« リレンザの副作用? | トップページ | 半身浴読書~150~ »

2011.03.16

完全に安全な原発などない

ブルース・ウィルスが命と引き換えに穴掘りに行く映画ってなんだっけな?

福島第一原発のニュースを見ていて、そう思った。

福島第1原発に放水車=警察庁が派遣を検討

警察庁は16日、福島第1原発4号機に、警視庁の放水車を派遣することを検討していると明らかにした。既に官邸や自衛隊と調整を進めており、同庁幹部は「われわれが持つ装備や知識を生かして遂行が可能か検討している。現在は準備の段階だ」と話した。 また防衛省は同日、自衛隊のヘリコプターで3号機と4号機の上空から水を投入し、冷却しようとしたが、放射線量が高く、見送った。条件が整えば、17日朝にも試みる方針。 4号機では15、16日に、原子炉建屋で火災が発生した。建屋内には高温の使用済み燃料を保管するプールがあるが、冷却機能が働かず水温が上昇。プールの水が蒸発して燃料棒が損傷する危険性が指摘されている。

2011年3月16日(水)21時19分配信 時事通信

素人目に見ても、事態はいい方向に進んでいるとは思えず、最終的には東海村の臨界事故のときのように、被曝覚悟で実際に人が手を下すしかないだろうと、わたしは思う。

そもそも人が作るものに、『絶対に安全』とか『完全に管理可能』などというものはなく、ヒューマンエラーがなくとも、今回のように災害がきっかけで思いもよらない事態は、起こる。

リスク管理とは、どんな非常時にも安全を確保できる備えをするだけでなく、万一事故がおこったときにどうやって被害を食い止めるのかをシュミレーションしなくてはならないはずだ。

原発の場合は、誰がブルース・ウィルスになるか?ということだ。

今、福島第一原発で働く人たちは、すでにわたしたちの何十倍もの線量を浴び、家族のもとにも帰れず疲労困憊だろう。しかし、それでも、お願いしたい。最終的に、実際にそこへ行くしかないとなったとき、それができるのは、今働いている人たちしかいない。

電力に頼った今の生活をわたしたちが諦められないなら、原発を今すぐ手放すことはできない。原発アレルギーが大きくなればなるほど、古い原子力発電所を延長して使用するしかなくなってしまわないか。

そうだ、あの映画。確か・・・アルマゲドン。

|

« リレンザの副作用? | トップページ | 半身浴読書~150~ »

ニュース」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 完全に安全な原発などない:

« リレンザの副作用? | トップページ | 半身浴読書~150~ »