« い・いつの間に?<年金定期便> | トップページ | なんか面白い記事見つけたよ »

2009.05.05

半身浴読書~121~

51183va2g3l__sl500_aa240_ 『マークスの山』 / 高村薫,読了.

確か15年くらい前に一度読んだ作品だ.今回,もう一回読んで改めて思った.

やっぱり,面白い!

<マークス>による連続殺人事件と,その発端となった16年前の南アルプスでの事件.その事件を追う刑事が主人公なのだが,決して謎解きがメインではない.警察内部の陰湿な情報漏れや刑事の仕事ぶり,人間関係,また<マークス>の心の動き,それらすべてがスピード感を持って展開していく.読むこちらも,一刻も早く読み進めたいと思ってしまう作品だ.

そして,ラストは思わず胸を詰まらせてしまう.ラストシーン,何度も何度も読み返してしまった.

この小説を読むと,刑事たちの仕事というものが,なんとなくわかってくる.それは,テレビドラマや,なんでもお見通し的なスーパーマンがあっという間に解決してしまうような作品では決してわからない部分である.

15年後,もう一回読みたいな.きっともう一回読むだろうな,そんな作品です.

|

« い・いつの間に?<年金定期便> | トップページ | なんか面白い記事見つけたよ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/44911164

この記事へのトラックバック一覧です: 半身浴読書~121~:

« い・いつの間に?<年金定期便> | トップページ | なんか面白い記事見つけたよ »