« 失敗なんて数え切れない | トップページ | いよいよ目がいけん »

2010.07.18

『イヤなことは後回しになる』の法則

仕事にせよ、家事にせよ、親戚とのお付き合いにせよ、イヤなことは後回しになりがちなととです、こんばんは。

みなさんは、そんなことないでしょうか?イヤなこと、面倒なこと、したくないことが、ついつい後回しになってしまったりしませんか?(わたしはします)(めちゃめちゃします)

できる女っつーのは、そういうことからパパパッと片付けちゃうもんなんだろうけどさ。わたしは、できる女じゃないもんで・・・(と、開き直り)

こんなわたしの今の課題は、【車の購入】だ。

わたしは、全然車に興味がないので、そもそも買いに行くことが面倒くさい。選ぶにしても基準がないし、性能や価格の評価ももちろんできない。誰か、親切でわたしのことをよくわかってる人が、「はい、買ってきたよ」と持ってきてくれるといいんだけどな~。

9月末にはエコカー減税がなくなるらしいので、それまでには何としても買わなければ・・・。締め切りが決まってしまったので、そろそろ慌てているわたしだ。

今の車を買うときは、オットに「今から車買ってくるわ~」と言って出かけようとしたら、「お・おいcoldsweats02 大根買いに行くんじゃないんだから」と慌てさせたわたしである。

それよりも、かなり古くなってしまったダイニングテーブルを新調したいな。これなら手間暇かけて、お気に入りを探しまわるんだけどな。

いいや、だめだめ!

これ以上後回しにはできないんだから。頑張れ!わたし。

|

« 失敗なんて数え切れない | トップページ | いよいよ目がいけん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

後回しにする人(^o^)/ハーイ

どういったことに使用するのかとか、
予算がいくらぐらいなのかとか、
さっぱり分からない中でお勧めしときます。
新しいマーチなんていかが?

投稿: さじった | 2010.07.19 08:09

毎日が後回しの連続ですよ。全部を後回しにしようとするから何にもしないで過ごすこともあるくらいです。
私も車に関しては同じ感情持ってます。夫が決めて、私はただ賛成したでけダッタので簡単でしたが、これが駄目になったら車は買えないでしょう、きっと。
運転を諦める時まで付き合ってくれないかなアと密かに願っているのです。

投稿: serena | 2010.07.20 11:48

さじったさん

マーチですか。
akkoも、マーチがいいって言ってましたが、結婚してから一番初めに乗った車がマーチだったので、もういいかな~と思ったりしてます。
ちなみに今は、イプサムに乗っていて、同じくらいのスペックか、もうちょっと下もありかな?って思っています。

インサイトとか、フィットとか、ウィッシュとかベリーサとか・・・そういう車種が近いんでしょうかね?
さっぱりわかりません。

今週末、出かけようかなぁ~。でも面倒だなぁ。

投稿: とと(>さじったさん) | 2010.07.20 22:56

serenaさん

serenaさんも後回しにします?
さじったさんもそのようだし、意外にこういう人は多いのかもしれませんね。

車に関しても同じなんですね~。なんか嬉しいわぁ。
うちは、オットが免許を持ってない希少種なので、わたしが選ぶことになるんですけど、運転しない割に文句は言うので(お金を出しますもんでね)、これもまた面倒くささに拍車をかけています。

でも、そろそろ本気出さないとね(汗)

投稿: とと(>serenaさん) | 2010.07.20 22:59

プリウスだともう間に合わない(減税はまにあっても補助金は9月までに登録しないといけないので)みたいですね。。。。
実は1年前にウィッシュを買って、毎日乗っている私ですが、やあ、すでに3か所こすってます(止めてあった自転車、壁、学校の花壇)。。。
で、1年前はフリードとストリームと迷いました。今だったら、スパイクも後ろに自転車とかが乗るし、いいかなと夫も私も思ってます。
もうちょっと小さくてよければフィットでもいいのかな。ベリーサは値段が高かった。
メーカーによって値引き率が全然違いますねえ。それが決め手だったかも。。。
とにかく「親が来た時に7人乗れたほうがいい」のと「子供の補助輪の練習のため、小さい自転車2台が乗る」というのが条件だったので。。。
ちなみに、後部座席を座席として使ったのは、親がきたとき1回だけ。あまり意味はないかも。

