« 半身浴読書~116~ | トップページ | 半身浴読書~117~ »

2009.03.19

あなたに言われたくないと思うよ,きっと

シニアライフセミナーは,昨今,どこの企業でも自社の従業員向けに開催していると思う.うちでも,年に一度,開催している.

そしてそういうセミナーは,当然公的機関でも行っていて,先日保険事務担当者(女性・37歳・独身)と一緒に参加した.このセミナーの対象は,求職中の高齢者,在職中の高齢者なのだが,企業の担当者も定年を迎える従業員に相談を受けることが多いので,参加可能だ.

セミナーは3部構成で,まずはじめに最近の高齢者の雇用状況や雇用保険について,その次に定年後の年金受給について,最後は個別相談会であった.

この第1部の講師は,65歳になったばかりの女性で,60歳の定年まで管内の職業安定所に勤め,その後その外郭団体に天下りし,現在はこのようなセミナーの講師を行っているらしい.

このような恵まれた環境にいる女性が,同じような年代の求職中の人に対して語りかけたところで,何を言っても素直には届かないんじゃなかろうか.いわゆる勝ち組の高齢者から,「プライドを捨てて」とか「過去の自分にしがみついてはいけません」とか言われてもね.

おまけに,話もうまくなかったしね.(セミナー受講後のアンケートで,<役に立たなかった>に○をつけた正直者のわたしです)

一緒に受けた事務担当者も同じ意見.案外こういう話は,若い子が淡々と話したほうがいいんじゃないかと思った次第だ.

最後の個別相談会で社会保険労務士にあれこれ質問し,これまで従業員に話していたことに間違いはなかったことを確認して,会場を後にした.

帰り際,第1部の講師の女性に,「わたしの頃より制度は整っている.子育ても仕事も,是非がんばってね」と言われ,そのときは素直に「はい」と答えたわたしたちだ

|

« 半身浴読書~116~ | トップページ | 半身浴読書~117~ »

仕事」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うーん。でも、現実問題、収入を得るために、仕事見つけて働かないとしょうがない。借金はゼロにすることはできるけれど、それから後の暮らしをどうするか、となると、仕事が決ることが大事です。
昨日、そう言いました。
家族とも、相談しなさいね、とも。
追い詰めて、自殺されると大変だから、
方法はあります。大丈夫です。と言葉を添えるのですが…。
そんなこと言われたって…と、と思われているかも知れません。

投稿: 街中の案山子 | 2009.03.20 12:22

街中の案山子さん

もしかして街中の案山子さんも,似たようなご職業?

ん~,なんていったらいいのか・・・

美人でスタイルも良く,彼氏に事欠かない女性が,彼氏いない歴ウン十年という女性に,どうやって彼氏をゲットするか講釈たれても「結局外見でしょ?」とか思いません?

この女性講師の話は,なんだかそういう感じがしましたね.
だってこの人は,若い頃からやっていた仕事の延長線上にいるわけで,途中でキャリアを中断したわけじゃないし,それを今離職してる人に言っても,しょうがないだろうと思うわけです.

もちろん話の中で,今就業中の人に対して「雇用延長の話は,受けなさい」とも言っていましたがね.

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2009.03.20 22:08

うーん、似ているわけではありません。
でも、なんともならず困っている、こっちについては責任もって対応するから、明日からの生活は何とか自分で考えなさいねって、いう立場側です。

投稿: 街中の案山子 | 2009.03.21 22:35

街中の案山子さん

もしかして,あなたは弁護士さん?
はたまた司法書士,行政書士さん?
(もちろんこの問いにはスルーでね♪)

そういう人に相談に来る人は,きっと専門的な助言に安心を得ているでしょうね.

今回の講師さんにも,もっと雇用保険の受給についての実際や,再雇用の現実など,専門的な話を聞かせて欲しかったですね.

とはいえ,私自身,採用活動の中で学生達に話をする機会が多いですけど,決して上手く話せているとは思えないんですけど.(反省)

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2009.03.22 21:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/44402167

この記事へのトラックバック一覧です: あなたに言われたくないと思うよ,きっと:

« 半身浴読書~116~ | トップページ | 半身浴読書~117~ »