« 『結婚』・・・あ~,なんと甘美な響き | トップページ | 映画【重力ピエロ】 »

2009.05.25

半身浴読書~123~

10119 『あなたと共に逝きましょう』 / 村田喜代子,読了.

こういう夫婦愛っぽいものは,ちょっと苦手だ.けれど,献身的な妻を強調しているわけでもなく,運命共同体としての夫婦の姿を描いているために,『もう勘弁して~』という暑苦しさはない.

これは,動脈瘤を持ってしまった夫が,手術を受けるまでの話だ.

動脈瘤を持ってしまったのは夫だし,命の危機に晒されたのも夫だが,妻も同じ舟に乗っている.そして手術を受け,瘤を切り取った夫は,その舟を降り行くべき方向へ進み始めた.妻はまだ舟に乗っているというのに・・・.

それにしても,妻が見るあの夢はなんだろう?何を暗示しているのか?正直,わたしにはわかりにくかった.

|

« 『結婚』・・・あ~,なんと甘美な響き | トップページ | 映画【重力ピエロ】 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

彼女の作品としては黒沢明監督が彼女の本を映画化した「8月の狂詩曲」は映画を見ました。
本は「蕨野行(わらびのこう)」しか読んだことがありません。
「蕨野行」は、ずしりときました。
プロの物書きだな、と思ったことを覚えています。
ととさんの読まれた本とは毛色が違うのかも知れませんが、「生きるってどんなこと」とそこのところを書くことが課題なのでしょうね。

投稿: 街中の案山子 | 2009.05.27 10:20

街中の案山子さん

街中の案山子さんは,読まれたことあるんですね,この方の本.わたしは初めてです.

この作品もそう言われてみれば「生きるってどんなこと」がテーマな気がします.死と隣り合ったときに意識する生です.

そして,妻の思うあれこれが,「あ~なんか,わかるわかる」と思えたりして,とてもリアルなお話だと思いました.
この手の話によくある「糟糠の妻」的な部分がないことが,なにより面白く読めた要因でした.

「蕨野行」…探してみます!

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2009.05.27 23:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/45129529

この記事へのトラックバック一覧です: 半身浴読書~123~:

» Challenging Summer!ゼルコバの木開発支援マイクロファンド・キャンペーン [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
Challenging Summer! ゼルコバの木開発支援マイクロファンド・キャンペーン暑くなってきたからでしょうか?備蓄していた総量210キロの米袋にコクゾウムシとノシメマダラガが大量発生し,米袋の中がはなはだしく着色粉体化してほとんど食用に不適なレベルまで劣化してしまいました.一時は全量廃棄も覚悟しましたが,幸いにも30キロを一度に投入できる自動精米機を発見しほぼ完全な「白米」にまで還元することに成功しました.VS2005への移行作業では予想外の時間を空費していますが,追い討ちをかけるように... [続きを読む]

受信: 2009.05.29 09:37

« 『結婚』・・・あ~,なんと甘美な響き | トップページ | 映画【重力ピエロ】 »