« おいおい,それは早すぎるぞ | トップページ | 長く続けたいと思ったときから,相手に合わせてしまう悪循環が始まる »

2009.03.01

ヽ(゜▽゜*)乂(*゜▽゜)ノ バンザーイ♪ついに卒業したぞぉ~

今日はもしかして,全国的に高校の卒業式でしょう?

ついにやりましたわ.ヤツめ,ついに念願の卒業証書を手にしましたわ

思えばここまで,長かった.ε=( ̄。 ̄;A フゥ…(参照エントリー:『まずは当然,おねえのこと』『お久しぶりはこの話題~もちろんおねえのこと』
もう駄目かと思ったことも,一度や二度ならず.それでも何とか卒業までこぎつけ,進路まで決めやがったのは,もうこれはキセキとしか言いようがない.

今日の卒業式.昨日から体調を崩していたわたしに,おねえが

「体育館は寒いよ.来なくてもいいんじゃない」

と言ったのだが,

「い~え,這ってでも行きますわ.あなた達の学年のPTAでもっとも学校に行ったのは,間違いなくわたしなんだから!」

と言い放ち,意気揚々と学校に出向いたのでありました.

『あなたは,わたしの彼氏ですか?』くらいな勢いで,毎日携帯電話で話していた2年のときの担任に,お礼を言いたいと思っていたのだが,途中で見失ってしまい言えないまま,すごすごと帰ってきたのでありますが.

ちなみに,進学先への入学金と授業料ですが,速攻振り込んでやりました(絶対一位だな,振込み順は).おねえを受け入れてくれる大学の気が変わらないうちにな.

|

« おいおい,それは早すぎるぞ | トップページ | 長く続けたいと思ったときから,相手に合わせてしまう悪循環が始まる »

家族」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

そうでした、そうでした公立高校は3月1日でした。
おめでとうございます。
ととさんの、うれしさの勢い溢れる文章に喝采です。振込1番のり、なんでもいいや、喜ぶときは、精一杯喜んで英気を養う、そんなものです。
今年の桜はきれいですよ。
つくづく、よかったね。

投稿: 街中の案山子 | 2009.03.02 10:14

ととさん、お嬢さんのご卒業、本当におめでとうございます。

ブログで拝見するお嬢さんの記事にはどきどきしながら、でも陰ながら応援していました。

それにしても早いですね。
ついこの間高校受験でやきもきしていたかと思ったのに・・・

やっぱりととさんのお嬢さんだからタフですね^^
自分の道は自分で切り開いてご立派です。

輝かしい未来に向かって、がんばってください!卒業式、うるっときたんじゃない?

ととさんもほっと一息つけますね。
お疲れ様でした。
とはいえ、いつまでも心配は尽きないのですけど(経験者は語る^^;)

投稿: ぶんぶん | 2009.03.02 10:40

街中の案山子さん

ありがとうございます.
この卒業証書の重みは,全国の高校生の中でも一二を争うことでしょう.

ともかく,おねえの表情が明るくなり,わたしの肩の力が抜け,自然なコミュニケーションが取れるようになったことが,一番の収穫です.

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2009.03.02 22:53

ぶんぶんさん

お久しぶりです.
ありがとうございます.ご心配おかけしておりました.(^^;)

卒業式は,さすがにうるっときましたね.でも,泣きませんでした.泣き顔が汚いので…(-。-;)

>とはいえ、いつまでも心配は尽きないのですけど(経験者は語る^^;)

これ,いいですね~.
こういう経験者談は,大好きです.是非,お聞かせください!

思うんですが,今になってみると,子供が幼かった頃の心配事や悩み事が,とても微笑ましくて,なんであの頃あんなに悩んでいたんだろうと思うんです.だから,小さい子のお母さん達が悩まれているのを見ると,共感しつつも,もっと気楽にねって声をかけたくなるんです.

