« どんな男を夫にするか | トップページ | 付き合ってる彼女の親に会いたいと思う不思議 »

2009.02.08

どんな男に惚れるか

『どんな男を夫にするか』の前に,まずはどんな男に惚れるか,という問題がある

わたしは,若い女性の言う<結婚と恋愛は別>という言い分には,賛成できかねる.こういう女性の言葉を聞くと,『若いなぁ~』と思う.

結婚は,恋愛の延長線上にしかない.好きでもない男に抱かれることはできないし,好きでもない男の子供を産むなんてことは,なおさらできない.

出産は命がけだ.医療が進んだ現代でも,決して100%安全なお産なんてない.

そもそも恋愛感情とは別の結婚って何だ?条件?その条件って?収入?学歴?見た目?家柄?それとも最近じゃ,家事育児への協力的態度?

けれど,残念なことに条件はいとも簡単に変化する.

収入が死ぬまで多いとは限らないし,見た目は驚くほど変化する場合がある.良い家柄には,うるさ型の親戚がセットになっているかもしれないし,家事育児には協力しても介護には無関心かもしれない.

<恋愛と結婚は別>などとうそぶくより,『誰よりもこの人が好き』と思えた人と結婚した方が,結局は幸せなんじゃないだろうか.いや,幸せというより納得できると言ったほうがいいか.

もちろん,すべての恋愛が結婚に結びつくわけではなく,そこには越えるべきハードルはあるのだけれど.

自分がどんな男に惚れるのか.「俺がお前を養っていく」と言う男か,それとも「一緒に家計を担っていこう」と言う男か.前のエントリー【どんな男を夫にするか】にも書いたが,出産後もバリバリ働きたいと思う女性が皆,後者に惚れるとは限らない.強い男に守られたいという感情も,女の本能に刷り込まれていたりするのだ

しかし,こうやって手順を踏んで恋愛し結婚しても,4年程度で破局するカップルが多いらしい.先日のNHKスペシャルで知ったことだ.生まれた子供がある程度大きくなり,男女で協力して子育てする必要がなくなるまでが約4年で,その期間は恋愛感情が持続するようになっているらしい.裏を返せば,恋愛感情の持続期間は,わずか4年ということだ

(・_・o)ン? (o・_・)ン? (o・_・o)ン?

そうすると,恋愛感情も条件も,将来にわたって保障されないという点では同じなのか?そうなのか?

|

« どんな男を夫にするか | トップページ | 付き合ってる彼女の親に会いたいと思う不思議 »

仕事」カテゴリの記事

女の生き方」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。さちまねきと申します。ちゃいさんのblogから来て、前記事と合わせて拝見しました。
うちの夫は、当時(12年前)としては進歩的な考えの持ち主だったのかもしれませんが、「奥さんにはずっと働き続けてほしい。家計は自分が稼ぐから、遊ぶお金は奥さんが稼いで、プライベートではいつも一緒に遊びにいける夫婦が理想。奥さんが家に入って所帯じみるのはイヤ」と言っていました。「自分は結婚しようが子どもを産もうが、自分の健康が害されて働くのがどうみても無理な状況にならない限り、ずっと働く」と当時から宣言していた私としては、この辺の考え方がパートナー選びの決めてになった気がします(実は当時はもともと別の方と数年にわたるおつきあいしていたのですが^^;)。
そんな私には、結婚後も、結婚観を語る機会がある男性は、「リスクヘッジができるから、奥さんには働いてほしい」、「家事が好きだから、バリバリ働く男性的な女性の方が合うと思う」等とのたまう男性が多く、前記事のように、「奥さんが働くのはプライドが許さん」と言う男性は減りつつあるんじゃないか、と勝手に思っていたのですが、口に出してそんなことを公言しにくくなっただけで、まだまだ健在なのですね。
実際問題、一人の女性にとって、人生のある時点において、結婚相手として候補に挙がってくる男性というのは、一人か二人かせいぜいその程度だと思うので、その人と結婚してうまくいくかどうかって、結局はギャンブルのようなものだと思います。ただ、自分が結婚相手、結婚生活に何を求めているかが明確になっていたり、それに照らして相手が賛同してくれる人間なのかをよく観察することで、リスクを少し減らすことはできると思いますけどね^^。
あ、ちなみに、私は就職活動をする前に結婚したので、また、それがバブル崩壊数年後だったので、当時、ばりばり働くのに賛成なパートナーを選んだにも関わらず、就職活動では思った以上に苦戦するという落とし穴がありました。(長い目で見ればその経験のおかげで得たものも多いですけど、当時は社会の理不尽に憤っていました)

