« 半身浴読書~135~ | トップページ | お金のニュースでオットに感謝 »

2010.06.19

意地悪はできなかったけど・・・

意地悪してやる(参照エントリー:『どうせわたしは、事務作業員ですよ!』)と息巻いていたが、そもそも意地悪遺伝子を持ち合わせていないため、なんだかんだ言って上手くやっているヘタレは、このわたしです。

新しいメンバーが合流して約2か月が経過したが、その彼女のあまりの要領の悪さに閉口している。仕事量は、正直ほとんどないとわたしには思えるのだが、要領が悪い故、暇を持て余すこともなく、それどころか残業までして毎日を過ごしている彼女。

それでも頑張ろうという気持ちは伝わるので、少しずつ教えながら仕事をしている。

しかし、昨日からあまりにも仕事が進まないので、教えるのが面倒になって自分であちこちに電話して、段取りをつけてしまった。

そして今日。昨日わたしが指示したようにやるのかと思いきや、なかなか手をつけようとしない。

あ~イライラする!

「あのね、こういうことはあまり時間をあけずにやってしまったほうがいいよ。午前中には、内容を固めないと間に合わないよ。そんなにのんびりしてて、間に合うの?」

やや詰問調になってしまった。

午後になり、できた資料を見てくださいと持ってきたのだが・・・。読むなり吹き出してしまった。

「あのねぇ~・・・・あなたって、話すように書くのね~(呆)」

人に読んでもらう文章が、あまりにも話し言葉過ぎて笑うしかない。

そんなこんなで、A4サイズ3枚の資料(正確には、2枚と別紙)を作るのに一日かかってしまった彼女だ。それに付き合ったわたしも、今日は仕事が捗らないこと、このうえなし。

帰り際、彼女に言いました。

「正直に言うけど、あなたって要領悪いよね。」

「あ・・・・」(泣きそうな顔)

「慣れてないから仕方ないし、遠慮もあるのかもしれないね」(あわててフォローに回る私)

「・・・・・・」(無言の彼女)

「だから、慣れたら今の半分の時間でできるようになるよ。倍の仕事ができるようになるよ」(フォローのつもり)

「はぁ・・・・」(やっぱり元気ない彼女)

フォロー失敗。

意地悪遺伝子は持っていないが、面と向かって言う遺伝子は持っているらしい。

|

« 半身浴読書~135~ | トップページ | お金のニュースでオットに感謝 »

仕事」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事で、つい最近まで私の職場にいた29歳の女の子を思い出してしまいました。
29歳という妙齢なので、新人ではないけれど、すべてが「新人仕様」というか。
彼女に感じたのは慣れていないことよりも、「ハングリー精神がない」「経済的に不自由していない」というところ。
一度、修学旅行の話になったときに、「ハワイだったので~」ときいて「なぬ?私立?」ときけば「はい。そうです」と。
いや、いまどきハワイに修学旅行も珍しくないんでしょうけれど、そんでもって、大学も私立の学費の高いところを親にだしてもらったんだったら、せめて働くことで還元しようよ・・・って思っちゃいました。
なんというのか、いろいろいっぱい注意したのに、暖簾に腕押しでしたしね。
教えてもメモもとらない姿に周りの社員が唖然としていました。そのくせ、電子辞書とか、電子書籍とかは買っちゃって、「内容どうだった?」ってきけば、「うーん。よく読んでいません」とか。。。新人類ってこういうこと?と思いました。

投稿: ちゃい | 2010.06.19 00:31

ととさんのフラストレーション判るなァって感じながら読みました。お給料貰っているのが恥ずかしいなんて無いんでしょうか、そういう人は?

