« 半身浴読書~156~ | トップページ | 忙しい毎日・・・でもドラマも見てたりして。 »

2011.08.14

半身浴読書~157~

41unfmoaxfl__sx230_ 『橋』 / 橋本治、読了。

実際に起こった2つの事件を題材に書いている本だ。

ひとつは、自分の子供を殺し、さらには近所の男の子まで殺してしまった女の事件。もうひとつは、夫をワインのボトルで殴り殺し、バラバラにしてゴミとして捨ててしまった女の事件。

二人の女の母親は中学のころ、同級生だった。その頃からのことを書いている。

二人とも精一杯に生きて、自分のやり方で娘を愛していた。何がよくなかったとか、ここに問題があったとか、決してそんな書き方はしていない。でも、きっと母親たちは思うだろう。

では、どうすればこの悲劇は起こらなかったのか?・・・と。

|

« 半身浴読書~156~ | トップページ | 忙しい毎日・・・でもドラマも見てたりして。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ととさん、読まれましたか。橋本治は学生運動の時代の人という意味で、話題になると気になる人ではありました(でも、彼の本は殆ど読んでいませんが)。小説を書くことを生業にしている人って、こんなところからも商品(失礼!作品)を生み出すのだ、と商売魂を感じました。
読みやすかったですけれどもね。

お元気ですか。

投稿: 街中の案山子 | 2011.08.15 09:10

街中の案山子さん

読みました。
橋本治の作品は、初めてです。どちらかというと、盛り上がりのない平坦な作品に思えました。

どこまでが取材で、どこからがフィクションかがわからなくて、ついつい事実と思ってしまいそうな自分に困惑しました(^-^;

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2011.08.16 00:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/52476177

この記事へのトラックバック一覧です: 半身浴読書~157~:

« 半身浴読書~156~ | トップページ | 忙しい毎日・・・でもドラマも見てたりして。 »