« 半身浴読書~161~ | トップページ | 火曜日夜10時のNHKドラマにはまっている »

2011.12.06

半身浴読書~162~

41eyj6eul__sl500_aa300_『サクリファイス』 / 近藤史恵、読了。

自転車のロードレースという競技をご存知でしょうか?

わたしは、ツール・ド・フランスという言葉は聞いたことがあっても、その競技については正直知らなかった。

チームのエースを勝たせるために走るアシストと、アシストを踏み台にしてゴールを目指すエース。エースは確かに花形だが、己の勝ちを捨てて走ってくれるアシストの努力を無駄にすることはできない。その想いを引き受けつつも、そのプレッシャーに負けない強いハートが必要だ。

ストーリーは・・・

陸上競技でいつも先頭でゴールを切っていた白石は、一番最初にゴールするということに意味を見出すことができなかった。好きな彼女の「わたしのために勝って」という言葉のためだけに走っていた。その彼女が他の男のもとに去ってしまえば、もう勝つことには何の興味もない。そんな白石が、ロードレースのアシストという役割に自分の居場所を見出す。そしてレースの中で成長し、最終的にはヨーロッパのチームでアシストとして走るようになる。

チームのエース・石尾への疑惑は、白石を複雑な気持ちにさせる。同時に読んでいるわたしも、石尾への不信感や、真実はどうなんだろうというサスペンス的な読み方もできて、開きさせない展開。

最後は、驚きの結末で、とても面白く読めた。

しかし、あの女はいけん。白石を何度も裏切り、傷つけ、まったくもって女の風上にもおけない。

|

« 半身浴読書~161~ | トップページ | 火曜日夜10時のNHKドラマにはまっている »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

なかなか更新なさらないなと勘違いしていました。職場での諸々はどうなったのか気になっていましたので。サクリファイスという題名にぎくりとしました。柳田邦男の沈痛なドキュメンタリー「犠牲(サクリファイス)」を一瞬にして思い出してしまいました。辛い話ですが、お勧めします。

あの女はいけん…という感想、熱いととさんらしいです。

投稿: さなえ | 2011.12.06 19:05

さなえさん

情報、ありがとうございます。
是非、読んでみます。

新しい職場には、ほぼ慣れましたよ。
わたしのこの順応性には、我ながら感心しています(アハハ)

投稿: とと(>さなえさん) | 2011.12.06 22:58

ととさんの本とは別物の「サクリファイス」って、柳田邦男の沈痛なドキュメンタリーなのですか。
昨日だか、録画したなにを見ようか、とチェックしていて、このタイトルもあったのですが、なんだか重くて、パスしました。(誠に不精で情けない私で、こまめな夫が定期的に番組チェックして録画入力をしてくれています)
さなえさんの「お勧め」であれば、見てみます。

投稿: 街中の案山子 | 2011.12.07 06:58

ととさん、失礼して、場をお借りします。

街中の案山子さん、ドキュメンタリーというとまるで映画ですね、ノンフィクションと言いたかったのです(^^;)。最近、言葉が出てこなくって…。

柳田邦夫の息子さんが自殺を図ってから死亡なさるまでの記録です。臓器移植のことから、立花隆の脳の話や死生学のエリザベス・キュプラー・ロスをかなり読んでいた時期があり、そのときに出会った本です。生きるってどういうことだろうと考えさせられました。

投稿: さなえ | 2011.12.14 22:38

ととさん、失礼して、私も場をお借りして。
そ、その違いが大きかった!私の録画してあったのは、映画の「サクリファイス」で、洋画だし、まったくの別物でした。あっ取り違いがあるな、と気づきながら、お伝えもしなくて、杜撰でした。洋画のほうは、質素な知識階級の重たそうな話です。

投稿: 街中の案山子 | 2011.12.15 07:31

街中の案山子さん

>映画の「サクリファイス」で、洋画だし、まったくの別物でした

それがですね、亡くなられた洋二郎さんは、この映画が大好きだったそうです。タイトルもこの映画からだそうですよ。

もう見られました?なんとなく、難解そうな映画なんですが。

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2012.01.16 23:10

ととさん、そうなのですか~。私2度もはじめの20分以内でパスしちゃった!
なんだったか、比較的はじめの部分でココロに引っかかったフレーズがあったのは覚えているのですが…。
もう消去しちゃったかも。重たいのキライじゃないのだけれど、なんだか最近は避ける傾向があります。

投稿: 街中の案山子 | 2012.01.18 21:15

街中の案山子さん

本の中で紹介されているだけでも、かなり難解そうな映画でした。わたしには、到底無理…(苦笑)
でも、そういう映画を好きな息子と、それについてちゃんと理解し話しあえる父親って、すっごいなぁ~って思いました。

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2012.01.21 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/53397970

この記事へのトラックバック一覧です: 半身浴読書~162~:

« 半身浴読書~161~ | トップページ | 火曜日夜10時のNHKドラマにはまっている »