« 『イヤなことは後回しになる』の法則 | トップページ | 半身浴読書~138~ »

2010.07.21

いよいよ目がいけん

先日、眼科でこっぴどく叱られて(参照エントリー:『眼科で叱られる話』)、今も引きずっているととです、こんばんは。

こう見えても(見えてないけど)意外に繊細で、もうあの眼科には行きたくないと心が拒否しているこの頃、世にもおぞましい老眼が確実に進行中で、コンタクトレンズをして仕事をしていると、気分が悪くなってくるのであります。

どうやら左右の老眼の進行度合いが相当違うようで、遠くを見るときは全く問題ないのだけれど、近くを見るときや文字を書くときに、単純に見えにくい+焦点が定まらないという二重苦で、ついに今日は、やり残した事務仕事をほっぽらかして帰宅してしまいました。

いよいよ、目がいけませんわ~。

白髪もあまりないし、中年体型だけど上手く隠しているし、おねえのことを連れ子だと思う人もいるくらい若く見られるわたしだけど、実年齢には逆らえない悲しい現実。

作戦としては、緩めの度でコンタクトレンズを作り、車の運転をするときには、その上に眼鏡をかけるという線で検討中。

しかしその前に、眼科を変えるという問題を解決せねばなりません。

|

« 『イヤなことは後回しになる』の法則 | トップページ | 半身浴読書~138~ »

仕事」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

前と違う眼科に行きましょう。ええ。
もしかしたら、遠近両用コンタクトでもいけるかもしれませんよ(合わなかったんでしたっけ??)
いろいろと相談にのってもらってくださいな。メガネでもよし、コンタクトをゆるめにつくってメガネ?うーん。その手もあるのかな?
そういえば私、そろそろ白髪染めしなきゃ。。。。そんなに多くはないはずなんだけど、同僚の頭を見るたびにふと思い出します(失礼)。
前記事コメント、うちの夫が意外と(?)正論を言っていることに気が付けて、収穫でした。っていうか、よく考えたら当然のことなのか?ま、たまには褒めとこ。
車はディーラーに在庫を聞いてみて、場合によっては急いだほうがいいかもしれませんね。

投稿: ちゃい | 2010.07.21 23:19

ここ数年、ずっと目で悩まされています。眼鏡も、目薬も打つ手なし。目医者も複数。朝から目がぼやけています。老化とはこういうことかと思い知らされつつあります。根を詰めるとてきめんです。要するに仕事をしなければある程度はOKなんです。そろそろ退職しなさいという天の声のような気もしないでもないです。でもねえ、都合というものがありますよね。マッサージ、眼鏡、目薬、蒸気でアイマスク、色々使ってしのいでいます。もちろん、昼寝も(^o^)

投稿: さなえ | 2010.07.24 09:49

一度書いたかしら。
高校時代から左右の目の度が違うのです。片方がみえるので、メガネもコンタクトもなく生活してきました。で、最近は、この良く見える目が老眼になって、手元がぼやけます。老眼鏡が近くにないときは、グッと近眼の右目を近づけると見えるのです。
但し、すっごい近づけないと焦点は合いません。ということは、コレまでのウン十年は、見えるほうの片目だけを使っていたということでしょうか。
これで、よく遠近が判ったと不思議、というか、両目で見ていた人と、遠近感の感覚が違っているのでしょうか?
老眼鏡がないときに、急遽活躍することになった右目の視神経、コレまで開店休業状態だったから、急遽呼びだしがかかって、活発化するのかな、とも思わないではありません。
変でしょ。右目、左目で、遠近両用です。
おかげさまで、無精者には、助かっています。

投稿: 街中の案山子 | 2010.07.24 22:37

ちゃいさん

ご主人様、たまには褒めてあげてください(笑)。

眼科、やっぱり変えていいですよね。ちゃいさんにそういってもらえると、勇気100倍です。

車に眼科にダイニングテーブル、ああ忙しい~ι(´Д`υ)アセアセ

投稿: とと(>ちゃいさん) | 2010.07.24 23:31

さなえさん

さなえさんも目が弱いのです?
視力が弱い?それともトラブル持ち?

わたしは、視力も弱いし、目に症状が出る病気持ちだし、ほんとに弱ってます。頼りの眼科医ともうまが合わないし。

わたしも仕事で文字を書かなければ、大丈夫なんですけどね。
バーゲン行かなきゃいけないので、まだ引退はできないです(笑)

投稿: とと(>さなえさん) | 2010.07.24 23:34

街中の案山子さん

左右の視力が違うと、気持ち悪くないです?
長年そうだったから、慣れちゃったんですかね。これも人間の進化なのかしら?(笑)

親が老眼になって、本を遠ざけて読むしぐさを見たとき「年寄りくさいな~」と思ったものですが、わたしもきちんと同じ道を辿っています。

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2010.07.24 23:39

こっちにも、書かせてね。
左右で遠近両用のコメントで訂正です。近視の目は左目でした。
デネ、またまた不思議。私は子供の頃からずっと、「趣味は絵」のタイプ人間なのですが、最近は風景画をサラッと描くのが好きというか、楽です。
そう、遠近のある風景を画面に納めるのが心地いい、タイプです。不思議ですよねー。理屈上は片目だと、遠近感を捉えにくいハズですが、多分絵はどうも・・・、という人より、マシだと思うのです。
コレって、何?
一つの目でも、遠近を理解できるように進化しているってコト?
イヤ、もし両目だったら、もっと上出来の絵が描けるってコト?(笑)

投稿: 街中の案山子 | 2010.08.01 06:50

街中の案山子さん

絵、お上手ですよ~!
ときどきブログにアップされているスケッチを見て、羨ましくてしょうがないです。
わたしは絵が超苦手で、会社の後輩にも「ととさん、人前で絵を書かない方がいいですよ」と言われたくらい(汗)。

両目の視力は同じですが、遠近感を表現できません(;ω;)

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2010.08.02 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/48941166

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ目がいけん:

« 『イヤなことは後回しになる』の法則 | トップページ | 半身浴読書~138~ »