投稿: さちまねき | 2009.02.09 04:45

好きになったらアバタもエクボ状態になるからねー。
次々に結婚相手を決め、それぞれが戸籍から巣立って行きました。
が、ひとりカムバックしてきて、私たち夫婦の戸籍に戻ったそうです。
で、ドクシン状態の彼女、親としてはそれとなく気になります。
どんな人に惚れるのか。やっぱり「尊敬できる人」であって欲しいのだけれど、一回目も、このお母さんの質問に、「うん、尊敬できるよ」って答えたからなー(笑、とはかけない、ハラハラ)。


投稿: 街中の案山子 | 2009.02.09 07:57

「何事もやってみる事が大事なんだなぁ。」
と、改めて。。。

恋愛だろうが、結婚だろうが、
「やってみないとわかりません」
です、ハイ。

投稿: さじった | 2009.02.09 20:33

さちまねきさん

こんにちは(*^^*)

さちまねきさんも,良いご主人とめぐり合われたのですね~.おめでとうございます.

わたしの場合,自分がどのように生きたいか,はたまた結婚後も働きたいかなど考えたこともなく,ただ一緒にいたいなぁ~と思って結婚しただけで,その後も流されるがままに生きてきましたので,自分の生活スタイルや考え方に合う男を捜すという視点は,全然なかったですね.

でも,とにかく好きじゃなきゃ付き合えないですから,好きになった時点である程度価値観は似通っているのでしょうが.

>前記事のように、「奥さんが働くのはプライドが許さん」と言う男性は

男のプライドが許さないというのではないのですよ.
ただ,不思議なのだと思いますね.外で働くというのは,いいことばかりじゃなく,肉体的にも精神的にも辛いことがたくさんありますから,なぜ,自分(男)が養ってやると言っているのに,外に出て働こうとするのか,ただ不思議なのだと思います.

それは男の優しさでもあり,頼もしさでもあります.自分が家族を守るんだという気概を持つ男に,わたしは単純に惹かれますね.

わたしは,おそらくキツイ女なのですが,それでもやっぱり強い男に守られたいという気持ちもあるのです…(意外?)

投稿: とと(>さちまねきさん) | 2009.02.09 23:03

街中の案山子さん

お~!おひとり,カムバックされましたか!

最近は,独身女性と同じように,バツイチ独身も完全に市民権を得ましたので,カムバックも容易になりましたね.(*^^*)

ま,結婚ってもんは,一回もしないより一回はしてみてもいいんじゃないかとわたしは思うので,2回目があってもなくてもいいんじゃないかなぁ~.

惚れる男って,たいてい似たようなタイプになるような気がしますが,カムバックさんのこれまでの彼氏も同じような系統だったのかしら?
この恋愛感情ってやつは,理性でコントロール不能なので,真にやっかいですね~(^^;)

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2009.02.09 23:10

さじったさん

確かにね~
やってみなきゃわかりませんね.
ある意味,博打です.

でも,自分で選んだ人ならば,後悔しないように努力することができますよね.選択のあとの努力,これしかないですね.

投稿: とと(>さじったさん) | 2009.02.09 23:12

前記事のコメントで「耳が痛い」と自身に反省するさじったさんを「偉い!!」と思い、miraiminatoさんの単身赴任をいとも簡単にえらぶご主人に感動し、進歩的なご主人を持つさちまねきさんをうらやましいとおもう、ないものねだりのちゃいです。余談ですが、私もさじったさんのコメントの「技術があるから挑戦できるのではなく・・・」と言っていた社長さんの言葉に感動し、テレビをみながら寝ていた夫をたたき起こして「見ろ見ろ」といったんですが、夢の中から這い上がってこず、絶望していました。