だから,ぶんぶんさんも同じように思ってたでしょう?もっと気楽にねって(*^o^*)

街中の案山子さんも先輩ですから,きっといつもそう思ってらっしゃると思うんですよね.

でね,そういう循環っていいなぁって感じます.ちょっと先行く人生の先輩が,決して非難するのじゃなく,そんな風に思っていてくれたら,もっともっと子育てって気楽にできるんじゃないかな~.
そして,気楽に育てられた子供のほうが,たぶん呑気で,タフなやつになるような気がします.

投稿: とと(>ぶんぶんさん) | 2009.03.02 23:04

一足先にご卒業おめでとうございます!
キセキ!!わかります。
我が家も紆余曲折、語りつくせぬ事が山ほどありました。
ブログにもまだ書けぬほど…。

大学…、とりあえず社会に出る猶予期間が確保されたという事は、めでたい事です。
うちもキセキの3連ちゃん?で、進路決まりそうですが、ここぞという時に勝負をかけたわが子の生きる力、信じてあげましょうよ!
そうしてそんな子供を育てた自分を褒めてあげましょう。
とりあえず今だけは!ねっ!!

ととさんの喜びが素直に理解できるriroでした^^

投稿: riro | 2009.03.02 23:39

riroさん

ありがとうございます!
riroさんちも,いろいろありましたかぁ~.どこもすんなりとは通らせてくれない関門なんですね~(しみじみ)

進路が決まりそう・・・ということは,国公立の結果待ちですか?
うちは,ハナから国公立は無理だったので地元の女子大のみ受験しましたが,うちの母は親戚に「国公立があるから,まだ確定じゃないのよ~.オホホホ~」ってな感じで言ってます.(ザ・見栄っ張り)

これからもきっといろいろあるんだろうなぁ…
(〃´o`)=3 フゥ

投稿: とと(>riroさん) | 2009.03.03 22:32

子供が小さい時は小さな「心配」、大きくなれば大きな「心配」と、子育ての先輩に言われたのは我が子等がまだ学齢前でした。
その通りです。
ととさんの大きな心配は未だ続くでしょうが、それもあっという間です。直、「安心」というご褒美が来ますよ。
とりあえず曲がり角を一つ曲がったところで、おめでとうございます!!

投稿: serena | 2009.03.03 22:35

考えてみれば、あの時の3月1日は、いつも微妙な気分でした。第1子と、第2子のときは、国立某学部単願だったから、浪人ほぼ確定の卒業式でした。出席簿が女子男子の順になっている学校で、理系クラスが入場してきた時、先生のすぐ後ろ、2番目あたりだったかで、まっすぐ胸を張って入場してきた超色白の子が娘です。これから大変な浪人生活に突入するのだな、という思いで眺めていました。生徒たちは卒業式でイルカの「なごり雪」を合唱し感動しました。その後私のカラオケリクエスト曲になっています。
小さいときは小さい心配、大きくなると大きい心配。という↑コメント、全くですね。
彼女のは、「え!?」という展開が待っていましたから(笑)。

投稿: 街中の案山子 | 2009.03.04 09:50

serenaさん

ありがとうございます.

>子供が小さい時は小さな「心配」、大きくなれば大きな「心配」と、

そうですね.
でも,子供が小さい頃は,その小さな心配に胸をいっぱいにして悩んでいたものです.決して「小さな心配」と余裕ぶっこきではなかったんですよね.
そう考えると,親は,子供の成長に合わせて悩みを受け止めるキャパが広がってくるのかもしれませんね.これが<人間がでかくなる>ってことなんでしょうか?

わたしは昔より,でかい人間になったのでしょうかね.

投稿: とと(>serenaさん) | 2009.03.04 21:21

街中の案山子さん

おねえの卒業式では,「手紙」が歌われましたよ.なんか今っぽいですね.

