« やっぱ感動するわぁ | トップページ | どんな男に惚れるか »

2009.01.31

どんな男を夫にするか

さて,始まりました,2010年の採用活動.

このご時世,あまり多くの新卒者を採用することはできないが,一応,学校主催の合同企業説明会や,リクナビ・マイナビなどのイベントにも参加している.

そして,今年もこの質問.

産休・育児休暇をとられる女性社員は何割くらいですか?

回答も,昨年と同様.

結婚,出産後も働き続けるには,企業選びより夫選びです.」(参照エントリー:『産休・育児休暇をとられる女性社員は何割くらいですか?』

だが,今年は昨年とちょっと違う.なぜなら,隣にいた上司がこう言ったのだ.

でもね~,男としては寂しいものだよ,育児休暇を妻が取るのは・・・

わたしは,思わず唸ったね~.なるほど~って.

男はきっと,妻が自分の子供を産んでくれたとき,『この子と妻は俺が守る,俺が家族を養っていくんだ』と気持ちを新たにするのだと思う.

しかし,妻の育児休暇という選択は,その夫の決意をくじいてしまうのかもしれない

考えてみれば女だって,「子供を生んでも今まで通りしっかり働いてくれ」という男と,「お前と子供の食い扶持は,俺がきっちり稼いでくるから家にいて欲しい」という男と,どっちに惹かれるのかといえば,必ずしも前者とは限らない.

家計の責任は夫に背負わせ,自分は自己実現のために働きたいというのでは,少々虫が良すぎるのではないか

     

どんな男を夫にするのか,これは企業選びより難問だ.

「家族は自分が養っていく」ことを男の責任と考え,妻が家庭を守ることを求める男と,「夫と妻はフィフティフィフティ,同じように稼ぎ,同じように家事をする」ことを当たり前と考える男と.

しかも,そういうことって,恋に落ちて相手を好きになるまでわからないから性質が悪い.自分は共働き夫婦を理想としていても,好きになった男は,家族を養うのは男の責任と考えるタイプかもしれない.でも,そうだからといって,その男を手放すことができるだろうか?

だから学生にはこう言った.

「まだ結婚もしていない今のうちから,結婚後のことを考えるより,自分がやりたい仕事ややれそうな仕事,ストレスをためることなく働ける職場,そういうことに重点を置いて就職活動したほうが良くない?」

上司は,そういうことにこだわる女子学生に対して,頭にクエスチョンが漂っていたけれど,女はそうやって節目節目に考えるんですよ.自分の人生を生きるにあたり,結婚や出産,家事,育児,仕事,趣味・・・それらをどうやってバランスさせていくかということを.定年になって初めて,そういうことを考える男性とは違って.

ちなみにわたしは,就職するとき「一生結婚しない」と思っていたことを,ここに白状いたします.

|

« やっぱ感動するわぁ | トップページ | どんな男に惚れるか »

仕事」カテゴリの記事

女の生き方」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

コメント

昨年の約束守っていただけたようで、
ありがとうございます。
「夫選び」の段階も大事かと思いますが、
育児に関してどうするかという段階の、
「教育(コントロール)」も大事かと。

結婚した時、
子供が生まれた時、
嫁が入院した時、
自分が病気になった時、
などなど、思い通りに人生運びません。

「今を一生懸命生きる」
事が大事なのかなぁ、と最近考えております。
先日、TVのニュースにおいて
「派遣切りにあった人が一次産業へ・・・
 ~~中略~~
 ・・・2日でやめていった人もいる」
など流れておりました。そのニュースでは
「家族のためになんでもする」
と言って、正社員になっていた方もいました。
政治であれ、職場であれ、勉強であれ、
「一生懸命」差が伝わってこない気がしています。
なので、“自分だけでも”と思っております。

投稿: さじった | 2009.02.01 00:23

先日夫の母の葬儀で、近親縁者の一人からこう言われました。
「あなたは、いい旦那さんをもって、一番の幸せ者なのだからね。感謝しないといけないよ」と。
その人の息子と夫は同年齢で従兄です。30年挨拶以外に話したこともない人が、私に耳打ちするするように。
夫にそのことを話すと、「キミはそういう言い方されるとカチンと来るだろう」と。
その時は、思ったことは、同じ年の自分の息子の存在をさしおいて、そんな話題ができるのだ、とその感覚を不思議に思いました。
そして、外から見ると典型的三高夫であり、母親にとって超自慢の息子のため、黒を白と言われてしまうほど、いやな経験もセットとしてあるんだけれどなー、とも思いました。
多分、恵まれていたことには違いありません。
義母との関係では不合理なことの連続で、母親にやさしい夫ではありましたが、少しづつ不合理さを押し付けられる私の立場を理解してくれるようになりました。
だから、玉の輿、とか三高夫とかには、こんな周りのハンティもあること、好い事ばかりではない思う私です。

