« 半身浴読書~125~ | トップページ | 半身浴読書~127~ »

2009.10.17

半身浴読書~126~

51ap85hvrdl__sl160_ 『氷の接吻』 / マーク・ベイム,読了.

これってサスペンス?

そりゃ~サスペンスなんでしょうが,決して犯人を追い詰めたり,推理したりするもんじゃない.なんというか,一種のストーカー物語でしょうかね.

美しい殺人鬼に惹かれるちょっとイカれた探偵.その探偵のイカれ具合は,古ぼけた写真に語りかける様子で,すぐにわかるんですけど.この探偵が,どこまでも彼女を追いかけ,いつしか彼女を守るようになり・・・.

サスペンスはいつの間にか,サスペンス仕立てのラブストーリーになっていたのでした.

最初はとっつきにくかったけど,読み進めるにつれて面白くなった小説でした.

|

« 半身浴読書~125~ | トップページ | 半身浴読書~127~ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/46511428

この記事へのトラックバック一覧です: 半身浴読書~126~:

« 半身浴読書~125~ | トップページ | 半身浴読書~127~ »