« 映画【重力ピエロ】 | トップページ | あ~!ついに言ってしまった. »

2009.06.06

スキルアップとかキャリアとか

女性が働く場合,この二つの言葉が呪文のように飛び交うのだけれど,スキルアップにしてもキャリアにしても,関係あるのはごく一部の女性だ.

スキルアップすることがその後の再就職につながったり,積んできたキャリアを活かして転職したり,そういうことができるのは,ごく一部の専門職に限られるとわたしは思う.医者や看護士,弁護士や会計士,理美容師やデザイナーなど,特別な資格や才能で働く場合だ.いずれも若い頃に充分修行し,技術を磨く必要のある仕事だ.

けれど,大多数の女性はそんな仕事には就いていない.

わたしの場合,理学部を卒業しあるメーカーで研究員として働いていたが,会社を離れれば単なる女だ.それはおそらく,修士であっても大差ない.(学位をとっていれば,多少は違うかもしれないが,最近は博士の就職も難しいからな~)

研究員としてのスキルをどこまで伸ばせば,正社員として転職できたのか知りようもないが,特許を数報書いたくらいでは駄目なのは確実だ.

その場合,結婚や出産で一時職を離れた女性が,子供に手がかかる時期を過ぎ,再就職できるかどうかの分かれ目は,やっぱり年齢だろうと感じている.職安に行くと,年齢35歳までの求人が圧倒的に多いのである.

と考えると,やはりわたしは早婚をお勧めする.

一般事務や販売などのような職種は,特別な資格は必要ない代わりに若さを求められる.過去に充分経験を積んだ45歳より,未経験でも35歳のほうが採用される可能性が高い.未経験の35歳で就職できれば,10年後には45歳のベテラン社員で,きっとその職場ではなくてはならない存在になっているだろう.

起業せず,会社員でやっていくならそのほうがいい.45歳の新人より,35歳で一からはじめたほうが,きっとストレスも少ない.

だから,ごく一般的な仕事に就いている女性は,あまりキャリアだのスキルアップだのに固執することはない.仕事での経験を積むことを優先するより,タイミングよく愛する人の腕に飛び込んでしまえばいい.うまくすれば,もう一回職業人生を仕切り直せるのだから.

逆に,美容師などは35歳くらいまでしっかり修行して,婚礼もやれるくらいの技術を持っておくとよい.その後,結婚や出産でサロンを辞めても,フリーの美容師で活躍する道もある.

どちらを選択するかは,自分次第だ.

|

« 映画【重力ピエロ】 | トップページ | あ~!ついに言ってしまった. »

仕事」カテゴリの記事

女の生き方」カテゴリの記事

コメント

だから、18歳で進路を決めるときに、そこまで想定して考えるべきだ、と思うのです。
大学名で決めたり、とにかく大学に入れば世間並み、とかいう考え方って、世間ではあると思いませんか。
これって、教育費の膨大な浪費かも。そして膨大な教育費が大学の先生を養っている、そう思うことってありませんか。

投稿: 街中の案山子 | 2009.06.07 10:18

街中の案山子さん

いや~,実はわたしはそう思わないんですよ.

まず第一に,僅か18歳で将来の進路など決められるものか,と思う点.
もうひとつは,何とか決めたとしても,それが本当に本人に合っているのか,また本当に本人の意思なのか,が疑問である点.

親が歯科医だから,自分も歯科医になると決めて何年も浪人したあげく,妹を殺した男性もいましたよね.もし,親の仕事という呪縛から解放され,他の子と同じようにもう少し妥協して進路変更できていたなら,もっと違う生き方ができただろうにと思います.

わたしは,18歳じゃなくてもいつでも進路が決められて,決めたときからスタートできる世の中が望ましいと思います.
たとえば,未熟児の子供を持った母親が,献身的な医師や看護士の姿を見て,自分もそれを目指すとか.
そういう動機で医師や看護士になった人は,きっといい仕事をすると思いますね.

大学のあり方については,確かに疑問があります.
高校生の学力レベルにも満たない大学生を卒業させる大学など必要なく,本来の最高学府といえる大学のみ存在させればいいと思います.そして,そこにはもっと研究予算をつけ,常に世界をリードする研究をして欲しいと思います.