さて、私はととさんの意見とちょっと違うんですが、惚れた相手と結婚するとも限らないって思う人なんですね。ま、嫌いな人と結婚する事はないとおもうんですが。主人よりも好きだった相手は過去に何人かいます。でも見事に皆さんに振られましたので、私は恋愛と結婚は別だと思っています。恋愛はできても結婚できない相手が存在すると言うか。ちなみに恋愛相手の奥さんが、今もバリバリ働いているパターンが多いので(全員は調査できませんが)、保守的な考えをするうちの夫とは違ったんだなとおもいます。まあ、そういう人たちに選ばれなかった結果、うちの夫を選んだのかもしれませんが。最終的には「似たような人を好きになっても成就しない」とおもって、夫にしたというか。。そう考えると因果応報と言うか、負けた気がして、悲しくもなりますがね。。ま、いいんですけど。
 
私の友人でも、医者としか見合いしなかったお嬢様は、恋愛は医者じゃない人としていましたし、幸せは他人の尺度では測れないので、だからどっちが幸せかというのは、わからないんですけどね。彼女は彼女で幸せそうにも見えますし。
 
あと、私の同級生は離婚率がやたらと高いのですが、一番多いのが「学生時代からの恋愛の延長上の結婚」の人で、次が「新卒で入った会社の身近な同僚」なんですね。夫の同僚でも、妹の友人でもこのパターンが一番多いので、意外と「合コン」とか「見合い」で知り合うとそうでもないのかな?と思っているんですが、これも全部調査したわけではないので、分からないんですけどね。恋愛期間があまりに長すぎると、破綻しちゃうのかなあと、勝手に思っているんですが。
それに、離婚も、「離婚=不幸せ」ってわけではなかろうし、むしろ今は「離婚したくてもできなくて我慢している方がよっぽど不幸」っていう見方もできますし。

あ、ちなみに、出産は命がけでしたが(私の場合は、大げさではなく、流産や入院もしたので)、「ああ、なんでこんな男のために」と今はおもってます。それが証拠に夫に恨みつらみをこんこんと聞かせたことすらあります。でも、それも今だから思っているのであって、結婚する直前ぐらいまでは一応それでもラブラブだった時期が短期間ながらあったはず。。。と、記憶の隅を掘り起こし思い返し、自分の過ちを、自己責任で取ろうと思っています。まだまだ長い人生なので。。。。

投稿: ちゃい | 2009.02.10 00:31

カムバックさんという呼称いいですね。殆どこちらに相談しないものだから、我が娘ながら強いな、と眺めています。初めて耳にしたのは、相手のお母さんからの電話。翌日母親同士が話合い。その後も何度か親同士がおしゃべりしたり。変でしょう。素敵なお母さんでした。でも本人同士の結論なんだから仕方がないね、で終了しました。今でもお喋りしたいのだけれど、そこはお母さん弁えて、と娘から釘を刺されています。
このコーナーでは横道になってしまいましたね。

投稿: 街中の案山子 | 2009.02.10 09:51

ちゃいさん

ないものねだりとは,実に人間らしい.(*^^*)
隣の芝生は青く見えるとは,よく言ったものですなぁ~.

さて,ちゃいさんは『結婚相手は条件から』のタイプなのかしら?

結婚には,もちろんハードルがあるので,好きになれば誰でもいいってわけじゃないですね.そこにはある程度条件はあります.もちろん,条件重視でも嫌いじゃ結婚できないですから,ま~言うなれば,恋愛感情が先か,条件が先かの違いかな.

わたしは,結婚したくて恋をしたことはないので,恋が先派です.

条件が先でももちろんいいけど,条件が変わったときにそのがっかり度は相手に向かいがちです.こんなはずじゃなかった,あんたのせいよ~!って.(笑)
逆に言えば,条件が変化しなければずっと仲良しともいえますけど.

また条件の場合,適齢期に好ましいと感じる条件と,中年になった今,好ましいと思う条件は異なりますし,実にあやういと思うんですよ.

でも,人生のほんの一時期でも『大好き!』と思えた相手ならば,相手が困難に見舞われたときには,一緒に立ち向かいたいと思うし,不遇のときにも一緒にがんばれると思うんです.
家族は運命共同体だから.
恋愛感情の持続期間は短くても,それを過ぎたら家族愛が生まれると思うし,そのためには根本的に好きじゃないとだめなんじゃないかと思うから.

