« 今年は出だしから最悪 | トップページ | 半身浴読書~144~ »

2011.01.10

女性活用プロジェクト始動?

今朝、教育を担当する部署の後輩女性に聞かれた。

「近々、女性活用プロジェクトが立ち上がるらしいんですが、ととさんもメンバーですか?」

「うんにゃ、違うよ~」

    

確かにそのプロジェクトのメンバーではないのだが、実はその種を発芽させたのは、おそらくわたしだ。

昨年末、例のボス(参照エントリー:今度のボスは、関西弁)から指示を受け、女性の活用に関するレポートを提出した。どうやらボスは、そのレポートを元に教育部門に仕事を振ったと思われる。

確かにそのレポートで、『女性の活用には、男性上司の教育が必要』とは書いたけど、いきなり振るのはどうかと思う。短時間勤務制度の確立も必要だし、人事制度や評価制度にも関わってくる面もある。教育だけの問題じゃない。要するに、女性の仕事へのモチベーションをどうやって維持するかということであり、それって人事部の課題じゃないの?

そんな動きは無視して、こちらはこちらで短時間勤務制度を検討してやろうかしらん。

ちなみにそのレポートで、考察として自分の考えを記述したのだが、ボスの野郎、全然そのページをめくっていない様子だ。(チッ)

さらにレポートに添えたメモには、『制度設計にも踏み込んでまとめたほうがよろしいでしょうか?』と書いてみたが、完璧にスルー。(ケッ)

ま、いいさ。早速今日、そのレポートを前述の後輩女性に渡してやったもんね。ヘッヘッヘッbleah

|

« 今年は出だしから最悪 | トップページ | 半身浴読書~144~ »

仕事」カテゴリの記事

女の生き方」カテゴリの記事

コメント

やっぱり元気なととさんがいいですw。
水漏れの件ですが、私は個人で団地保険に入ってます。管理組合が個々のユニットについても保険をかけているなんて、初耳です。良かったですね。

投稿: さなえ | 2011.01.11 09:36

女性活用プロジェクト、、、ガーンバレ!!
女性だから活用、じゃなくて、能力が生かされていない人活用、ですよね。
とくに、女性っていう色眼鏡で見られると、もったいない使われ方されたりもしているのでしょうねー。
さすが、ととさん、目の付けどころ適格!
昨日シャワートイレの故障修理をしてもらいました。当方の原因で、電話が不通になっていたのに、連絡をとる努力をしてくださって、手際よく想定される備品も持参で、サクサクと修理をこなして、あっという間に問題解決。
手際よい対応だねー、と夫に話したら、この不景気、その人は優秀だから生き残っているんだろうよ、と。
景気が良いときは満潮。不景気になると潮が引いて、海底のでこぼこが現れ出すのだよ。その時に、岩場になるか、海水部分に当たるか、それが顕在化する。
そう思いませんか。

投稿: 街中の案山子 | 2011.01.11 12:38

新年の新聞記事だったかな?資生堂の女性活用プロジェクトで、制度が先行し、使う側が「制度を使って当たり前」みたいな態度が横行し、独身や子供のいない女性に反感をかってしまったとありました。
先輩にやはり資生堂に勤めている2児の母がいるのですが、その人曰く、「先輩方は制度があるのだから、最低限のノルマはこなしてね」というのが当たり前で逆に仕事に対する要求は厳しいと言ってましたし。
新聞にも、「制度をせいいっぱい使うのではなく、『昇進や達成を考えるならば、制度があってもここぞというときのために我慢するのも一つの方法』みたいなことが書いてありました。
このバランス、制度が完成して、さらに一歩踏み込む段階になると、非常に難しいことだと思います。
とりあえず、まずは「制度の導入」からですかね?
私の場合、2年間で上司が3人も入れ替わり、コンセンサスのとれている上司もいたけれど、「はあ?」みたいな育休や短時間制度に無関心な上司もいて、しかもその上司、あっというまに不正が暴露されて、辞職に追い込まれ、「しまったー。私が先に辞めなきゃよかった」というオチもありました。

投稿: ちゃい | 2011.01.11 22:40

さなえさん

ご心配いただきありがとうございます。
最近は、こういうトラブルが多いのかもしれませんね。管理会社の人には「御心配でしょうが、こういうときのために保険に入っていますから」と言ってもらい、ちょっとホッとしました。

投稿: とと(>さなえさん) | 2011.01.15 22:49

街中の案山子さん

今日も同僚と話してたんですけど、やっぱり女性は男性の補佐役にまわることが多いんですよね。今の部署でもそうですが、面倒な下調べとかお膳立てをしてあげるのは女性で、男性はそれをさも自分が全部したかのようにまとめて報告し、評価を受けるのです。今回わたしが調査した他社事例の紹介に『達成する喜びや成長の機会を男性が独占してはいけない』と書いてありましたが、ほんとにその通りだと思いました。

わたしなんて、採用担当を外れてからというもの、いつも誰かの下請けで、自分で自分のことを『パシリ』と呼んで自虐っています。あ~面白くない!

私は、潮が引いた海底で海水になるか岩場になるか、試されている時期なのかもしれません。くさらないように頑張ります。

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2011.01.15 23:02

ちゃいさん

ちゃいさんは、先駆者だったのですね。頑張りましたね。実体験を元に、いろいろ教えてください。

さて、制度についてですが、時短制度以外にもいくつか考えてみたんですが、他の身分の女性とのバランスも考えなくてはいけないし、企業全体へ与える影響も見とおさなきゃいけないしで、そう簡単にはいかないと思っています。

でもね、結局、旗振っただけでおしまいってことになりそうな予感です。うちの会社ではよくあるパターンなんですがね。(恥)

投稿: とと(>ちゃいさん) | 2011.01.15 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/50551739

この記事へのトラックバック一覧です: 女性活用プロジェクト始動?:

« 今年は出だしから最悪 | トップページ | 半身浴読書~144~ »