« なんだか元気がない | トップページ | 半身浴読書~133~ »

2010.05.12

オットが上司じゃなくて良かった

夜10時、オットの携帯がブルブル震える。

携帯を取り上げ画面を見たオットは、「非通知か・・・」とつぶやいて電話に出た。

「はい」

どうやら相手は、部下のようだ。

「うん・・・・うん・・・・・・・うん・・・・・・・」

相手が何か熱心に言っているようだ。

「・・・・電話がとぎれとぎれで、よく聞こえない。・・・・・だから、200ミクロンでやってもらってください。・・・・はいはい。」

プチッ。

   

    

えぇ~???coldsweats02 それでおしまい?

お疲れ様とか、遅くまでご苦労さんとか、ねぎらいの言葉ひとつ出ないんですか~???

電話を終えたオットについ言ってしまった。

「わたしが今みたいに言われたら、寝込むわdown

「そう?みんなもう慣れてんじゃない?」

あぁ、きっとオットは会社でも、たったひとことで相手を不快にする才能を遺憾なく発揮しているに違いない。

わたしの上司がオットでなくて、本当によかった。(しみじみ)

|

« なんだか元気がない | トップページ | 半身浴読書~133~ »

仕事」カテゴリの記事

家族」カテゴリの記事

コメント

オットが同僚だったら絶対結婚していないと自負している私です(「お互い様」と向こうも言っていますが)。仕事のできない夫、たいして、ブチブチ愚痴と文句ばっかり言って、家事育児に向いていない私。どっちもどっちかも。知らぬが仏で結婚してしまったカップルでしょう。
あれ、でも、ととさんちって、職場結婚じゃなかったんでしたっけ???

投稿: ちゃい | 2010.05.13 00:56

「ととさん、ソレ違う。そこで判断しては間違いだよ」と、口調とかは知らないで言う案山子です。
お互いのイキサツ、とか、あるじゃないですか。
言葉に出さなくても、普段の行動とかで、配慮がわかる人もいますよ。
なぜこういうかというと,
私も「会社員風」というヤツを知りません。
夫もそうですが、夫は決して人を見下さず、配慮する部類です。
で、少し前、他の事務所の事務員さんと作業をしていて、彼女の携帯に電話があって「お疲れ様です」といって、電話に出ました。今業務委託している業者さんも電話の始めに「お疲れ様です」が聞こえてきます。
そんな時に、あ~、世の中、こんな言い回しが一般的なのかと学習させられます。
でも、そんな世界もあるということです。
だから、ご主人の職場違うかも知れないから…。でも、夜10時に仕事で電話って、すごいね。「お疲れ様です」って、言ったことない私でも、いうでしょうね~(文脈矛盾?)。そんな遅くて、迷惑だと気にしながら、でも聞かないと仕事が進まない、そんな仕事のキーポイントにあるオットさんって素敵だって、ととさんに言いたい、それだけです(笑)。

投稿: 街中の案山子 | 2010.05.13 07:09

ちゃいさん

はい。職場結婚です。
でも、上司ではなかったし、どっちかというと頼りになる先輩でしたね。

たぶん、今わたしがそう思うのは、オットの感情を読み取る能力が格段にUPしているからだと思います。ちょっとした声のトーンや、言葉使いで、どの程度不機嫌なのかが手に取るようにわかります。

この電話、オットにとっては愉快な電話じゃなかったんだと思います。だから、「電話がとぎれとぎれでよく聞こえない」と言った言葉に、彼の不機嫌を読み取ってしまい、気分が萎えてしまったんでしょう。部下は、わたしほどオットの感情に敏感でないし、そもそもオットの感情にそれほど気を止めていないでしょうから、会社では大したことではないんでしょうね。

オットの職場は理系の集まりですから、営業会社のわたしの職場のようにフワフワした、かる~いノリはありません。昔はそこにいたので違和感なかったけど、今は、かなりな違和感です。

投稿: とと(>ちゃいさん) | 2010.05.13 23:02

街中の案山子さん

10時ってすごいです?
わたしも、同じ会社にいたときは、夜中まで実験していたことがありました。

今のオットの職場は、現業に近い研究所なので、三交替で動いている工場で、サンプリングでもしていたのかもしれませんね。工場からの電話だから、声が聞き取りにくかったのかも。

今、わたしが働いている会社では一日に100回は「お疲れ様です」って言ってますね(笑)。どんだけつかれてるんだ?って突っ込みたくなります(爆)。

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2010.05.13 23:08

そっか、100回もね~。企業に勤めたことがない私が、
今年になって、業務委託している業者から、電話の第一声「お疲れ様です~」と言われて、「えっ!なんで、この人、私が今どんな仕事をしているか知っているの?」という気分になりました。世間の常套句なのですね。新体験でした。
そして、夜10時にも働いているのに驚くのが希少人種なのかしら。そういえば、遠い昔の高校時代、薬学を選択しようか迷っていたとき、企業に就職したら徹夜で研究ということもあるから、女性の採用はないよ、と。そんな時代でした。

投稿: 街中の案山子 | 2010.05.14 06:49

街中の案山子さん

職業によって環境が変わりますね。
わたしも今の会社に入って初めて「お疲れ様です」が自然に口から出るようになりました。

街中の案山子さんは、ご夫婦そろって特別なお仕事ですから、わたしたちではわからないような常識(というか、当たり前?)があるのでしょうね~。

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2010.05.14 23:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/48344289

この記事へのトラックバック一覧です: オットが上司じゃなくて良かった:

« なんだか元気がない | トップページ | 半身浴読書~133~ »