投稿: 街中の案山子 | 2009.02.02 10:48

高校時代「絶対結婚しない」と周囲に公言し、友達づてに親の耳にまで届いてしまい(田舎のせいで、親の同窓生と私の同窓生が親子と言うパターンなのをすっかり忘れていた)、父親には呆れられ、母親には泣かれた私。。。今となっては良い思い出です。
 
>考えてみれば女だって,「子供を生んでも今まで通りしっかり働いてくれ」という男と,「お前と子供の食い扶持は,俺がきっちり稼いでくるから家にいて欲しい」という男と,どっちに惹かれるのかといえば,必ずしも前者とは限らない.
 
私のことか?(汗)
拙ブログをTBさせていただきましたが、私が正社員を辞めて、夫が喜んだ理由に、王権復活ではありませぬが、私の収入減でメンツがたったという、くだらない理由がありました(詳しくは読んでくださいまし)。
勝間和代さんもおっしゃってますものね。「男は正論よりメンツをたてろ」と。夫はアンチカツマーなのですが、それでもこの説だけは「さすがバツ2だけある。お前より男を分かっている」と感心していました。いまだに大卒男子の多くが「女性は結婚したら家庭に」と思っているんだから、女性の考え方とはすれ違ってますよね。
 
実は、拙ブログを詳しく読んでくださるとわかるのですが、ブロガーさんの中に、リストラを言い渡された女性がいらっしゃいまして、社内就職活動(別の部署)をしても、「あなたはいらない」と撃沈されたそうなのです。私の夫に、「むかつくよね。私だったら、そんな会社、こっちから三行半だわ」といったところ、「気持ちはそうだけど、そうはいかないのが、会社員。なんとか留まろうと努力するのが会社員。だから『男はつらいよ』なんだよ」といわれ、そうか、女はつらいよっていわないのかな?となんとなく思っちゃいました。女は辞めてもどうにかなると思われるのもシャクだけど、やっぱり男よりはしがらみも感じず転職してしまえるので、女の方が救われるのかな?でも、でも・・・と思う自分もいますが。

投稿: ちゃい | 2009.02.05 22:30

さじったさん

なるほど.教育ですか.
(・_・D フムフム

けれどやっぱり,素材は大事.
いくら熱心に教育したところで,18歳過ぎた大人をそうは簡単に変えられないですもん.

それに,新婚時代って,ついつい世話を焼きたくなるのが女だったりして,夫育てを間違っちゃうんですよね~(^^;)

今を一生懸命生きる・・・って大事ですよね.わたしもそう思っています.
今できることを今やれない人は,先になってできるわけないしね.

投稿: とと(>さじったさん) | 2009.02.06 21:40

街中の案山子さん

街中の案山子さんのだんな様は,三高なんですね.羨ましいわ~(*^^*)

最近の女性は,三高はこだわってない人,意外に多いと思うんですよね.
三高よりも,家事育児に協力的で,女性のキャリアを大切に考えてくれて,おまけに自分の親よりも妻の親を立ててくれる・・・みたいな,そういう夫の方が理想的なんじゃないかしら?

まぁ,このご時世ですから,女性のキャリア志向もひところほど強くないようで,20代の女性には早婚願望も強いらしく,再び三高が注目される時代になるかもしれませんね.

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2009.02.06 22:15

ちゃいさん

TB,ありがとうございます.

王権復活ですか~(*^^*)
面白いですね.=^-^=うふっ♪

でも,男なら,自分の力で家族を養いたいと思うのは普通なんだと思うし,そのことでしか男の力って示せないと思うものなんじゃないかなぁと思います.
だって,子供が産めるわけじゃないし,家事はできないと思い込んでいるし.

そして女も,そういう男に惚れるんじゃないかとも思うんですよね.惚れてしまうと女は,『好きな男に守られたい』とか思いません?『好きな男を守りたい』と思うよりも.(笑)

>女は辞めてもどうにかなると思われるのもシャクだけど、やっぱり男よりはしがらみも感じず転職してしまえるので、女の方が救われるのかな?でも、でも・・・と思う自分もいますが。

どうにかなるのは,夫がいて家計を支えてくれるからじゃないでしょうか.
いくら女でも,独り身だったり母子家庭だったりしたら,辞めたくても辞められないですよ.その意味で,ワーキングマザーって実は甘いのかもしれませんよ.(と,あえて挑発的発言をしたりなんかして~)(汗)

男もね,そういう考え方をしたっていいと思うんですよ.妻が家計を支えてくれるから,仕事辞めたっていいんだ~とかね.妻の収入が安定することは,ひいては自分のためでもあるのだと考え,妻のキャリアを大切にしてくれると丸く収まるのにね.