投稿: ちゃい | 2010.07.20 23:34

そうそう、追加で。
ザ・サンデーという、宮根誠司が出ているニュース番組で、例の、クレジットは年収の1/3までっていうやつがやっていて、あれって、専業主婦は、夫の年収証明と、夫の同意書と、夫婦の証明の3点を提出せねばならず、それが面倒なのと、人件費がかかるからと、ほとんどの会社でやっていないのだとやってました。
で、専業主婦はカードで借りれる限度額がいきなり0円になっちゃっていると。
番組では、生活費カツカツで、夫も働いているからそれが言えず、困っている・・という家庭が映ってました。後日、先に寝た夫に教えたところ、「そんなの、言えばいいじゃん、言えないのは『生活費もっときりつめろ』とか言われたくないからだろ」と。
まあ、家庭によってもそれはそれぞれなので、夫が正論かどうかはわからないのですが、番組では「この法律のせいで、さらに高金利の消費者金融に借りたら、元も子もない」とやっており、「セーフティネットで相談できる機関や、自治体が貸し付けるなどの、対策も必要」とやってました。

投稿: ちゃい | 2010.07.20 23:39

ちゃいさんの夫さんのおっしゃるとおり、だと思います。だって、「借りたら返す」必要があり、その返済金は自分の収入がなくて夫のお金になるわけだとしたら、「内緒」ではありえないのではないですか。
自治体が貸し付けて、焦げ付けば税金で負担すればいいと宮根さんは想定していらっしゃるのでしょうか。宮根さんの司会を見たことがないわけではありませんが、カメラの向こう側の今時の時間帯にテレビを見ているミセスをイメージし、かつ視聴率でテレビ局に報いなくてはという発想(しかない)の人ですね。
宮本常一という民俗学者だったかの本で読んだことがありますが、昔の女性はへそくりをしたそうです。
農業や家事労働で働いても現金収入のなかった女性は、まとまったお金を用意するにはへそくりしかなかったのでしょう。なんのためのへそくり?それは自分の葬式代だったそうです。
昨今の、お金がないとクレジットで欲しいものを手に入れる社会と隔世の感がありますね。

ととさん、横道反れコメントでゴメン。

ワタシも、面倒なこと後回し、のタイプです。
あっ、今も、家事を後回しにしていますし・・・。

投稿: 街中の案山子 | 2010.07.21 07:47

ちゃいさん

今日、会社の近くでマツダの展示会をしていたので、昼休みに行ってみました。
でも乗れたのは、デミオとプレマシーだけだったからあまり参考にはならず・・・
で、いろんな車が載ってるカタログをもらってきてakkoと見ながら「アクセラのセダンがいいね~」と話がまとまりました(今のところはね)。オットは相変わらず、「ベリーサがいい」と主張。「お前らは、趣味が悪い」と一喝されました(汗)。

エコカー減税よりも、補助金のほうが問題みたいですね。政府に原資がなくなったら、9月末までに納車できても、補助金もらえないみたいです。普通車で10万円ということなので、これは急がねばなりません。

来週あたりホンダに行ってみようかと。フィットとかインサイトとか見てきます。
わたしも1年前、車の買い替えを考えていて、ストリームにするかウィッシュにするかで迷ってたんだけど、オットがわたしを怒らせたので「もう買わない!」と拗ねて購入を見送りました。今回は、今の車をおねえに譲ることになりそうなので(今、やっと仮免まできました)なんとしても買いたいと思っています。

それから、専業主婦の借金の話ですが、わたしも夫さんと同意見です。そもそも生活のために借りるなんて言いながらも、実は食べるものに困って借りる人の比率は、そう多くはないと思うんですよね。収入に見合った生活をしていないことが、借金の原因だったりしないかな?

