« 今日、申請したのに~ | トップページ | 対戦終了のその後 »

2010.09.16

新卒定期採用~高校生就職試験解禁

高卒の採用試験解禁、就職戦線今年も厳しく

 来春卒業予定の高校生に対する企業の採用試験が16日解禁され、全国各地で面接や筆記試験が始まった。

 今年は昨年同様に厳しい就職戦線になることが予想され、高校生は緊張した様子で試験に臨んでいた。

 高校生の採用試験は、就職活動が学業の支障にならないよう、日本経団連など経済団体と全国高等学校長協会の申し合わせにより、毎年9月16日に一斉スタートすることになっている。

 東京・足立区の電気工事会社「藤谷電設工業」では、高校生7人が午前中から面接に挑戦。志望動機などを面接官に説明し、懸命に自分をPRしていた。

 厚生労働省によると、今春卒業した高校生の求人倍率(昨年7月末現在)は0・71倍と、4年ぶりに1倍を割っていた。同省は近く、今年7月末現在の求人倍率を発表する予定だが、これまでのサンプル調査では、求人数が昨年同時期(約13万5000人)よりも減少する見通しとなっている。

 同時期の求人倍率は2002年の0・50倍が過去最悪だった。同省若年者雇用対策室は「過去最悪の更新まではいかないが、円高の影響などで製造業を中心に採用は低調。昨年より悪化する可能性がある」としている。

(2010年9月16日  読売新聞)

そうだ。今日は、高校生向けの新卒定期採用試験の日だ。

連日夜9時過ぎまでの残業続きだったが、今日は、この採用試験でめいっぱい疲れてしまい、終了してそのまま直帰したわたしだ。

今年は、例年の半分以下の採用予定数で、指定校を絞ったため応募者が少なく、来てくれた学生さんは皆、たいへん素晴らしい子ばかりだった。

ニュースを見ると、高校生の就職も厳しいらしい。

夢を持って社会に出る若い人たちに、社会が職を用意できないなんて、なんてむごいことだろうと思う。総理は、「一に雇用、二に雇用、三に雇用」と言っていたが、企業も生き残りをかけている。簡単に人件費を増やすわけにはいかない。

新卒者の雇用を守りたいなら、年金支給年齢を60歳から65歳へ引き上げなければよかったのだ。企業に、延長雇用や継続雇用を求める一方で、新卒者も採用しろなんて勝手な言い分だ。

企業は、そう簡単にはリストラはしない。そんなことは、できない仕組みだ。採用した人を簡単には解雇できない仕組みの中で、採用だけを推し進めるわけにはいかないと考えるのは、自然な流れだろうと思う。

だけど、うちはもうちょっと採用できたんじゃないかと悔いが残る。

目先の数字しか見ない経営陣の言いなりになって、極端に採用数を絞った上司にガッカリしている。採用は、極端に振れない方がいい。数年後、彼らが中堅の働き盛りになったとき、そのツケを払わされることになるのは、目に見えている。

来週、追加募集を提案してみるとするか・・・。

|

« 今日、申請したのに~ | トップページ | 対戦終了のその後 »

ニュース」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

コメント

ととさんの会社、採用人数の増減のニュアンスを想像すると、大きいんですね~。そして、ととさんの発想、健全ですね~。
本当に、職を求めている人の希望がかなえられないって、悲惨ですね。給料のダウンサイズをしたらいいのかしら。若い人が不安定な雇用で社会生活をスタートしなくてはならないって、気の毒です。
是非、上司に提案して、優秀な新人をゲットしてください。

投稿: 街中の案山子 | 2010.09.18 11:38

街中の案山子さん

従業員数は、確かに多いかもしれませんね。でも売上規模からみた会社は、しょぼいです(笑)。

給料のダウンサイズは、つらいですね。社員のモチベーションも下がるでしょう。

例えば、55歳以上の人の給与所得に思い切って高い税をかけたらどうかな~?55歳までに蓄積した能力を活かして、独立してもらうんです。その場合の税率は、思い切って低くして、能力のある人にはできるだけ起業してもらう。そうすればその人たちは定年もないし、もし会社が大きくなったら、新しい雇用主にもなれるし。

そういうルールが見えていれば、それに続く世代も、独立を見据えた自分の能力の蓄積もできるんじゃないかと思ったり。もちろん独立しなくてもいいんです。高い税を払ってもサラリーマンでいるという選択肢を残しておけばいいわけだし。