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2009.06.07 23:49

18歳じゃなくてもいつでも進路が決められて,決めたときからスタートできる世の中が望ましいと思います.
    ↑
そうですね。
まったく。実は、いつでも進路が決められるのであって、今の自分は、自分で選択して今があるってこと。
親のせい、とか、子供のせい、では無く、自分で選択しての今の状態だと、つくづく思います。

世の中の奇異な一例を引っ張り出して、「だから…」と、論じるのは好きではありません。親が歯科医だから、とかで子供に押し付ける親もいるかもしれないし、と、とさんは、彼のケースを引用なさったのかもしれませんが、余りにも悲劇的過ぎます。私の聞いたところによると、私立の歯科大学は、平均の成績で受かるそうですよ。親に子供が見えていなかったことに悲劇があったように、思います。傍観者でしたが。

投稿: 街中の案山子 | 2009.06.08 08:03

私自身が大学にいきませんでしたので(いけませんでしたので?)、大学の状況などについては良くわからないことを先にお断りさせていただいて、「現状と違うよ」という点がありましてもご容赦の程を。

私自身は、街中の案山子さんの最初のコメントにあるように、
「18歳で進路を決めるときに、そこまで想定して考えるべきだ、と思うのです」
と意見そのままの考え方です。一つの区切りの時に、“一生懸命考える事が必要だ”と感じるからです。「親が医者だから医者に」というのも、一生懸命考えた結果であれば良いと思っています。

人によって、区切りって色々あると思います。結婚であったり、就職活動であったり、親の死であったり。その時に、一生懸命考える事をしていけたら、と思っています。

リ・スタートが必要だと考えたのなら、その時にそのように行動できる社会であって欲しいと思うのは、お二方の言われるとおりだと思います。

一生懸命考えたすえの結果なら、人や社会のせいにすることはない、のではないでしょうか?
(実際には、他人は社会のせいのこともあるでしょうが…)

投稿: さじった | 2009.06.08 21:11

私は早婚というか、早期出産には大賛成です。自分が高齢出産で大変だったもので。実は早く結婚もしたかった。でも、でも、じゃあ、早婚賛成か?というと、そうじゃないんです。もちろん早いに越した事は無いと思うのですが、そうさせない社会事情がまだあるとおもいます。実際、私の友達で早婚だった友達は、復職してもパートです。まあ、資格職であるので、今後、時間が許せば彼女達が正社員になることはありえますが、それはこの「資格職」の職業に限った話であって。
そして、早婚の友達はやはり専業主婦じゃないと、離婚率が高いのも事実。
たしかに、出産は仕事である程度のキャリアを積んで29歳ぐらいでするのがベストかなあと思いますが、その前に卒後とっとと結婚した場合、出産までの間、仕事に没頭できるかどうか?
周囲からは「出産はまだ?」といわれたり、夫からは家の事をしっかりやってほしいといわれたり、一方で、独身の人たちはバリバリ働いている。。。。もし、仕事をバリバリやったら、男は「なんのための結婚生活?」といって、離婚を持ち出しかねないし、結局、仕事をテキトーにやっていたり、結婚後、とっとと出産したら、出産後、育休切りにあう世の中ですから。
男性も、実際に使い物になるには、入社後5年ぐらいかかりますよね?そうなると、結局、入社後5年して、結婚して即出産ぐらいがベストなのかな?と私は思います。それでも、育休切り横行の世の中ですもんね。

投稿: ちゃい | 2009.06.08 23:49

街中の案山子さん

たとえが奇異でしたかね?すみません.

もちろんあの事件についてわたしが知っていることなどほとんどなく,全ては想像です.
両親が歯科医で,兄も歯学部に進学してるようですから,自分も…と思ったのかもしれないし,まったく違う理由かもしれませんね.

どんな理由にせよ,そこにこだわってしまったことが不幸だったと思います.大学進学は単なる通過点です.一生を決めることにはなりません.『とりあえずこの辺で手を打とう』という気楽な気持ちも必要だと思います.

(もちろんこだわりが大きな成果をもたらすこともありますけどね.)

>私立の歯科大学は、平均の成績で受かるそうですよ。<

この平均の成績というのが曲者です.(笑)
街中の案山子さんの言われる平均の成績と,世の中の平均と,わたしの平均が同じとは言えません.
街中の案山子さんの平均には遠く及ばない人たちが,いっぱいいるんですよ.もしかしたら,あの事件の彼はそういう人のひとりだったかもしれません.

