« 京都紅葉ツアー2010(その2) | トップページ | 京都紅葉ツアー2010(その3) »

2010.12.25

京都の話はちょっと置いといて・・・

数日前から、大桃美代子さんのつぶやいたひと言が話題になっている。

その件で、麻木久仁子さんのインタビューと大桃美代子さんのインタビューを見た。

あきらかに、大桃さんの方が女としてはイケてるよな~。大桃さんのふっくらした頬や唇に比べて、麻木さんの艶のない髪や薄い唇は、かなり貧相に見えた。

何より、あの開き直り。

離婚していなかったのを知ってて付き合ったのだから、それは不倫だと元妻が言うのは無理もない。確かに麻木さんは、夫婦関係が破綻していると思っていたのかもしれないけど、いきなり弁護士を同伴して、まるで慰謝料請求に備えたかのような抗弁は、いただけない。

ツイッターにつぶやいて騒動を引き起こした彼女の、そうまでせざるを得なかった心境を慮ってあげられたらもうちょっと違う対応になったんじゃないか。

実は麻木さんも、これって不倫かも?くらいには思っていたから、防衛的なインタビューになったんじゃないか?・・・とも思ったり。

そもそも大人の男と女の恋の始まりって、「付き合ってください」「はい、付き合いましょう」じゃないでしょう?多くは。ベッドインの日付は確定できても、その前の微妙な心のやり取りは、もっと前から始まっているのだし、それが大桃さん夫婦の関係に影響しなかったのかと言えば、そんなことはないだろうと思うわけだ。

それにしても、山路さんは、なんで正直にしゃべっちゃったんだろうね。聞かれたからって、正直に言うことないじゃん。せっかくばれずに別れられたのに。

もう時効だって思ったのかな?甘いよな~、まったく。

過去にも書いたことがあるが(参照エントリー:男の浮気、許す?許さない?)、これまでの浮気を告白したって、いいことなんか何一つない。あるとすれば、黙っていなくて済むという男の気持ちの負担を軽減できるくらいのことだ(他の面では辛くなるが)。

大桃さんは、今でも山路さんのことが好きなのかな。好きな気持ちのまま、別れを選択させられたのは、辛かっただろうな。やはり、別れるときには、ドロドロくらいの方がいいのかも。その方が、心を残さずに済むのかもなぁ。

|

« 京都紅葉ツアー2010(その2) | トップページ | 京都紅葉ツアー2010(その3) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

コメント

クイズ番組の大桃さんもクイズの得意な麻木さんも知っているけれど、ええっ、何のこと?
とコメント。今、巷で話題なの?

投稿: 街中の案山子 | 2010.12.26 08:52

ちまたで話題になっているのはなんとなく。

でも、いいじゃん。
どっちも大人なんだし、ほっといてあげても、とも思う。
正直、当人同士が納得できないことがあるのは普通だと思うし、
そのことで、愚痴りたくなるのも普通だと思う。
Twitterは、そんなことつぶやいたりできる場だし、
blogも、よく似たものだと認識しております。

なんにせよ、いかんのは女性二人でなく、男性なだけ。
そこは間違いのないところ。
・・・ごめんなさい。

投稿: さじった | 2010.12.26 09:20

お久しぶりです♪♪

そっとしておいて!と思う反面、やっぱり気になる話題。
何と言っても、女ご両人は、冷静さを装いたいところでしょうが、
結構、本音まる見えという感じですよね。

麻木さんは、やっぱり後ろめたさがあるから、出来れば隠し通したいことだったのでしょうね。
やっぱり弁護士さん連れというのが、危機感たっぷりという証か?

興味津々なのは、自分も同じことをやらかすかも知れないという、
戒め?みたいなものでしょうかね。

何も心配の必要のない、最近のワタクシ。
ちと、さみしゅうございます(*^o^*)

投稿: fufumi | 2010.12.26 11:39

やっぱりととさんが話題にすると思ってました(アハハ)。
この男性、婿養子だったようで、要するにヒモ?
今日になって、麻木さんも別れたのではなくて、ふられたのであって、第3の女がいるとか。。。(それもまた似たような年齢の似たような女性だとか)。
掲示板にも「女性が仕事をセーブしないとこういう不幸になるんだ」って書いてあるのもみちゃったし(そんなの、すっげー言いようだなぁとは思うが)、麻木さんは前の離婚の時も、マスコミに「収入の差が原因だったのでは?」って言われてたし、結局、働く女の魅力=カネなんてことではないのか?と、疑心暗鬼になってしまう私です。
私の友人たちも、離婚率が高くて、その後、ヒモみたいな年下と付き合っている人も多いし。。。
かといって、専業主婦で、夫に浮気され、結局離婚を承諾できない知り合いもいたり。。。(年内に決着がつかず、もめている)。その専業主婦の方に仕事があれば、もっとすっきり早く別れられたのかな?と思う一方で、大桃さんも、専業主婦だったら、慰謝料なしの離婚をすんなり受け入れずに、もっと粘れたのかも?とも思ったり。
娘たちには、将来的にどういう女性になるのがいいのか、考えてしまいます。仕事も稼ぎもほどほどに・・・なのかなぁ?女の幸せって。。。。なんだか複雑です。