ま、こんなに大胆なことはできないでしょうけどね。

来週、上司に言ってみますね


投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2010.09.18 23:00

起業。そんな、エネルギーを抱えた人を何人も見てきています。会社を作るお手伝いをしたこともあります。
でも、殆どの場合、つぎ込んだ退職金を失って、会社は店じまい状態。銀行借り入れした人は、破産、というケースも多々。うまくいくって、難しいのですね~。けど、万に一つの上手くいく可能性を夢見て、起業するのでしょう。
高給で、組織に残り続ける人。そっちの税率アップ。というか、昇給の頭打ち、がいいかも。
管理職で高給とっていることにかかるコストを減らすのは、シュミレーションとしてはいいのだろうけれど、「ウチの人は、大企業の管理職で…」なんて、高収入当然の暮らしをしている奥方さんには、寝耳に水で、受け入れられないでしょうね~。
高収入に見合った生活をしてきているわけですから。

投稿: 街中の案山子 | 2010.09.19 08:21

街中の案山子さん

わたしがイメージしてる独立って、いわゆる『脱サラしてラーメン屋』みたいなのじゃなくて、例えば、車の営業マンが自分の顧客や営業テクを持って独立して、ディーラーと業務委託契約する・・・みたいなことなんです。そしたら大きな投資はいらないし、企業も本人もおおきく環境が変わるわけじゃないし、力のある営業マンならできるんじゃないかって思うんですよね。55歳になったら給与所得にかかる税金をたくさん取るということにすれば、思い切って自分の営業力を売り込もうって思う人もいるんじゃないかな?企業も固定給から成功報酬に変わることで、経費も削減できたり、他のディーラーから優秀な営業マンを引っ張ってこれるかもしれないし、面白い展開が生まれるかも?って思うんですけど。
ま~素人の考えですから、所詮、机上の空論でしょうがね(^-^;

奥方の問題はあるかもしれませんね。
でも、夫婦の気持ちが離れがちな年代に独立することで、改めて夫婦で協力する楽しさを感じる奥方もいるかもしれないし、案外、優秀な経理担当になるかもしれませんよ。それがイヤなら、熟年離婚かなぁ~?

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2010.09.19 22:46

そういうパターン、多いですよ、と、いいたくなっちゃいます。(笑)
自分の力を信じて、飛び込むのです。会社での処遇は、自分の功績に見合わない。自分ならもっと大きな仕事を…と。でも、会社の中に居たときは、「それなりの会社」という信用があったから、聞いてもらえたのであって、「えっ!世の中はこんなに違うのか」と、自分でお金を稼ぐ大変さを実感なさるのではないでしょうか。それでも、みんなバリッと元気よく、がんばっいる風を装って、歯を食いしばっている起業独立した人たち。貧すれば貪するにならないで、チャンスを掴めたらいいのだけれど、世の中そんなに甘くない。
ああ、先日、退職したひとが長年やってきた分野の会社を立ち上げて、その人を信頼して、その新会社に業務発注していました。

投稿: 街中の案山子 | 2010.09.20 07:58

こんにちは。
コメント、TBありがとうございました。

旧ブログタイトルを見て、以前お邪魔していやような気がします。(一時中断していたりしたので、記憶が曖昧で…)

『簡単に就職なんて言わないでください』これが進路指導の先生の保護者に向けた言葉です。
雇用を促進する為に、何が必要か? 総体的に考えていかないと、プラスには動かないような気がしますね。

投稿: ELK | 2010.09.20 14:55

街中の案山子さん

そういうパターン、多いですか?知らなかった。
企業名を看板にしての営業と、個人での営業は確かに違うでしょうか、個人事業主といってもそのままその会社で営業するのであれば、顧客にはわからないことでしょうし、上手くいくと思うんですけどね。

>退職したひとが長年やってきた分野の会社を立ち上げて、その人を信頼して、その新会社に業務発注していました。

この方は、完全に新しい会社を立ち上げたのですね。
そうなると、本当の実力が試されますね。でもきっと上手くいくことでしょう。なんてったって街中の案山子さんが信頼してる人なんですもの。
がんばれ~♪

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2010.09.21 23:38

ELKさん

そうですね。以前、コメントさせていただいたことがあると思います。ごぶさたしておりました。

高校生の就職は、チャンスが何回もあるわけじゃないので厳しいなと思います。かといって、大学生が楽というのでは、決してありませんが。

大学生たちも30~50社くらいは受けるようです。ま、たいていはESで落とされるのでしょうけど。

若い人が充分な収入を得られないことは、社会の再生産の循環を途切れさせてしまうことにつながります。なんとかしなきゃいけないんですが、ブレークスルーはなかなか見つかりませんね。