そもそもわたしは,好きな人がいながら結婚相手を条件重視で探すなどという器用なことはできません.だけど,若い子はそういうことが平気でできちゃうと思うのがすごいです.こんなこと,誰にでもできるもんじゃないと思いません?

>ちなみに恋愛相手の奥さんが、今もバリバリ働いているパターンが多いので

↑これは,奥様の教育の賜物なのかもしれませんよ~(*^^*)
ちゃいさんのご主人には,もう手遅れ???(笑)

投稿: とと(>ちゃいさん) | 2009.02.10 21:41

街中の案山子さん

>このコーナーでは横道になってしまいましたね

↑いえいえ.
一歩先行く先輩の経験は,いつも参考になります.

それにしても,相手のお母さんとお話しするなんて...
っていうか,相手のお母さんからカムバックを聞くなんて!驚きです.

よほど円満なお別れだったのでしょうね.
それならなんでお別れしたのか,不思議ではありますが.

夫婦のことは,たとえ親でもわからないものですね~.

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2009.02.10 21:47

私の場合、結婚も、政治も、
「“bestよりbetter”派」
かな。
その時々、どちらも正しいことっていくつもあって、
一年後に考えるともう一方が正解だったかな
と思うこともあって。
だけど、その瞬間においては「それがbetter」
だと考えて行動しているんだと思うし。

カムバックするのも、
今から教育するのも、
“今の瞬間”においてbetterだと思うほうを
選択していただきたいものです。
と、勝手に思っております。


郵政民営化がbetterと判断した人がたくさんいて、
今の総理大臣がいるわけですし・・・shock

投稿: さじった | 2009.02.10 21:55

さじったさん

>一年後に考えるともう一方が正解だったかなと思うこともあって。

↑=^-^=うふっ♪
なんかこれって,さじったさんらしいわぁ~(*^^*)

bestだったどうかなんて,死ぬまでわかんないですもんね.瞬間瞬間,ジャッジしていくよりないですね.

そのジャッジが後悔にならないよう,その後の頑張りが大事なんだろうと思います.

>郵政民営化がbetterと判断した人がたくさんいて、今の総理大臣がいるわけですし・

↑今の総理大臣って,ちょっと気持ちがぐらつきすぎますね.言うことがすぐに変わるし,言い訳ばかりするような気がして,絶対こんなタイプは,彼氏にはしたくありませんわ~(*^^*)

投稿: とと(>さじったさん) | 2009.02.10 22:21

>そもそもわたしは,好きな人がいながら結婚相手を条件重視で探すなどという器用なことはできません.だけど,若い子はそういうことが平気でできちゃうと思うのがすごいです.こんなこと,誰にでもできるもんじゃないと思いません?

私もさすがに条件重視以前に、それなりに好きではないと結婚できないとはおもうのですが、平気で出来ちゃう人もいるかもなとも思います。
流石に自分で稼げない女子は、稼ぐ男子ならOKかもしれないし(確かに稼げなくなった時点でジエンドかもしれませんが)、とにかく面食いって人もいますよね(これも老化によりジエンドか?)。
また、極端な例でなくてもある程度好きなら、なんとかなるのかも、ともおもいますよ。「私は2番目に好きな人と結婚する」って、のたまっていた友達も沢山いましたし。。。(本当に2番目かどうかは、わかりませんが)。


さじったさんのおっしゃるとおり、なんとなくbetterなかんじなんですね。夫って。お互いにbestな相手は別にいるような気はするんですが、それなりには食の好みや趣味があってもいますんで。
それとやっぱり時期は重要なのかも。
お互い無性に「誰でもいいから(?)結婚したい時期」に付き合っていたことだけは確かです。
ただ、そうなると、今現在、生きていく過程においては、衝突もかなり多いんですが(子供のことについても考え方がかなり違います)。

でもでも、
>bestだったどうかなんて,死ぬまでわかんないですもんね.瞬間瞬間,ジャッジしていくよりないですね.