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2009.06.10 21:52

さじったさん

さじったさんは,偉いです.

わたしは18歳のとき,将来のことなど考えていませんでしたね.
【可愛く入って可愛く出る】を信条にしてました.可愛く入るとは,浪人しないということ,可愛く出るとは,留年しないということです.

そもそもわたしは,文系志望で,新聞記者に憧れていました.けれど,英語がねぇ…(-_-;)さっぱりで.
二次試験に英語のない文系学部などなかったので,仕方なく理系へ進路変更.担任には,学校の先生になれと言われましたけど「いやじゃ!」とひと言で片付け,工学部よりやや女子の多かった理学部へ.そのとき担任に「理学部は倫理的に優れた人が行くもんだ」と考え直すようにいわれましけどね.(^^;)

大学に進学してからも,特にこうなりたいなどと思ったことはなく,とにかく目の前のことに一生懸命でした.

だから,今,高校や中学で,やたらと将来の職業に結び付けようとする教育をすることに疑問を持っています.
学生は勉強が本分です.まずは与えられた学業を一生懸命にやることが,将来への自分につながっていくと思っています.ゴールははるか彼方過ぎて今は見えなくても,きっとそのうち見えてくると思う.

もうひとつ,わたしは,自分の将来は自分の意思だけで決まるもんじゃないと思っているんですよ.自分の意思だけにこだわると,ストレス溜まりすぎてしんどいです.
流されないように流れに身を任せるような生き方がしたいなぁと思っています.

投稿: とと(>さじったさん) | 2009.06.10 22:06

ちゃいさん

>そうなると、結局、入社後5年して、結婚して即出産ぐらいがベストなのかな?と私は思います。<

わたしは,それに近いかもです.
入社して3年で結婚し,4年弱で出産のため退職しましたが.(*^o^*)
当時の上司には,戻って来いと言われましたけど,丁重にお断りいたしました.だって,オットと同じ会社で働くなんて,絶対イヤでしたから.


わたしはキャリアを積むということの具体的なイメージがよくわからないのです.
男性でも使い物になるには入社してから5年くらいかかるとのことですけど,それはあくまでもその会社にいた場合であって,転職してどうなのか?と言われると,どうなんだろう?って思っちゃいますね.
もちろん,技術職は別です.美容師や看護師,弁護士や会計士,こういう職業でのキャリアはなんとなくわかるんですけど.
キャリアを積んだはずの中年男性が,転職できずにいる現状を見れば,キャリアではない部分で労働者は評価されるのものかしら?とも思います.

そういうわたしだから,いわゆる適齢期の女性がキャリアだのスキルアップだのに重きを置いて,タイミングを逃すのはとてももったいないと思うんですよ.

何年キャリアを積もうが,スキルをあげようが,その部分を評価してその部分で転職できるなど,ほんの一握りの女性だと思っています.
こんなこと言うと,夢も希望もないけれど,人の能力には差がありますから.(と,わたしは思っていますので)

普通の女子は,独身で4~5年働いて,ある程度のビジネスマナーや,基礎教育を受けたら,しばらく短時間勤務やパートタイムで育児をがんばって,35歳までにフルタイムで復帰して,あとはずっとその職場に居座り,なくてはならない存在になる…っていうのが,わたし的には理想です.(*^o^*)

投稿: とと(>ちゃいさん) | 2009.06.10 22:28

「普通の女子は,独身で4~5年働いて,ある程度のビジネスマナーや,基礎教育を受けたら,しばらく短時間勤務やパートタイムで育児をがんばって,35歳までにフルタイムで復帰して,あとはずっとその職場に居座り,なくてはならない存在になる…っていうのが,わたし的には理想です.(*^o^*)」
   ↑
これ、今のととさんですね。