投稿: とと(>ちゃいさん) | 2009.02.06 22:36

いやいや、誤解のようですが(笑)、女だったらどうにかなると思っているのは、会社側のほうでして、ワーキングマザーだって、母子家庭ほどではないにせよ、独身女性とおなじくらい、クビを切られたら困る場合もあると思います(確かに母子家庭が友人に増えているのですが、彼女達は大変だと認識しています)。しかも独身女性はフットワークが軽いので、クビになっても転職だってOKかもしれないけど、ワーキングマザーの場合、子供がネックで、待遇、処遇を落とした会社にしか転職できない可能性はアリですし。
拙ブログのブロガーさんの会社のように、いきなりリストラ、いきなり配転などは女性がターゲットでして、男のように配転、単身赴任や長距離通勤ができないことを見越して、子供がいるから、言い渡しているような気がして。
それでも、やみくもに、会社にしがみつこうとしても、「あなたはいらない」といわれてしまうこのご時世。
もし、これが男だったら、「家庭があるから配慮してやろう」とか、女だから「これを機に、家庭に入れば?」と余計な機を回した結果を生んでいるのかなあと、邪推ながら考えてしまいます。
さて、「私だったら、育児休暇の質問をうけたら、こう答える」と思った内容を、ここには長いので、拙ブログに書きたいとおもいます。あとで書いたらTBしますね。

投稿: ちゃい | 2009.02.07 01:44

>どうにかなるのは,夫がいて家計を支えてくれるからじゃないでしょうか.

このこと自体に一般論だけで、私自身の答えをしていませんでしたね。と、考えながら皿を洗っていたら、オットの茶碗を割ってしまいました(オットの怨念か?)。
 
考えてみるに、私は甘えているとおもいます。オットが家計を支えているから、どうにかなったわけで、こういう今現在、職業形態で働けたんだとおもいますし。
友人には、自分が世帯主となり、じゃんじゃん稼いだ結果、理由は分からないけれど、離婚にたどり着く人たちも増えています(子供がいようといなかろうと)。
私はそういう結果になりたくなかったことと、夫の性格上、家事、育児は無理だからやるなら私なんだろうなという結果だったわけです。
 
そして、私の以前の職場の先輩(50代ど真ん中~60代ど真ん中世代)の中には、「夫がリストラされちゃってさあ、今やパートだった私も、正社員よ~。一家の大黒柱なのよ~。子供が大学いってるし、お金かかるんだもん」なんて、明るく笑う女性も沢山いらっしゃいました。なんだか、私の将来を見るようでした。

投稿: ちゃい | 2009.02.07 10:09

ちゃいさん

>女だったらどうにかなると思っているのは、会社側のほうでして、

あ~,なるほど!
白状しますが,あまりコメントを読み込めていませんでした.申し訳ない(^^;)

確かに,会社は女のほう,特に亭主がちゃんと仕事してる女のほうが,リストラする際には心の痛みは少ないでしょうね.周囲や本人への理由付けにもなりますし.

反面,一般的に女性のほうが給料が少ないため,リストラによる人件費削減効果からみれば中高年の男性管理職を切るほうがいいですよね.
もしかしたらこの場合,その男性の妻が仕事しているかどうかが考慮されるかもしれませんね~.そうなると,妻が正社員の場合は,その夫は不利ってことになるのかな~?

>考えてみるに、私は甘えているとおもいます。オットが家計を支えているから、どうにかなったわけで

そんなことはないんじゃないでしょうか.
ご主人が家計を支えているのは,ご主人の意思なわけだし,もしご主人がちゃいさんに同じように働いて欲しいと思う人ならば,ちゃいさんは自分のキャリアを積んでいたわけでしょう?

ちゃいさんが甘えているのではなく,ご主人がそう願っただけのこと.
そういう男性,素敵じゃないですか.

