« 半身浴読書~140~ | トップページ | あれってさくらなんじゃないの? »

2010.09.05

半身浴読書~141~(ネタばれあり)

515gk5rz8bl__sl500_aa300_ 『幻夜』 / 東野圭吾、読了。

知らなかったのだが、この作品、テレビドラマ化されるらしい。WOWWOWで、11月21日スタートとのこと

初めに、ご注意!
ネタばれには、注意して書くつもりですが、完全にネタばれなしで書けないと思うので、ドラマを見ようと思われている方は、ここで引き返してください。

    

     

     

この作品、ひとことで言いますと、『稀に見る美女が、スケベな男たちを上手く利用して、自身の野望を遂げる話』です。

なんとなく読んだことあるなぁ~この展開・・・そうだ!白夜行(半身浴読書~41~)だ・・・と思いながら読みましたね。あとでネットで紹介記事なんかをみると、『白夜行』の続編らしい。やっぱりね~。連続して読んだ方がいいらしいので、未読の人はぜひ。わたしは、『白夜行』の記憶が薄すぎて、エピソードがつながらなかった。残念。

作品はほんとに面白くて、白夜行のときと同じように、寝る時間を削って読みましたが、結末がね~(ションボリ)。わたしには、あの終わり方は、あまりにも救いがなくて読後感は良くなかったな。

ま~それにしても、男は美女がお好きなんですな。(呆) 美女に言い寄られたり、ピロートークでおねだりされたら、いちころですわな。

もちろんこれは、小説の中でのことなんですが、東野さんはきっとこういう女性に騙されてみたい願望があったりして?と勘ぐってしまったわたしである。

結末に救いがないと書いたけど、主人公の悪女・新海美冬の将来は、決してハッピーじゃないと思えるのが、唯一の救い。そう思わなきゃ、徹底的に利用される水原雅也が浮かばれない。そう思うくらい、水原雅也はいい男だった。

|

« 半身浴読書~140~ | トップページ | あれってさくらなんじゃないの? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/49361577

この記事へのトラックバック一覧です: 半身浴読書~141~(ネタばれあり):

« 半身浴読書~140~ | トップページ | あれってさくらなんじゃないの? »