っていうのも、最近分かってきました。まだまだ人生が長いんだろうなって感じがしてきていますし、子供がいると、やはり離婚はかなり勇気がいります(でも、シングルマザーで頑張っている友も多いですがね)。一応、いまのところ、衝突しながらも成長していってますし。

それと
>↑これは,奥様の教育の賜物なのかもしれませんよ~(*^^*)

ではなくて、多分、やっぱり恋愛相手だった人たちが恵まれた環境の職場だとおもうんですね。うちの夫は、物理的にも育児参加はかなり無理なんで(ちょっと前までは深夜残業、徹夜、休日出勤が当然の職場な上に、転勤も強いられ、恋愛相手の職場は専門職で転勤はありえない上、保育園の送迎もご主人担当なのだというから、残業は全くないんでしょうね)。
こういうことを言うこと自体、夫がかわいそうなんですが、高収入、高学歴、企業規模、育児制度、夫婦共働き率、残業時間、どれをとっても、残業時間以外は、夫の会社は下なんで、条件にこだわって結婚したかったら、多分夫とは結婚していなかったかも。。。
というか、条件重視だったら、私の希望条件がいなくて、誰とも結婚しなかったのかもなあと、思います。
これもbetterということろなんでしょうね。
結婚しなかったよりは、流産とか命がけの妊娠とか入院とかもありましたが、結果的に子供に恵まれて、人生に深みができて、いろいろとよい経験になったと思えますから。もちろんまだまだ先は長いので、結果が出るまでは、なんともいえないですがね。

あと、余談ですが、街角の案山子さんのカムバックの話を読んで、篤姫の脚本家の田淵さんのお話を思い出しました。田淵さんも以前のご主人とは円満に別れたそうで、田淵さん出演の番組に、普通にインタビューに答えていました。そういうこともあるんだなあと思うと、同級生の離婚も、それぞれに理由があり、その当事者にしかわからないことがあるんだなあと思いました(ちなみに同級生女子50名のうち、15名ぐらいが独身、15名ぐらいがカムバックさんです。残りは結婚していても専業主婦の人はほとんどいませんでした)。

投稿: ちゃい | 2009.02.10 23:26

「男の優しさ、頼もしさ」とみるんですね。そう言われると、もっとも原始的な男性・女性の持つ本能、みたいなところに行き着きそうですね。そういう見方も素敵だな、と思いました。
とはいえ、私自身、「強い男に守られたい」みたいなことを思ったことがつゆないんですよ(苦笑)。基本的には対等でいられる人をパートナーにしたい、っていう気持ちが強くて。
パートナー選びの基準も人それぞれなんだということがわかって、興味深いです^^

投稿: さちまねき | 2009.02.11 05:46

ふふふ。
喫茶店でおしゃべりした帰り、早く子供が産まれたらいいねって話しながら、「双子でもいいね」という私に、(娘は専業主婦タイプではないので)「そうしたらお互いにひとりづつの世話をしましょうか」と冗談を言い合える中でした。
正式離婚まで2年ほど期間を置いたのですが、それを今度は私との会話で知って、彼女は、息子に確認し、即、わが娘に連絡して会いに言ったそうです。
息子の親として、聞いておきたいから、息子とはどういう面がやっていけないと思ったのか、と。
娘は、ここはきちんと説明する責任があると、自分の気持ちを伝えたら、「判った。あなたの感じたこと、私もそう思うから」と。
彼女60代半ばですが、聡明な女性でした。

投稿: 街中の案山子 | 2009.02.11 07:34

ちゃいさん

一番目に好きな人と結婚するなんて、至難の業ですよ。こればっかりは、見送ったらおしまいだもの。もっといい球が来ると思って見送ったら、結局ホームランは打てなかった…ってことは、よくある話です。

ま、それもこれも時期ですよね。見送りたい時期と、そうじゃない時期と。
わたしもオットと結婚を決めたときは、結婚したい風が吹き荒れていました。何事も、マインドが大事です。

わたしも、田淵さんが出ていた番組見ましたよ~。
『結婚してくれて、子どもも産ませてくれて、おまけに離婚までしてくれて、あなたってほんとにいい人ね』って言ったというのを聞いて、『なんじゃそりゃ』と思いました。(笑)
何かに抜きん出ている人って、やはり常識の外側にいるのかしら?

>もちろんまだまだ先は長いので、結果が出るまでは、なんともいえないですがね。

↑そうですね。
わたしもまだまだ途上ですから、死ぬときに『ああ、面白かった』と言って死ねるよう、頑張りたいと思います!