>明るく笑う女性も沢山いらっしゃいました。

女性は,こういうタフさがあるから『女は辞めてもどうにかなる』と思われるのかもね.実際,中高年になると男性より女性のほうが,職にはありつきやすいですから.(もちろん高給ではないですが)

投稿: とと(>ちゃいさん) | 2009.02.07 23:06

女性はやっぱり大変なんですね。
と、改めて思ってしまいました。

ちゃいさんとととさんのやり取りを見ていて、
気づかなかった事、多々ありましたが、
「家事は出来ないと思い込んでいる」辺りは、
耳が痛い(読んでいるのに?)。

で、先ほどニュースを見ていて「そうか」と
思った言葉がありました。
「技術力があるから挑戦するのでなく、
 挑戦するから技術力がつく」
との経営者のお言葉。
本当は仕事のことに関しての言葉だと思うのですが、
お二方のやり取りも含めてみていると、
「何事もやってみる事が大事なんだなぁ。」
と思いました。


「生きているから活きているのでなく、
 活きているから生きているんだね」

投稿: さじった | 2009.02.08 00:06

miraiminatoです。初めまして。
で、いきなり横レスですみません。

>いやいや、誤解のようですが(笑)、女だったらどうにかなると思っているのは、会社側のほうでして

上記に同感で、個人の考えよりも会社の考えの方が遅れている気がします。
(会社の考えは、中高年のお偉いさんの意向が反映されがちだからでしょうか?)

夫(某インフラ技術系、総合職の女性は出産退職が基本という会社に勤務)は、常々「なんでそんなに給料貰ってるのに、奥さんを働かせてるの?」と言われているそうです。
「自分の力で家族を養ってこそ男だ」という発想なのでしょうね。
昨年夏から単身赴任していますが、「子供が小さいのに家族を連れて行かずに単身赴任?」と驚かれたとか。
(単身赴任=子供を転校させない手段、という発想なのでしょう)

夫は3男末っ子で甘やかされてきたからか、大学で(少ないながらも例外なく)強い女性を見ていたからか、超合理主義だからか、「男性だからという理由で家計を支えるというのは正しい姿ではない。得手不得手を考慮し、育児家事仕事は分担すべきで、リスクを考えるとお互いがお互いの代わりになれるのが望ましい。」と公言する人間です。私の両親に対しても「miraiminatoが我が家の大黒柱ですから」と言いますし(実際の収入は大体彼の方が多いにも拘らず)。

「どんな夫を旦那にするか?」
夫のあまりの思いやりのなさに「もう離婚する!」と何度か思ったこともありますが(汗)、喜怒哀楽のポイントが一緒で、手を取り合って人生を歩みたい私にとって、彼は理想のタイプな訳で、むかついた時には初心に戻ることが重要なんでしょうね・・・


投稿: miraiminato | 2009.02.08 01:34

さじったさん

>「何事もやってみる事が大事なんだなぁ。」

確かに!
なせばなる,なさねばならぬ何事も・・・ですね.

挑戦するから技術力がつく・・・というの,よくわかります.誰でもはじめは初心者だから,「やってみよう,やり遂げるぞ」という気合が大事です.

かくいうわたし,気合のみの人間です.
ヾ(´▽`;)ゝウヘヘ

投稿: とと(さじったさん) | 2009.02.08 20:46

miraiminatoさん

こんにちは.(*^^*)

よいだんな様にめぐり合えて,お幸せですね~♪

確かに会社組織を動かすのは,中高年の男性なので,ワーキングマザーの生態には驚きを隠せないのでしょう.

ただ,実際に会社がリストラするときには,女であることやワーキングマザーであることのみを理由に行うことは少ないんじゃないかとも思うんです.
わたしは人事部にいますので,採用のみならず,暗い話の方にもかかわっていますが,やはり会社側からするとコストの高い中高年の男性管理職の方がターゲットとなる確立が高いように思います.それは,わたしのいる会社に元々ワーキングマザーが少ないということもあるのですが.

>「どんな夫を旦那にするか?」

↑ それにしても,miraiminatoさんは,ご主人が大好きなのね~(*^^*)
だんな様が2回も出てきてるもの~(*^^*)
=^-^=うふっ♪

投稿: とと(>miraiminatoさん) | 2009.02.08 21:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/43916938

この記事へのトラックバック一覧です: どんな男を夫にするか:

» 会社を辞めない事のメリット、辞めることのメリット [やっぱり働くペンギン]
このテーマについて、ずっと書こうと温めていたのだが、温めすぎて、熟して腐りそうな [続きを読む]

受信: 2009.02.05 22:41

» 「産休、育休を取られる女性はどのくらいですか?」に対する答え [やっぱり働くペンギン]
ととさんのブログで、昨年も話題になった、新卒女性の就職活動の面接の質問に多いとい [続きを読む]

受信: 2009.02.07 02:44

« やっぱ感動するわぁ | トップページ | どんな男に惚れるか »