« 今度のボスは、関西弁 | トップページ | 意地悪はできなかったけど・・・ »

2010.06.18

半身浴読書~135~

51j4gj9r02l__sl500_aa300_ 『魂萌え』 / 桐野夏生、読了。

この作家さんの作品は、初めてでしたが、ほんっとに面白かった。なんで今まで手に取ることがなかったのかと、ちょっとした後悔。

ストーリーは、夫を心臓発作で亡くした59歳の主婦敏子が、夫の死後に発覚した愛人やら、音信不通だったくせに急に同居を迫る息子やら、学生時代の同級生たちとの付き合いやら、夫が生きていたら遭遇しなかったであろうたくさんの人間関係のなかで、寂しさとか楽しさとか勇気とか自信のなさとかを味わいながら、今までの自分とは違う一面を感じていく・・・という内容。

わたしは、59歳でもなくオットも健在だけど、なんとなく敏子の気持ちの浮き沈みがわかるのだ。そして、敏子の行く道は、やがて自分もたどる道なのだろうとも思う。

配偶者を失うということは、最大のストレスなのだそうだ。たとえそれが、自分が望んだ離婚であっても。

敏子のように、何の前触れも覚悟もなく夫を亡くすというのは、その衝撃はいかばかりかと思う。

それにしても、うまいもんだ。人の好い敏子の言動に、思わずこちらも『気をつけなきゃ』とか『言っちゃえ!』とか、そういう気持ちになりながら読んでしまう。やはり、て文章を書くことを職業にできる人って、すごいなぁ~と感心。

|

« 今度のボスは、関西弁 | トップページ | 意地悪はできなかったけど・・・ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

彼女の本、私も一冊だけ読んだことあります。「OUT」。パート主婦のついつい引きずり込まれていく世界。ページ数は多いのに途中で止められなくなる筆致の上手さを覚えています。

投稿: 街中の案山子 | 2010.06.19 15:50

街中の案山子さん

「OUT」ってドラマになってましたよね。
今度、読んでみます。

こうして偶然に面白い作品に当たると、すっごく得した気分です。

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2010.06.19 23:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/48664250

この記事へのトラックバック一覧です: 半身浴読書~135~:

« 今度のボスは、関西弁 | トップページ | 意地悪はできなかったけど・・・ »