ただ、今は金融機関でお金をおろすとき、自分のお金であっても土日は手数料がかかるので、すぐに返せるならキャッシングのほうが手数料が安い場合もあって、お金をおろし忘れたときなどは便利なんですけどね~。出先で思いもよらない出費があったときとかも。
専業主婦は、キャッシュを持ち歩かないといけない時代になるのかしら?(笑)

投稿: とと(>ちゃいさん) | 2010.07.21 22:40

街中の案山子さん

宮根さんが言ってた「行政への相談」は、お金を借りる相談という意味じゃなく、生活に困っているのなら利用できる行政サービスがあるので、相談してくださいっていう意味だと思いますよ。
雇用保険制度や、健康保険制度には利用できるお得な仕組みは意外にいろいろあるし、そういうことって一般には知られてないことも多いから。
『生活費に困ったからすぐに借金』という発想を止めようよ…ってことじゃないかと思いました。

でも、あの時間帯って難しいんじゃないでしょうかね。だって宮根さん、全然冴えないもん。昼間の番組では、もっと生き生きと楽しげで、実際番組も面白いのだけれど、あの夜の番組は全然面白くない。前の番組も面白くなかったけど、あの時間帯でおおいうワイドショーは難しいのかもしれませんね。

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2010.07.21 22:49

マーチいいですよ。でもやなら仕方ない。

フィットかぁ。うーん。
ストリームの5人乗り(4人乗りだったかも)が
中が広くてよいらしいです、ハイ。
聞いた話なのでどうか確認してみてください。

投稿: さじった | 2010.07.22 00:10

「利用できる行政サービス」を結構知っている立場で、困っている皆さんには勧めています。けれど、困っている人に、さらに「自治体が貸し付けるなどの、対策も必要」では、負担が加算するだけで、抜本的な方向ではない、という意味です。

そして、そうですね~。たまたま一、二度見ただけで、意見など言う立場でもないし、見なければいいだけですが、テレビ局の立場もキツイのでしょうね。

投稿: 街中の案山子 | 2010.07.22 07:21

追加でもう一度。
「主婦が借りるのは生活のためか、否か」ですが、答えは「生活のため」だと思います。病気、交通事故とか、冠婚葬祭、遊び(ギャンブル、贅沢品の購入)、子供の学費、その他諸々の、「当然それぐらいは…」という出費があって、蓄えを吐き出し、不足は借金で補ったりすると、返済が始まるわけです。そんなときにボーナスカットや、残業なしで夫の収入が減ると、生活費に困る、という状態が発生します。それでも返済はきっちりしないといけません。で、生活費を返済にまわしてでも、取立てが怖くて、返済する。食べるものにも困る、でスーパーの買い物はクレジット払い。返済額がますます多額になる・・・、こんなパターンが考えられます。
夫さんが、不安定な商売をしていたり、安定した企業でない場合、背に腹は変えられず、で、頭を抱えてしまう状態に陥っているのです。
だから、切羽詰まった段階では「生活のため借りる」がおおくなるでしょうね。

投稿: 街中の案山子 | 2010.07.22 07:40

さじったさん

ストリームに5人乗りがあるのですか。知らなかったです。
明日あたり、販売店に出かけてみようかと思っているのですが、あまり暑いと出かけたくなくなるので不安です。

投稿: とと(>さじったさん) | 2010.07.24 23:40

街中の案山子さん

貯蓄が十分でないなか、確かに病気とか給与の減額とかあると困るでしょうね。傷病手当金もすぐに入金されるものでもないし、給与の減額に至っては、補填してくれるとことなどないでしょうし。

やはり、家計の運営もきちんと予算を立てたり、いざというときにすぐに使えるキャッシュを持っておくことは大切ですね。家のローンなど、長期的な返済の場合は、楽観的な計画は立てないほうがいいでしょう。ですが、売りたい側は、甘めに計画を立てて、より高価な物件を進めるでしょうから、そこのところの見極めができるかどうかが、賢い消費者がどうかの分かれ目です。

幼馴染の男性が離婚したのですが、その理由が奥さんの借金。その男性は、一部上場の超有名なゼネコン勤務で、その年齢にしては結構な高給取りでしたが、専業主婦の奥さんは3人の子供たちにブランド品の子供服を着せ、もちろん自分もブランドバッグを持つ…といった生活でした。借金がそれを可能にしてたんですね。一度目は、男性の親が援助して返済したらしいですが、二度目は離婚になりました。

今だったらこんなことにならずに済んだかもしれませんけどね~。でも、そういう奥さんだから、他の面で駄目だったかもしれませんがね。

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2010.07.24 23:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/48910329

この記事へのトラックバック一覧です: 『イヤなことは後回しになる』の法則:

« 失敗なんて数え切れない | トップページ | いよいよ目がいけん »