« 本日の点検結果 | トップページ | 感謝の気持ちでいっぱいです »

2011.03.26

「やっぱり結婚してると不利なんですね」と後輩が言う

「それは、違うよ」と、わたしは答えた。

   

今、会社では、年度末恒例のアレ(参照エントリー:また始まったよ・・・(;一_一))の真っ最中である。

そんな中、後輩女性の部署は遠方の事業所に移ることになったらしい。その部署には、新しい部長が着任し、人選をしているところだ。

さて、その後輩女性、現在の部長からこう聞かれた。

「Mさんは、行けないよね、あそこの事業所には。」

「いえ、行けます。」

「え?でも、旦那さんはどうするの?」

そうなのだ。彼女は、昨年、結婚したばかりだ。子供はまだない。

「いえ、夫の実家はあっちの事業所の近くですし、彼の仕事はどこでもできる仕事なので、一緒に引っ越すことが可能ですから。」

実は、彼女の夫は、インターネットを使った事業をしていて、どこに住むかということには、それほどこだわりがない。

「ふ~ん、そうなの・・・」

50代後半の男性上司には、それはなかなか腑に落ちることではない。

話は、それで終了。どうやら彼女は、自分は今の部署から異動する可能性が高いと感じている。

それで、タイトルの言葉が出たわけだ。

「結婚してると不利なんですね。結婚しているというだけで、やりたい仕事はさせてもらえないんですね。」

わたしは、そうは思わない。

個人の状況を踏まえて異動を考えるのは、むしろありがいことなんじゃないだろうか。

ただし、彼女の場合、他の既婚女性と違い引っ越しが可能な環境にも関わらず、結婚しているという状況だけで、選択肢を減らされてしまうことが『不利』という言葉になったのであろう。

わかるけど。

なんとなく言外に、結婚するんじゃなかった的な気持ちを汲み取ってしまい、少し残念だった。

「そんなこと言ってるより、早く赤ちゃんができるといいね。若いってこともないわけだし。」と言うと

「そうですね、時期とか言ってる場合じゃないですね。」と彼女も答えた。

仕事のために生きてるのではなく、生きるために働いているのだから、自分の人生において、今なにを優先すべきかを考えなくてはならない。

      

とはいえ、わたしは、後輩女性があちらの事業所に異動になるんじゃないかと思っているのだが。今月末には、自分のことも含めいろんなことがはっきりする。どうなることやら・・・。

ポチッとよろしく!

|

« 本日の点検結果 | トップページ | 感謝の気持ちでいっぱいです »

仕事」カテゴリの記事

女の生き方」カテゴリの記事

コメント

今回、たしか、東電の協力会社だったか、はじめに作業した人々は、妻子なし、もしくは子どもナシの社員だったような気がします。
夫の会社でも「東北にボランティアにいけ!」と上司命令があったのは、子どもがない社員が集められました(結局、何も出来ず迷惑になること間違いなしとのことで、命令は即取り消されたそうです)。
もし、夫の会社でこの命令が取り消されなかったら、おそらく断れないだろう・・・断ったら、会社を首になるだろう、と夫の同僚(妻と離婚協議中)は語っていたそうです。
その女性に話してみては?

投稿: ちゃい | 2011.03.29 17:19

ちゃいさん

ついに内示があり、彼女は、他部署の事務部門に異動、そしてわたしは営業店に異動になりました。
この彼女、わたしにこのように言っていた裏で、取締役に直談判したり、有力部長に裏工作を頼んだり、相当動いていたようです。しかも、この電話で話した日には、すでに内示が出ていてそれに対してある取締役に電話で内示の撤回を求めたりと、さまざまなことをしていたらしいのです。仲良しと思っていたのに全然話してくれなくて、コソコソと動いていたのか~とか思うと、自分の異動のショックと同じくらいショックを受けています。ちょっとした人間不信状態です。

ちなみにわたしの異動は、かな~り冷たくてひどい異動でして、どうやら例の関西弁のボスの地雷を踏んだようです(爆)。
内示のあった日から、周囲の人たちの暖かい励ましに毎日泣いているわたしですが、『辞める』という決断の前に、とりあえずその環境に飛び込んでみようと思っているところです。
オットに「辞めてもいい?」と聞いたら「辞めてもいいけど、辞めたら買い物は禁止」と言われ、石にかじりついてでも頑張らねば…と思いましたので(笑)。

サラリーマンは、辛いですな~(しみじみ)

投稿: とと(>ちゃいさん) | 2011.03.29 22:29

テーマとは関係ないけれど、ちゃいさんのコメントにあったので。
最近よく「東電の協力会社」という言い方を聞きますよね。これまでもそんな言い方していましたっけ?
「下請け会社」って言ってなかった?
なんだか、危険な仕事を下請けに押付けているようで、企業イメージダウンにならないように、「協力会社」と呼び方を変えたみたいで、やだなー、と思っています。協力会社って言うのがいっぱいあって、沢山の人が復旧にかかわっていて、危険だからやりたくない、とはいえない状況…。つらいですよね。

前後しましたが、ととさん、新任地で頑張ってください。できる女子と上司に思われていると思っていたのに、踏んだのですか地雷を。
ワタシなんて、人生の地雷踏みまくり、です。トホホ

投稿: 街中の案山子 | 2011.03.30 07:24

街中の案山子さん

いや~、わたしが踏んだ地雷は、部長の地雷ではなくわたしに内示したおバカ課長の地雷だったようです。
今日、部長から「○○課長と何かあった?」と聞かれました。今回の異動も、部長はわたしのポジションは現状維持で良いんじゃないかと言ってたようですが、おバカ課長が「ととさんは、営業店に出します」って言ったらしいですわ。
わかったからといって、どうにかなるものでもないので、もはやどうでもいいですが(笑)。

「協力企業」という言い方は、わたしの中ではそう違和感がないんですよ。わたしが勤務してきた会社では、「下請け企業」とは言いませんでしたから。
協力企業って、ほぼ社員さんと同じような感じで、一緒に働いている人たちなんじゃないですかね。

>ワタシなんて、人生の地雷踏みまくり、です

えぇ~!どんな?
ちょっと興味あります(笑)

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2011.03.30 22:50

昨日、デパートで衝動買いしてきました。白地に黒の大柄チェックのチュニック(?)を買い、清算してもらっているとき、隣の店舗の棚の上のバックが目にとまり、エエッィと、即決でこっちも買っちゃいました。そんで、デパ地下でお惣菜セット1350円×2を買って、晩ご飯も手抜きして、そんでもって、録画しておいた「相棒」みました。夫は、ワタシの低気圧状態を察していてくれるのだな、と、そんな感じです。

投稿: 街中の案山子 | 2011.03.31 12:55

街中の案山子さん

低気圧は過ぎ去ったでしょうか?happy01
黙って見ててくれる旦那さま、優しいですね。

お金を使うのって楽しいでしょう?happy01
わたしも新しい環境で夏のボーナスまで頑張れたら、ぱぁ~っと使うことにしますup

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2011.04.03 22:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/51224105

この記事へのトラックバック一覧です: 「やっぱり結婚してると不利なんですね」と後輩が言う:

« 本日の点検結果 | トップページ | 感謝の気持ちでいっぱいです »