« 昨日髪を切った | トップページ | とてもいい誕生日だった »

2011.01.31

法律は守らねばならないが・・・

その法律は、ほんとに正しいのか?と疑ってみたくもなる昨今のわたしだ。

実は、採用担当を外れて、今なにをしているのかというと、労務管理やらコンプライアンスやら、ボスの特命案件でアチコチに探りを入れるやら、そういうことをしている。そんな毎日の今、「それってほんとに意味のある法律?言葉通りに守らなきゃいけない法律?」と思うことが、たびたびある。

企業が世界を相手にグローバルに戦っている今、行政機関の「そこまで求める?」的な指摘は、企業への負担を重くしてると思えてならない。そんなことしてる暇があったら、もっと社員のためにできることがあるんじゃないかと思えてならないのだ。

法律を作るときには、当然、今ある法律との整合性を考えるだろうが、現地現場との整合性はどの程度考慮してくれているのか?理想を求めるのはわかるけど、それはあくまでも理想だよな・・・と思うのだが。

ところで、こんな私が今週、社内の労務管理の研修で講師を務めることとなった。相手は、各支店の新任マネージャーたちだ。

明らかに、無茶な人選だろう。

この講義は、直属の上司がこれまでやってきたのだが、急に出張になったため私の出番となった。今日、その内容について指示を受けた後、上司が言った。

「どう?引き受けてもらえる?」

「え?これって、拒否権あるんですか?」

「いや~、拒否されたら他の人を探すしかないけど、・・・でも・・・拒否しないよね?」

なんちゅう頼み方やねん!

|

« 昨日髪を切った | トップページ | とてもいい誕生日だった »

仕事」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ととさん、どんどんなくてはならない人になっていきますね。さすが!
先日弟を見舞ったとき、今後の仕事がどうなるか、という話をしました。再就職をしてまだ1、2年。日給月給だから、出勤しないと給料はない、という。長期休業で退職を勧められるかな、とも。でも当面は無給でもいいから、席を残しておく。そのためには社会保険料の本人負担部分は会社に納付するという意思を早めに伝えておくのがいいね、と言い残して帰ってきた。
それでも、中小企業は無理な解雇をするかしらと、家人に聞くと「疾病により休業中は会社は解雇してはならない」という規定があるから、と。
無給ならいいけれど、給料を支払いながら、休業をしている人を雇い続けなくてはならない企業も大変ですね~。だから、こぞって大企業をめざすのですね。
そして、だから利益をプールしておかなくてはならないのだ、とも。
ともあれ、講師の件、がんばれ!

投稿: 街中の案山子 | 2011.02.01 07:21

街中の案山子さん

弟さん、ご心配ですね。
健康を害したときは、誰でも簡単に弱者になってしまうという現実があり、自分だけは健康でいられるなんて全く思わないので、弱肉強食のような世の中にはなって欲しくないなと思います。

>ととさん、どんどんなくてはならない人になっていきますね

アハハ(*^_^*)
そうかもしれません。本部事務所の庶務業務も一手に引き受けていますので、社用車のリース契約だの名刺の注文だの献血だの関連会社の展示会だの、200人以上いる本部の連中のお母さんみたいです。あ~、忙しい。

>ともあれ、講師の件、がんばれ!

ありがとうございます。
実は今日またまた変更があり、2つの研修で講義をするはずだったのが、ひとつになりました。人数の少ない研修なので、実務の役に立つような講義にしたいと思っています。

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2011.02.01 23:25

タイトルがらみで。。。
年金の3号保険者ってご存知ですよね。夫が給与所得者でなくなったら、妻も3号じゃなくなるから、手続きをしなくてはならないのに、放置していたケースが多くて、役所が対応しきれなくて、今年の1月から、未納2年分を納めると、それ以前の期間について、3号保険者とみなす、というルールになったそうです。
「法律」の解釈なのか、通達によるのか知らないけれど、モラルハザードですよね。きちんと、国民年金に切り替えて払ったひとと、そうしなかった人が同じ給付を受ける仕組みを国がこの1月から履行するなんて!ちなみに長妻厚生労働大臣のときに決まったそうです。
公正なルールであってほしいなー、と、コメントさせていただきました。

