« あなたに言われたくないと思うよ,きっと | トップページ | 「昭和の匂いがする」 »

2009.03.21

半身浴読書~117~

51bemdpbd4l__sl500_aa240_ 『神様からひと言』 / 萩原浩,読了.

以前読んだこの作家の作品(半身浴読書~75~)とは,全然違う趣の作品.すごくコミカルで漫画チックな味わい.

漫画チックな作品ってあんまり好きじゃないんだけど,これは面白かった.

転職して食品メーカーのマーケティング部門にいる佐倉が,会議中に上司と喧嘩してお客様相談室へ異動になる.そこで感じる会社の矛盾や,サラリーマンの悲哀,そういうことが面白く書かれている.

会社にいる自分達をおでん鍋の具材に例えての説明は,結構的を得ているなぁと思った.

喧嘩したまま半年も戻ってこないリンコを探す佐倉のエピソードも挟み込まれていて,こちらのほうは,女心のわかりにくさがわかりやすく書かれてると感じた.

誰が見ても結婚には向いてなさそうな女ほど,プロポーズ的な話は苦手だという話.本当は,彼からのプロポーズを喉から手が出そうな勢いで待ってたとしても.

|

« あなたに言われたくないと思うよ,きっと | トップページ | 「昭和の匂いがする」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/44421096

この記事へのトラックバック一覧です: 半身浴読書~117~:

« あなたに言われたくないと思うよ,きっと | トップページ | 「昭和の匂いがする」 »