投稿: 街中の案山子 | 2009.06.11 06:50

ととさんの理想は分かるし、いいなとおもうのですが、実際には今の世の中では無理かなと思います。
短時間勤務が導入されている会社は少ないでしょうし、パートタイムから正社員と言うのは更に難しい。現に、35歳以上の女性専門の派遣会社(テンプトゥパームといって、将来的には社員になれる派遣専門)のフラジュデリーの社長さん(橘さんでしたっけ?)も、ご自身の苦労でその会社を立ち上げたにもかかわらず、「若い人には今の会社で続ける事を第一に考えて。辞めた後の再就職は大変」とおっしゃっているほど。いずれ正社員にもどりたいなら、ずっと同じ会社で育児休暇なりを取得し、年月を過ごした方が、転職よりよっぽど簡単だと思います。
また、子供を保育園に預けるためには、この数年は、「正社員である事」が必須条件。転職してしまうと、保育園審査に落ちる可能性が高いです。更に求職中やパートなんて、箸にも棒にもひっかからない。去年ぐらいから、「正社員で元の職場に復帰」でも「時短を取得」すると、審査点数がおちるので、「現状のまま、フルタイムで復帰」にしないと、保育園に入れないような悲惨な状態です(特に首都圏)。そして、その結果、月に6万円以上かかる無認可保育園に入ることになります(私も正社員でもとの会社に復帰だったので、シングルマザーぐらいしか上がいない審査点数だったのに、6つぐらい希望を出した認可にすべて落ち一時期お世話になりました)。月に6万円以上なんて、パートしながら保育園に入れる値段ではないでしょう。

勝間和代さんも
「女性のキャリアに着目すれば、日本は人生のパイプラインシステム(どこからでもやり直せるシステム)が機能していないので、出産でパイプラインから外れるのを恐れるのは当然だと思います。よほどの自信と実績がないと失職の恐れがある。女性が出産してもパイプラインに乗り続ける道具として、「資格」「語学」「若さ」のどれかを持っていないと駄目なんでしょう。」とおっしゃっています(WM styleより引用)。

>男性でも使い物になるには入社してから5年くらいかかるとのことですけど,それはあくまでもその会社にいた場合であって,転職してどうなのか?と言われると,どうなんだろう?って思っちゃいますね.
 
転職って資格とかスキルとか、学歴(意外と学閥がある会社がいまだに多い)が重要なんですよ。結局、そういう人は世の中限られていると思うんですね。
だとしたら、ずっとその会社にいて、「あれはどうやってやればいいの?」「それなら私に聞いてください」「まえにやったことがありますよ」という「生き字引」みたいなほうが、転職するよりも、よっぽどスキルになるとおもうんです。それが5年かな?と思います。
 
私も、ととさんとおなじく18歳でその後の将来を決められる人はそんなに世の中に多いとは思えません。もちろん方向性が決まっていた方がラクだし、決まっている人はそれでいいとおもうのですが(私は決まっていた人なので)。
東大だって2年間の教養は専門が決まってないわけで。何かをやっているうちに見えてくる生き方も、それはそれでいいのだと思うからです。みんなが早期にその型にはまることは無いと思います。
だからこそ、そういう専門性がない人こそ、会社も長く続ける方が、その「経験」が「キャリア(生き字引的な)」になることも悪くないと思うんです。育児休暇を取得し、多少なりとも回りに迷惑をかけたり、協力を得る必要があるなら、なおさらその会社にい続けたほうがいいとおもいます。
なので、私の理想は、(転職できるスキルや学歴や資格が無い場合は)1社にい続け、30歳直前で結婚、妊娠をすませ、その後、育児休暇の後復職するのがベストかなと思います。
ととさんの理想を達成するには、まずは保育園を確保し、短時間制度を全社に導入し(一応厚生省はそうしようと努力していますが)、その短時間制度も、小学校の壁のがあるためにいつでも取れるものにし、短時間性度が無理なら、学童や保育園をかなり良いものに充実させるか、もしくは、女性の変わりに男性も休めるような、女性男性にかかわらないワークライフバランスを実現できるような世の中にならないかぎり、無理だと思います。まあ、簡単なところでいくと、「身近なジジババ頼み」という手もあるにはあるのですがね。。。。

投稿: ちゃい | 2009.06.11 10:55

それと、もうひとつ。
18歳で将来の方向性を決められるかどうかは、親も経済力もあると思います。最近は不況で、奨学金申請がふえていたり、どうしても国公立に行って欲しいという家庭も増えているようですが、経済的に大変ならば、無理して大学に行かせる余裕もないわけで。
現に私の友達で、父親を亡くした子は、国公立に落ちた場合は、私立に行かないと決め、公務員試験を受けていました。
今、私が住んでいるところは、都会ではないので、「地元国公立に落ちたら専門学校」「落ちたら就職」という選択肢の人も多いそうです。
私が早々に進路を決めたのも、家庭の経済を子供ながらに考えていた事もあります。
進路を決められない人も多いとは思うのですが、それは経済的に余裕があると考えると、ある意味、うらやましくもあります。