投稿: 街中の案山子 | 2011.02.02 12:52

街中の案山子さん

>今年の1月から、未納2年分を納めると、それ以前の期間について、3号保険者とみなす、というルールになったそうです。

そうなんですか。
確か、基礎年金制度が導入されて3号制度が始まったのは昭和61年でしたっけ?最長、そこまでさかのぼるのかな?
だけど、夫が厚生年金を喪失した日時はわかるのだから、2年とは言わず、全期間分払ってもらったらいいのにね。事務作業が増えて、結局税金を使って人を雇うことになるかもしれないけど、それでもそうしなくてはいけない場合がありますよね。

でも、社員が会社を辞めるとき、奥さんの手続きのことまで会社は言わないですから、よくわからないまま放っておくのかもしれないですね。ただ、夫が社会保険を喪失して国民年金に加入したら、市役所から納付状が届くと思うんだけどなぁ。市役所の人も、もうちょっと熱心に保険料を徴収すればいいのに。

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2011.02.02 23:26

2年とは言わず、全期間分払ってもらったらいいのにね。

これは当然なのです。でも、得てして払っていない人は、生活に余裕がないケースもあるだろうから、15万円×10年分なんて、急に言われても無理でしょう。で、コレを未納期間にすると、将来25年間の年金納付所定期間に届かず、無年金者になってしまうのです。
そして、ない人から取り立てるというのは、強制執行にまで行くことになり、今現在の生活ができなくなるのではないでしょうか。
だから、解決策として、この期間を年金カラ期間として、滞納扱いにしないで、でも実際は払っていないので給付金には反映しない、という仕組みにすればまだしも、モラルハザードにはならないのにね。
因みに、私の専業主婦時代は、3号被保険者制度がない時代で、私は国民年金を掛けていなかったので、このカラ期間扱いです。…だから受取る国民年金は正規の3分の2程度です。これは仕組みだから仕方がないと理解しています。
ととさんの労務の仕事に関係ない?のに、余計な解説でゴメン。

投稿: 街中の案山子 | 2011.02.03 07:32

そりゃあ上司さんは、トトさんが断るわけがないと思ってましたよね。うん、うん。
こういうのをトトさんは絶対に断りませんよね。だって、これ以降はその新任マネージャー達にニラミを効かす事ができますもんね。

投稿: cova | 2011.02.03 11:26

私もお昼休みにたまたまついてたテレビのワイドショーで、2年払っただけで、満額もらえる専業主婦の、国民年金の払い忘れについてみましたー。
たしか読売新聞と朝日新聞でもとりあげられたとか?
(どちらもうちの新聞じゃないのでさだかではないが)
で、新聞だったか、キャスターだったか、どちらが言ってたか忘れましたが、
「2年払っただけで満額はありえない。2年払ったことで、全期間払った措置というのはわからないわけではないが、せめて支払った額に応じた年金がもらえるというのでいいのでは?」とのことでした。ほんとです。私もそう思います。おかしいですよね。
このツケ、若い世代の我々にまわってくるのですから。。。。(テレビではミスター年金の長妻さんらしくない制度だって言ってました)。

投稿: ちゃい | 2011.02.03 22:00

街中の案山子さん

いえいえ、関係大有りです。

カラ期間扱いはいいですね。そうすれば、カラ期間を短くしたい人は、しっかり払ってくれるだろうし。
おそらく、そのカラ期間の割り出し(いつから国民年金に加入義務があったのか)を調査するのが手間なのでしょう。事務方は、できるだけ自分たちの負担を減らしたいですから。

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2011.02.03 22:39

covaemonさん

断らないと思ってましたかね?(*^_^*)

実は、講義の予定が一部変更になったとき、上司に「わたしじゃない方がいいと思うんです。」と強く言ってみたんです。そしたら上司は、「ととさんにやらせたいんです!」とさらに強く言われてしまいました。

さて、明日はいよいよその講義の日です。
上手くやれる自信がない…sad

投稿: とと(>covaemonさん) | 2011.02.03 22:44

ちゃいさん

そうですか。この話題、ワイドショーでも取り上げられているんですね。

こういうできるだけ特例は作らない方がいいし、特例ができればできるほど、後の事務処理はますます繁雑になってしまうのに。
制度はできるだけシンプルで、長期間維持できるものがいいと思います。日本の年金制度は、変りすぎなんじゃないでしょうかね?変ることでどんどん複雑になってしまって、普通の人は理解するのも億劫になっちゃう。税の仕組みも同じようなもんだけど。

投稿: とと(>ちゃいさん) | 2011.02.03 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/50742216

この記事へのトラックバック一覧です: 法律は守らねばならないが・・・:

« 昨日髪を切った | トップページ | とてもいい誕生日だった »