえたと思ったら、『来年、ぼくがここに戻れるかどうかはわからない』ときたので、ガクッときた。どこまで控えめやねん!

|

« 火曜日夜10時のNHKドラマにはまっている | トップページ | 半身浴読書~164~ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/53471409

この記事へのトラックバック一覧です: 半身浴読書~163~:

« 火曜日夜10時のNHKドラマにはまっている | トップページ | 半身浴読書~164~ »