投稿: とと(>ちゃいさん) | 2009.02.11 21:10

さちまねきさん

>私自身、「強い男に守られたい」みたいなことを思ったことがつゆないんですよ

そうなんですか!(ポロッ)(←目からうろこが落ちる音)

わたしは頼りたい派ですね。
辛いとき、困ったときには黙って胸を貸してくれるような、そんな男が好きです。
わたしがやりたいようにやらせてくれて、それでいて見守ってくれているような。

好きになって、ある程度付き合いが継続できた男は、皆そういう雰囲気がありました。もちろんオットにもありましたが、今ではわたしのやりたい放題の度が過ぎて、見守るというより遠巻きに見ている感じです。(汗)

投稿: とと(>さちまねきさん) | 2009.02.11 21:19

街中の案山子さん

なんか素敵な方ですね。
自分の息子だけを正当化するのじゃなく、両方の話を聞く姿勢は、ほんとに尊敬できますね。

カムバックさんも、そんなお姑さんとなら適度な関係を持つことができたでしょうけど、肝心のお相手と合わないのでは…。ま、しょうがないかぁ~(o^-^o)

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2009.02.11 21:25

こんなこと書いて…、の時限かもしれませんが、彼女も某市区内に沢山の土地を持つ家に嫁いで、長年相当苦労してきた人です。あの年齢で理系大学院卒という肩書でめずらいしい存在だったのです。だから、土地のシキタリを失念するごとに、半年は隣近所の噂の種にされるのよ、と笑っていました。相続税の心配で悩まないといけない資産家なのですが、専業主婦しないで、専門の仕事を細々と続けているところに、彼女の意志を思ったものです。

投稿: 街中の案山子 | 2009.02.12 10:06

街中の案山子さん

その方も街中の案山子さんと環境が似てらっしゃるんですね.縁がなくなるのは,ちょっと寂しい感じかな?

息子のカムバックについては,どんな風に思われたのか聞いてみたい感じです.(*^^*)

投稿: とと(街中の案山子さん) | 2009.02.12 22:09

先ほど町内放送で
「~男女共同参画~」
の何かがあると言っていました。

学生時代に一度そのような会議に参加して、
“女性しかいない”ことを不思議に思い、
「なんで?“男女平等”をうたうんでしょ?」
と周り(主催者含む)に聞いて
「コテンパンpunchpunchpunchpunchpunch
にされた事を思い出しました。
(内容は今ひとつ記憶しておりませんが)

で、逆に質問です。
「どんな女に惚れるか」
ということについてどのように思われますか?
(話の流れがおかしいのは気にしないでください)

投稿: さじった | 2009.02.13 23:32

さじったさん

「どんな女に惚れるか」ですか?
こりゃ難しいですね.だって,女には惚れませんもん.(*^^*)

男がどんな女に惚れるかは,さじったさんの方がご存知なのでは?

ま,ちょっと想像してみますかね~(^^)

投稿: とと(>さじったさん) | 2009.02.14 16:37

では、質問の書き方を変えてみて。

「どんな異性に惚れますか?」

投稿: さじった | 2009.02.14 17:40

さじったさん

質問の書き方が変わっても同じなんですよ.
わたしにとっての異性は,男性だから.

「どんな女に惚れるか」をわたしが書くとしたら,「どんな女に男が惚れると思うか」になると思います.

さじったさんは,わたしに何を聞きたい?
何か思惑があるでしょう?(^^)
ゴールを見せてくれたら,きっとお答えできると思います.

投稿: とと(>さじったさん) | 2009.02.14 20:21

まっすぐに惚れる方なので、駆け引きは出来ません。女性の場合、
“駆け引きがあったり”
“男性と女性の前で性格が違う方がおられたり”
という話をききます。
なので、
“女性に惚れる場合気をつける点”
があればと思いました。
たとえばですが、怖いお母さん持ちは避けた方が良いとかbleah

投稿: さじった | 2009.02.14 23:53

さじったさん

おぉ~!そういうことですかぁ.

ええ,確かにいますね,駆け引き好きな人.
なるほど,ちょっと面白い話ですね.

そのうち,文字にしてみます.
少々しばらくお待ちくださいませ.(*^^)

投稿: とと(>さじったさん) | 2009.02.15 00:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/44001108

この記事へのトラックバック一覧です: どんな男に惚れるか:

« どんな男を夫にするか | トップページ | 付き合ってる彼女の親に会いたいと思う不思議 »