はっきり言われたことも無いんではないですか?だから、ビックリしたかも。でも、はっきり言って上げて良かったと私は思いますね。それで変化があれば…。
今後の報告楽しみです。

序でながら、転居しましたのでお知らせします。

投稿: serena | 2010.06.19 01:58

ととさんにとっての当たり前と彼女にとっての当たり前がちがうのと(当然ですが)、それ以上に彼女の方が言われなれていないということが大きいような気がします。
当方も、昨年教えるようなことをしておりましたが、しばらくして(仕事に慣れてきて)言われたことが、「そういったことを言ってくれたのは初です。」とのこと。中国の一人っ子政策同士の結婚で生まれた一人っ子ほど大事にされているというわけではないのでしょうが、叱られるということを経験せずに社会人になっているようです。
当方はその後「ありがとう」風なことは言われましたので、またっりと根気強くお願いいたします。

投稿: さじった | 2010.06.19 09:05

こんにちは。友人を思い出して思わず笑ってしまいました。頭の良い、芸術面で才能豊かな人で専業主婦ですが、日常的な事務や家事がまるで駄目。毎日、時には深夜まで一生懸命掃除をしているのに要領が悪くていつも部屋は雑然としているし、食事をご馳走になったこともない。未だに(60歳をいくつか超えている)料理が下手でどうして良いか分からないというのですから。あたふたと何とかしようと頑張っているのは分かるけど、前に進まない。こんな人いるんですよね。
専業主婦が彼女にもっともふさわしくない職業だったのに、何十年も無駄にしたわけです。その女性もその仕事に向いてないのかも。

投稿: さなえ | 2010.06.19 17:01

ちゃいさん

新人類ですか~。
実は、初めてそう言われたのはわたしたちの年代だったような・・・。(笑)

メモしないタイプ、妹の会社にいたそうです。一年もしないうちに辞めちゃったそうですけど。

このエントリーの彼女は、真逆です。念願の本社勤務になれたので、とばされないようにと一生懸命だし、メモもしっかり取っています。だから、こちらも意地悪などせずに教えてあげようと思うんですけどね。

さなえさんのコメントにあるように、多分、この本社事務の仕事は彼女に向いてないと思うんですね。もしわたしが上司なら、もっと簡単な単純作業からさせるんですが、なにせわたしより上座ですからね~(まだ言ってる)(汗)

ま、彼女の良いところは、こちらがはっきり言いやすいキャラだってことかな?男性マネージャーたちは、見て見ぬふりなので、おせっかいおばさんとしては心配になるわけです。アハハ

投稿: とと(>ちゃいさん) | 2010.06.19 23:35

serenaさん

実はこの彼女、直接の上司のマネージャーからしょっちゅう叱られているんです。わたしは「そんなに叱らなくてもいいのに」と思ってたんですが、今週に入りそのマネージャーの気持ちがわかった次第です。

だから叱られた経験がないってことはないですね。むしろ、しょっちゅう叱られてる方かも。
でも改善方法がわからないと言いますか。。。
センスがないのかな?とも思います。

だってね、叱られた後でわたしに「嫌われてるのかな?」なんて言うんですもん。好き嫌いで叱ってるんじゃないんですがね。
そういう意味では、はっきり言ってよかったのかもしれませんね。

お引っ越しのご連絡、ありがとうございました。

投稿: とと(>serenaさん) | 2010.06.19 23:41

さじったさん

serenaさんへのコメントにも書いたんですが、彼女は叱られてない人ではないんです。だけど、なかなかその経験を活かせないみたいです。気長にいきますわ~。

ただ、彼女のキャラは、若干周囲をイラッとさせるところがありまして。一生懸命が空回りすると言うか。
わたし、短気なので、またガツンと言ってしまいそうです。

投稿: とと(>さじったさん) | 2010.06.19 23:44

さなえさん

お友達の話、面白くて笑っちゃいました。

そうです。きっとこのエントリーの彼女、この仕事は向いてないのです。この彼女も芸術の才能があり、楽しい性格で頑張り屋ではあるんですけど、どこかずれてる。

ま、本人は、念願の本社勤務でなんとしても今の職場に留まりたいと思っているようなので、せいぜい手助けしてやらないといけませんね。

投稿: とと(>さなえさん) | 2010.06.19 23:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/48664527

この記事へのトラックバック一覧です: 意地悪はできなかったけど・・・:

« 半身浴読書~135~ | トップページ | お金のニュースでオットに感謝 »