« 北海道は雪が降ってた | トップページ | 春は別れの季節 »

2010.03.28

旅のお供に~131~

51nlfwuyhml__sl500_aa300_ 『臨場』 / 横山秀夫、読了。

北海道の旅のお供に持参した本。飛行機の中や、スーパー北斗のなかで読みました。だから今回は、『半身浴読書』じゃありません。

いかにも連ドラ風の一話完結のストーリーが、ひとりのスーパー検視官を軸に書かれている。スーパー検視官が主人公であるけれど、方向をあれこれ変えて書かれているので、マンネリにならずに読み切ることができる。

ただ・・・こういうひとりのスーパーマンが、なんでもお見通し的に解決していくストーリーって、深みがなくて娯楽的。すいすい読めるし面白いけど、自分の感情を動かすような感じにはならない。

でも、主人公じゃない他の登場人物には、ときどきグッときた。

最後のストーリーの永嶋と朱美に泣けた。

|

« 北海道は雪が降ってた | トップページ | 春は別れの季節 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ワタシの読書領域に横山秀夫がなかったので、知らなかったのですが、先日見た一話完結テレビドラマ(映画?)が、結構ストーリー展開が面白かったので、作者は?とみたら、横山秀夫氏でした。ドラマのタイトルは「ルパンの消息」。こんなふうに物語作りの巧者って、いるのですねー。彼の作品って、きっと読み手に、それなりの満足は与えるだろうなー、と推測できます。

投稿: 街中の案山子 | 2010.03.29 07:01

街中の案山子さん

わたしもこの作家さんの作品は、初めて読みました。(と思ったら、一冊読んでました。戦時中のお話です。)面白くてサクサク読めます。

わたしって、見たこと、感じたこと、考えたこと以外は書けないので、頭の中の出来事をあんなふうに面白く書けるって、すごい才能だなぁって思います。

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2010.03.29 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/47935872

この記事へのトラックバック一覧です: 旅のお供に~131~:

« 北海道は雪が降ってた | トップページ | 春は別れの季節 »