投稿: ちゃい | 2009.06.11 11:08

多分、私立医学部が平均の成績でOKなのは、成績よりも他の必要条件があるからです。
年間1000万円以上の学費を6年間、入学金もありますね。だから、普通のひとは、私立歯学部を射程距離に入れないのです。
多分医学部も、似たりよったりです。
国立は他の学部と同一。
だから、雰囲気がまったく違うと思いますよ。

某お嬢さん大学の学生は、私立医大キャンパスに就職活動に行くそうです。国立ではなくて。
国立は、親が貧乏かもしれないけれど、私立は親がお金持ちだから、と。
論外でしょ。
以上、余談でした。

投稿: 街中の案山子 | 2009.06.11 16:47

街中の案山子さん

>これ、今のととさんですね。<

そうですね.
っていうか,わたしがこのパターンで,非常に無理なく楽にやれてきましたから,これがいいなぁと思うわけでもあります.

もちろん,優秀な人には当てはまらないし,上昇志向の強い人には物足りないことでしょう.

けれど,多くの女性はわたし同様,特別な能力も技術もないわけですから,このパターンは,なかなかいいなと思うんですけどね.


>多分、私立医学部が平均の成績でOKなのは、成績よりも他の必要条件があるからです。<

わたしの同級生は,代々続く大きな医院のひとり息子で,わたしより成績は奮いませんでしたが,私学の医学部に進学しました.
まぁ,医師も学力だけが基準じゃないから.特に大きな医院の場合は,経営センスも問われるでしょうし.
立派な大学を出ていても,不器用でそそっかしい外科医には手術して欲しくないですからね(笑)

>某お嬢さん大学の学生は、私立医大キャンパスに就職活動に行くそうです。国立ではなくて。<

なかなか逞しくていいじゃないですか(笑)
就職率はいいのかしらね?(*^o^*)

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2009.06.11 22:24

しまったcoldsweats01
なにやら、私が色々考えていたような事になっている、気がするwobbly

ととさんのように
「可愛く入って可愛く出るheart01
は、その時にととさんが自分で考えて出した結論だと思うんです。
将来について考えるというのは必要だ、と私は思いますが、最近の人(老若男女問わず)考える事を避けている気がして。

ちゃいさんが言われる経済的な問題は実際あります。(落ちたらでなく、受験料すらなかった自分みたいな人間もいますし)
なので、その時にどうしたらいいだろうと考えた、つもりです。

今思えば、稚拙だったなsadと思うこともありますし、後悔したことがないshockと言えばうそだと思いますが、その当時は一生懸命考えて出した結論だと思うんです。

「自分がどうしたいと考えられない人」
が、
「他人がどうしたいと思っているか」
なんて想像できると思えません。
(某筋肉バカに通じるかもしれませんが)

投稿: さじった | 2009.06.11 22:51

ちゃいさん

>「若い人には今の会社で続ける事を第一に考えて。辞めた後の再就職は大変」とおっしゃっているほど。いずれ正社員にもどりたいなら、ずっと同じ会社で育児休暇なりを取得し、年月を過ごした方が、転職よりよっぽど簡単だと思います。<

それはもちろんそうです.
ちゃいさんのように,正社員で転職できる例は少ないと思います.

>だとしたら、ずっとその会社にいて、「あれはどうやってやればいいの?」「それなら私に聞いてください」「まえにやったことがありますよ」という「生き字引」みたいなほうが、転職するよりも、よっぽどスキルになるとおもうんです。それが5年かな?と思います。<

それももちろんそうです.
でもわたしは,5年も必要かしら?と思いますが.

正社員で就職すれば,1年の勤続があれば育児休暇は取得できますから,チャンスがあれば産むといいと思います.
女性は,職場復帰してからのほうが継続して長く勤められますから,なるべく若いうちにリスタートが切れたほうが,得なんじゃないかと思います.
もし,育休切りにあったとしても,若いうちなら再就職のチャンスも広がります.