クラスに戻って担任からひとりひとり卒業証書をもらい,一言ずつ挨拶をしたんですが,おねえは先生にむけて「学校サボったり~,遅刻したり~,勉強できなかったり~,そのたびに呼び出してくれてありがとうございました」って言ってました.(爆)
友達に向けても「しばらく学校に来てなくて,迷惑かけてごめんね~」と言ってました.
クラス中,爆笑でしたよ.(-。-;)

>彼女のは、「え!?」という展開が待っていましたから(笑)。

どんな展開だろう?機会があれば是非,教えてください.(*^^)

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2009.03.04 21:27

「え!?」は、もうすっかり、懐かしくもある思いでてすが…。
10年も前のことなのに、去年だか、彼女のことを語る2チャンネルを見つけました。
勿論ペンネームです。バカ親としては、読ませてもらいましたが、悪口はまったくなくて、○○さんどうしているかしら。また書いてくれたら…、とかの談話室になっていました(笑)。お正月にそのことを本人に伝えたら、誰かから聞いたらしく知っていて、ファンのオフ会もあったらしいよ、と。当座は親には内密でスタートした彼女の活動でした。
ここで、おしまい(笑)。
「え!?」でしたか。

投稿: 街中の案山子 | 2009.03.05 06:54

ご無事のご卒業おめでとうございます。
私も母に心配かけたなあ。。。。最後の最後まで浪人だと思っていたので、国立の発表で大どんでんがえしがあったので、卒業式(発表前)は、鬱々とした気分で出席して、そそくさと帰ってきましたんで(当時、C日程試験がまだ控えていましたし)。
しかし、そこで大どんでん返しがあったせいで、私はその後、大卒時に某資格試験におちまくり(3年越し)、こちらも卒業式は試験前で鬱々と過ごした覚えが。そして、母は長女で味わわなかった浪人を次女で味わうハメに。いやあ、親って大変。
そうかんがえると、保育園のお遊戯会で、無邪気に踊っている我が子を見て、感動している自分の幸せをもっと噛みしめないと。そして、年長児のおやごさんが泣いているのを横目に、数年後の卒園式を思って、自分もうるうるしている今は、ある意味、とっても幸せなのかも。。。
友人たちの子供が中学生で、「登校拒否ってる」とか「いじめられて、円形脱毛症が」とかいう話を聞くと、子供が大きくなるほど悩みが大きくなると言うことを、実感している私です。もうちょっと、子供たちにはこのままでいて欲しい気もしてきました(教育費もかかるだろうし・・・あぁため息)。

投稿: ちゃい | 2009.03.05 22:08

街中の案山子さん

ありがとうございます.
でも,わかるようなわからないような…

お嬢さんは物書きになられたのかな?
それとも,作曲家?
でも今は,その活動はされてないのですね.また復活することもあるのかしら?

才能の豊かな人は,何をやらせても秀でていますもんね.(*^o^*)
いいないいな♪

By 超凡人とと(^^)

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2009.03.05 23:06

ちゃいさん

ありがとうございます.

親に迷惑をかけた自覚があるなんて,えらいですよ.わたしなど,受験は地元国立大学一本で,しかも合格.親にとっては自慢の娘だと,勝手に胸を張っていますが,父に言わせるととんでもない不良娘だったようで・・・.
自覚がない分,始末に悪いです(-。-;)

ちゃいさんのところは,まだまだ子育ての楽しい時期ですから,しっかり可愛さの備蓄に努めてください.それがあれば,きっとその後の嵐も乗り越えられるはず.

うちは,今度は下の子で悩み増大中です…
┐(-。ー;)┌ヤレヤレ

この件は,また後日ね.

投稿: とと(>ちゃいさん) | 2009.03.05 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/44216059

この記事へのトラックバック一覧です: ヽ(゜▽゜*)乂(*゜▽゜)ノ バンザーイ♪ついに卒業したぞぉ~:

« おいおい,それは早すぎるぞ | トップページ | 長く続けたいと思ったときから,相手に合わせてしまう悪循環が始まる »