投稿: とと(>ELKさん) | 2010.09.21 23:43

ウチが発注していた若い会社(会社定年退職後立ち上げ)。ウチからの仕事が終わって、多分、次、仕事激減でしょう。でもたまたま、こんな仕事をした、という実績は残るわけですから、細々とでも存在していくのではないでしょうか。年金もあるだろうし、細々OKでしょう。
そして、実は去年リフォームしたとき、40代社長の有限会社に依頼したのです。数ヶ月前に、壁紙はがれた部分があるので、至急ではなくても直してください、と電話したのですが、会社の電話が繋がらず、携帯でようやく連絡が取れました。あっ、(会社が)上手くいっていないんだ!と想像。そして、ハイ、簡単に直せますので伺います、との返事だったのに、いまだに連絡なし。多分仕事がなくて、内装の下請け業者を直ぐに回せないのだな、と想像しています。独立してがんばろうとしている、と思って、大きい会社であることに拘らなくて、若い経営者を信頼したのですが…。
そんなものです。あー、ウチの壁紙がーー。

投稿: 街中の案山子 | 2010.09.22 06:53

街中の案山子さん

あらら~(^-^;
それはいけませんね~。

家って長く使うものだから、施工業者にも長持ちしてもらわないと困るけど、そういう業者に限って浮沈が激しかったりして、上手くいきませんね。

だけど、そういうときクレーマーになる人と、困ったなと思いつつ相手を思いやる人がいて、わたしは後者になりたいです。昨今は、なんでも言えばいいと思っている輩が多くて、日本人の美徳はどこへいったのだろうと思います。
駅員に暴力をふるう人、店員に罵声を浴びせる人…自分の姿を眺めてみるといいのに。(すみません、完全に愚痴になっちゃいました)(汗)

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2010.09.22 23:24

もう一回書くね。
リフォーム業者は3社から見積もりを取って決めました。10年前の業者は、2年ほどで塗装がハゲハゲになって見苦しかったのを、我慢して凌いでいたことを話すと、塗装の下処理が悪くて剥げてきたのだから、業者に言えば、業者は直しますよ、なんて会話もしていました。ウチは絶対直しますので、遠慮しないで言ってくださいね、と。そのときの台詞は真意だったのだと思います。一生懸命でしたもの。でも、次々と受注がなければ、真面目でも事業は傾きます。で、我が家の「手直しお願い」に対応できなくなっているのだな、と想像しています。

投稿: 街中の案山子 | 2010.09.23 07:21

街中の案山子さん

個人事業主はなかなかたいへんですね。

おおきな会社に発注しても、実際に工事をするのは、小さな業者なんだけど、間に大手が入ることの安心感がありますね。その分、費用はかかってしまうけれど。

もう一回、電話してみたらどうかな~?

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2010.09.23 23:04

そうですね。1回電話しただけ。それも、40センチぐらいですから、直ぐでなくてもいいですよ、な~んて、ゆるい言い方をしたし…。
でも、以前のリフォームのときの、塗料ハゲハゲは酷かった! ま、このハゲハゲがみすぼらしくて、泥棒除けになっているのかも、なんて解釈していました。
クレーム言うの下手なのです。

投稿: 街中の案山子 | 2010.09.24 23:22

街中の案山子さん

クレーム言うのは、下手で構いませんって。
品格を疑うようなクレーマーがうじゃうじゃいますけど、どうせ人はいつか死ぬのですから、ちょっと損するくらいま~いいか・・・と思える人になりたいです(笑)。

世界のクレーマー中国人を見てると、ぞぉ~っとします。
ああ、わたし日本人でよかったわぁ(*^-^)

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2010.09.25 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新卒定期採用~高校生就職試験解禁:

» 今年も厳しいな〜 高校生の就職 [ELKのティータイム]
あ〜、今年も9月16日が来た〜{/dododo/} 高校生の就職採用試験が解禁される。 今年も厳しい!就職戦線…高校生の採用試験解禁(読売新聞) - goo ニュース 来春卒業予定の高校生に対する企業の採用試験が16日解禁され、全国各地で面接や筆記試験が始まった。  今年は昨年同様に厳しい就職戦線になることが予想され、高校生は緊張した様子で試験に臨んでいた。  高校生の採用試験は、就職活動が学業の支障にならないよう、日本経団連など経済団体と全国高等学校長協会の申し合わせにより、毎年9月16日に一... [続きを読む]

受信: 2010.09.20 14:46

« 今日、申請したのに~ | トップページ | 対戦終了のその後 »