>女性が出産してもパイプラインに乗り続ける道具として、「資格」「語学」「若さ」のどれかを持っていないと駄目なんでしょう。」とおっしゃっています<

わたしはこの3つの中で,一番利くのは「若さ」だと思いますね.
「資格」は持ってるだけじゃ駄目で,それこそ経験が問われるし,「語学」もそれ相応の企業でないと必要なく,それ相応の企業では,きっと新卒で間に合ってるだろうし.

たぶん,ちゃいさんの見てる世界とわたしに見えてる世界は違うんだろうと思います.
わたしの周りは,もっと庶民的で平凡なんだと思うんですよ.
その中にいると,女性が仕事でのキャリアだのスキルアップだのにこだわることの意味が見えないのです.

>なので、私の理想は、(転職できるスキルや学歴や資格が無い場合は)1社にい続け、30歳直前で結婚、妊娠をすませ、その後、育児休暇の後復職するのがベストかなと思います。<

わたしも似たようなタイムスケジュールを挙げてるつもりなんですが…(^^;)

ただし,わたしの場合は子供は二人産み,しかも3歳までは育児を優先した働き方が理想と思うので,35歳となったわけですけど.

でもちゃいさんのタイムスケジュールも,わたしにとっては早婚なんです.
(だからちゃいさんも,わたし同様早婚派になりますね)
35歳あたりからが,わたしにとっての晩婚です.
もしかして,その辺の前提も違っていたかもしれませんね.

>ととさんの理想を達成するには、まずは保育園を確保し、短時間制度を全社に導入し<

わたしの理想を実現するのは,子育て中の女性を働かせようとしないことです.
子育て中は一旦離職し,その後再スタートが切れるようにすること.
今の日本では,新卒採用が自分を高く売る最大のチャンスですが,女性に関しては,35歳あたりからが,企業にとってはもっとも美味しい労働力であり,戦力になると認識させることだと考えています.

女性のワークライフバランスは,ひとつの会社にいることを前提としない方が,女性にとってもメリットが大きいと思います.だって,わたしもちゃいさんもオットの転勤で,退職を余儀なくされたわけですから.

>進路を決められない人も多いとは思うのですが、それは経済的に余裕があると考えると、ある意味、うらやましくもあります。<

フリーターやニートといわれる人の場合は,それもあるかもしれませんね.
でも一般的には,大学に通う4年間で進路は決まるし,どの学生もみな新卒で採用されるようがんばっていますよ.

また,わたしのいる会社では,昇進や昇格に学歴は一切関係なく,経営陣は高卒者が多数です.むしろ有名国立大学だと,それが邪魔になるくらい.

親の収入と子の学歴が正比例する現状は,嘆かわしい限りですが,高卒だからとしょぼくれる必要もないですよね.
それは,実力を重視する社会になってきたことの良い面なのじゃないかと思います.

投稿: とと(>ちゃいさん) | 2009.06.11 22:58

長いお応えありがとうございます。確かに私の理想も、「早婚派」になるでしょうし、ととさんの理想と大きな違いはないかもしれませんね。私は自分ができなかった「20代の妊娠出産」を理想だと思いますので(体力的に考えても)。

>正社員で就職すれば,1年の勤続があれば育児休暇は取得できますから,チャンスがあれば産むといいと思います.
女性は,職場復帰してからのほうが継続して長く勤められますから,なるべく若いうちにリスタートが切れたほうが,得なんじゃないかと思います.
もし,育休切りにあったとしても,若いうちなら再就職のチャンスも広がります.
 
理想としてはそうなんですが、実際に子供のいる、育休切りにあった30歳前の女性と、独身の同年代だったら、中途採用の採用側は独身をとるのかな?と思うんですよね。実際にそういった背景を加味しての採用は禁止されているのかもしれませんが。
きっと、みんなが早婚に踏み切れない理由もそんなところにあるのではないでしょうか?子供や旦那がいることがハンデというか(男性は違うのに)。
5年ぐらいいれば、育児休業を取得しても、復職させてくれるんじゃないか?周りに多少迷惑をかけても、5年間培った人間関係が助けてくれるのではないか?5年の歴史を知っているのは有利ではないか?と思う人が多いんじゃないでしょうか?(5年が3年になっても、人によってはたいして変わらないかもしれませんが、さすがに5年が1年に減ったら、かなり違うとおもいます)

>わたしの周りは,もっと庶民的で平凡なんだと思うんですよ.