投稿: ちゃい | 2010.12.27 22:08

あけましておめでとうございます

投稿: さじった | 2011.01.01 00:39

街中の案山子さん

あけましておめでとうございます。

この話題、その後もいろいろ新しい情報が加えられていたので、もうご存じですよね?(*^_^*)


いや~、口は災いの元と言いますが、ほんとにその通り!と思った出来事でした。

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2011.01.02 23:33

さじったさん

あけましておめでとうございます。

ま、ほっとけばいいことではありますが、そもそもなんでつぶやいちゃったかな~と思いますね。
芸能人に関わらず、こういったことは口に出した途端、自分の思うのとは違う方向にずんずん進んでしまうものですもん。信頼できる人に報復について相談すればよかったのに(逆に怖い?)。大桃さんは、ほんとはいい人なんでしょうね。

投稿: とと(>さじったさん) | 2011.01.02 23:37

fufumiさん

あけましておめでとうございます。

さて、この話題。
わたしが「お?」と思ったのは、三角関係そのものじゃなくて、「大桃さんの方が明らかに女っぽくってセクシーなのに、なぜ麻木さんみたいなカラカラに乾燥した感じの女によろめいたのか?」という点なんですよ~。(麻木さんごめんなさい)

中年男は皆、セクシーで女っぽいのがいいのだと思ってたんだけど、そうでもないんだ!というのがわたしの新しい発見でした。
これはわたしにはいい傾向?(笑)

fufumiさんも、今年は色気のある話、頼みますぞ。

投稿: とと(>fufumiさん) | 2011.01.02 23:42

ちゃいさん

あけましておめでとうございます。

わたしが話題にしそうでした?
いや~すっかりばれてますな(笑)。

女の幸せは、男じゃありませんから、専業主婦でも金稼ぐ人でもどっちゃでもいいと思いますよ。

>私の友人たちも、離婚率が高くて、その後、ヒモみたいな年下と付き合っている人も多いし。。。

こういう人たちも、ちゃいさんから見たら「?」かもしれないけど、めくるめく快楽の世界を味わわせてくれる離れがたいパートナーなのかもしれませんし。(笑)

大桃さんは、結局、まだ元夫に未練があるということなのかな?それは悲しいですよね。
「別れたら次の人」というメンタルを是非、娘たちには持ってほしいと思う母なのであります。

投稿: とと(>ちゃいさん) | 2011.01.02 23:49

あけましておめでとうございます。

①女の幸せは、男じゃありませんから、専業主婦でも金稼ぐ人でもどっちゃでもいいと思いますよ。

②「別れたら次の人」というメンタルを是非、娘たちには持ってほしいと思う母なのであります。

ととさん、一つのコメントに、上記①と②が並存するのは、ととさんの世界?(笑)
キャパシティ大きく育てているのですね~。この並存で、いいのだ、とやっと近頃思うようになりました。遅かったー!表面的おりこうさんをやっていたような気がして、自戒、です。

投稿: 街中の案山子 | 2011.01.03 01:20

街中の案山子さん

>ととさん、一つのコメントに、上記①と②が並存するのは、ととさんの世界?(笑)

↑あれ?変でした?(汗)

女の幸せに男は必須じゃないと思うんだけど、あって困るものじゃないし、適度な刺激にもなるし、できれば男もいたほうがいいな~っていう感じです。

キャパはどっちかというと狭い方で、いつもガミガミ言ってます(汗)。
でも子供が言うには、「お母さんは怒るポイントが人とちょっと違う」んだそうです。(これはいいのか悪いのか?)
自分としては、めっちゃ優等生気どりなんですけどね。

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2011.01.05 20:35

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
さて、上のととさんのコメント、なるほどーとおもいました。
女の幸せは男だけではないけれど、男がいないのもさみしいし。。。
今年の年賀状で、還暦を迎えた上司(女性)が、ご主人を亡くされてから、同窓の先輩と再婚されたとご報告があり、「女性ってたくましく生きていけるんだよな」と感心しました。私もそうありたいです。うんうん。

投稿: ちゃい | 2011.01.06 14:19

ちゃいさん

そうですか~、再婚ですか。

でもわたしだったら、もう二度と結婚はしないですけどね。恋人は欲しいですけど、オットはいらないな。
できればウンと年下がいいですね~。(まずあり得ませんが)(苦笑)

投稿: とと(>ちゃいさん) | 2011.01.08 21:45

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都の話はちょっと置いといて・・・:

« 京都紅葉ツアー2010(その2) | トップページ | 京都紅葉ツアー2010(その3) »