いえいえ、私の近い周辺は平凡じゃないことは否めませんが(変わっている人多いし)、夫の会社や、私が以前いた会社のいくつかは、平凡な「一般職」といわれる女性も多かったですよ。身内にも「一般職女性」は多いし。
彼女達をみて思うんですが、むしろ総合職よりも一般職の彼女達の方が、よっぽど「キャリアを積まないと」「長く会社にいないと」という危機感がそれゆえに強いような気がするのですが。。。そして、彼女達こそ、今までは寿退職で子供をポンポン産んでいたのが、変わってしまい、晩婚化を増やしている要因のような(それが良いとか悪いとかではなくて)。

>わたしの理想を実現するのは,子育て中の女性を働かせようとしないことです.
子育て中は一旦離職し,その後再スタートが切れるようにすること.
今の日本では,新卒採用が自分を高く売る最大のチャンスですが,女性に関しては,35歳あたりからが,企業にとってはもっとも美味しい労働力であり,戦力になると認識させることだと考えています.

うーん、それは確かに理想ですが、子育て中に休んじゃって、1年でもすでに浦島太郎になってしまうのに、数年も休んじゃっても大丈夫かな?と主観ではおもっちゃうのです。公務員も3年間の育児休業が多いのですが、実際に3年とる人は少ないと聞きます。そのために大手では在宅ワークとか、パソコンを使った育休中の研修とかもあると聞きますが。
そして、なんとか努力で休業中もキャッチアップにつとめたとしても、35歳以上の女性、しかも子供がいて、子供が病気だとか、新型インフルエンザで学級閉鎖だから子供を1人で留守番させられないとか(神戸ではあったそうです)、そんなやんごとなき理由でしばしば休んじまう女を、しかも浦島太郎になっている女性を、採用してくれるのでしょうか?
結局、私が疑問に思うのは、そういうインフラ整備がないままに、「早婚がいい」といっても、若い人への説得力には欠けるのかな?というところでして。
先日もTVの街頭インタビューで、「お金が無いと結婚できないからためている。私の産休中の分ぐらいは貯めておかないと」「保育園が足りないのに、子供は産めない」という若い女性が多く、「そうだよな」と思ってしまいました。まあ、ここでこの意見に納得していては、いけないのでしょうけれど。。。

投稿: ちゃい | 2009.06.11 23:55

さじったさん

まぁ!わたし、考えてましたかぁ(o^-^o)
よかったわ( ^ω^ )

自分で考えれば、その責任を自分で負うことができますもんね。
まずは、自分の気持ちをよく見つめること、これが大切ですね。

投稿: とと(>さじったさん) | 2009.06.12 21:06

ちゃいさま、ととさま、話に割り込ませてねheart01

子育てが大変なのはわかります。
子供が小さいうちは、母親がいた方が良いのかなとも思います。
でも、出産は変わる事が出来ませんが、子育ては代わることが出来る、はずです。

お二人のやり取りを見ていると、父親(男)が見当たらない気がします。
実際の社会の中で、男性が育児休暇をとっているのをほとんど見たことがありません。
(とっている人を見たことはあります)

「女性だけが子育てする」ような、
「学童や保育所へ預ける」ような、
そんな事ではなく、
「父親が子育てに参加できる社会」がいいなhappy01
で、そんな人が
「かっこいい」と思われる
「憧れる」ような社会がいいなhappy01


・・・変でしょうかthink

投稿: さじった | 2009.06.12 21:24

ちゃいさん

コメントありがとうございます.
ちゃいさんとのやり取りで,自分の思っていることが少しずつ明確になる感じです.

なぜか長いコメントが上手く表示できないので,次のエントリーにお返事を含めますね.

投稿: とと(>ちゃいさん) | 2009.06.12 23:26

さじったさん

先日,4人目のお子さんが生まれることがわかったタレントのつるのさんは,育児休業を取るって言われてましたね.
あまり気負わず,さらりと言ってのける彼の姿に好感度UPです(*^o^*)

男性だって育児にかかわりたい人,いっぱいいるでしょうにね.

投稿: とと(>さじったさん) | 2009.06.12 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/45180569

この記事へのトラックバック一覧です: スキルアップとかキャリアとか:

« 映画【重力ピエロ】 | トップページ | あ~!ついに言ってしまった. »