« 京都紅葉ツアー2008(その3) | トップページ | 忘れなさいって,どうゆうことよ~!!!(怒) »

2009.01.12

2009年は,変化の年

いえね,それは日本が・・・とか,世界が・・・とかじゃなく,我が家が・・・なんです.

それは,わたしを悩みに悩ませてきたあのおねえが,ついに高校を卒業し,進学する(予定)からなのです.

しばらく封印してきたおねえの話題ですが,まぁ~紆余曲折ありましたけど,なんとか卒業見込みを出してもらえることになり(注1),今は一応受験勉強中.

人並みにセンター入試も受けるつもりらしい.

しかしヤツは,なかなかのヤツですな.卒業見込みがもらえるかどうかの時期,わたしに言ったのです.

「おかあさん,あたしね,誰でも合格する学校みつけたよ!去年もその前も,受験者数と合格者数が同じなんだよ!あたし,ここにするわ~」

いやぁ~感心しましたわ.勉強できない,したくない人種には,こういう特技があるんですねぇ~.

立派立派.ちゃんと自分で探せたんなら,OKです.

でもそのときは言いました.

「そこにしなさい.でも,卒業せんと進学はできんよ」と.

おねえは,「そうだった・・・」 (-_-;)

その後,もういっちょ上位ランクの学校学部を見つけ,ここを第一希望に頑張っているようです.

で,合格した暁には,おねえをわたしの実家に下宿させる予定.

なぜって,今住んでるマンションは,かなり手狭で,大人サイズの人間が4人も住んでいられないから.息が詰まるもん.

家族4人で生活する期間って,ほんとに短いですね.楽しいこともあったし,苦しいこともあったけど,過ぎてみればみないい思い出に変わっていくような気がします.まだ合格もしていないのに,少し寂しくなっているわたしです.

(注1)実はまだ,化学の追試合格が出ておりませんので・・・

|

« 京都紅葉ツアー2008(その3) | トップページ | 忘れなさいって,どうゆうことよ~!!!(怒) »

家族」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

進学は必須条件だったんですね。
意表ついて、「結婚するlovely」とか
言い出した記事を期待しておりましたが。bleah

投稿: さじった | 2009.01.13 18:48

無事に卒業してしまう事が、ちょっと物足りないと言うか、さみしいと言うか?(失礼)。
うちは今年こそ、変化のない年を願います。あ、私の体重は減って欲しいのですが。。。

投稿: ちゃい | 2009.01.14 11:05

親業、お疲れ様。
日差しが見えてきましたね。
親当事者の気分と、お隣の問題という風に、距離をもって眺められるのと、これは全く別時限と思えるほど違います。
でも、その年月は当事者じゃないと決して味わえない、何かを残していってくれています。
思い出しながら、思い出しながら、歳を取っていきます。笑。

投稿: 街中の案山子 | 2009.01.15 10:49

まずは,皆様へ

ご期待に添えず,申し訳ありません~up
ヽ( ̄▽ ̄)ノ ナハハ♪bleah

なんとか卒業はできそうな予感.
で,ありがたいことに世は少子化で,私学は学生集めに必死ですので,なんとかもぐりこめるんじゃないかと,希望をつないでおりまする.

昨日今日と,センター入試を記念受験し,今日はとっとと寝ている相変わらずのおねえですが・・・(^^;)


>さじったさん

結婚ですか~
それもいいですね.
でもそれこそが,難関なのですが・・・(*^^*)


>ちゃいさん

うちにはもうひとり,もっとやっかいなのがおりまして.
こっちのほうは,おねえとはまた違った苦労があります.それもおいおいご披露いたしますので,ご助言,よろしくお願いいたします.
m(_ _"m)ペコリ


>街中の案山子さん

そうです.やっと雲の切れ目が見えてきた感じ.
しかし,世の中が一気に不景気に向かっている昨今,進学しても就職できるとは限らず,また暗雲が立ち込めるのかも?とは思いますね.
このごろは,大学生の引きこもりもありますし,今,自分が曲がりなりにも大人になって,自活している幸運をしみじみ感じています.

投稿: とと(>みなさま) | 2009.01.18 23:08

本来のトトさんだったら、デモシカでいく大学なら、もっと実があることを、と思うタイプでしょう。でも、その場に当事者となってみると、ヒトナミが貴重なことに思えて来るのではないでしょうか。
だから、今大学はそんな親心に漬けこんで、学費の集金という業務に勤しんでいるのですよね。大学で就職できなかったら、雨後の筍のような大学院へ…。
なんだか、大学の先生の職場を確保するために、林立している帰来があると思いませんか。
ま、でもこれから進学をしようとしているお嬢さんには、充実したキャンパス生活を送って欲しいですけれど。

投稿: 街中の案山子 | 2009.01.23 15:21

街中の案山子さん

なぜ大学に行くか?
それはですね,一言で言うと就職できないからです.

うちのおねえの場合,欠席数が異常に多く,そんな学生は企業は絶対採用しません.企業で採用担当をしているわたしが言うんだから,間違いないです.

また,高卒の場合,求人は学校に持っていくことが多く,うちのおねえの通っているような進学校には,まず企業の求人はありません.
なぜなら,進学校の普通科の生徒は,基本進学で,就職する学生は,挫折感を抱えている場合が多く,働くという肝が据わっていないからなんですね.
高卒で採用するなら,やはり職業高校の子です.高校に進学するときに商業や工業に進んだ子は,3年後は仕事をするという肝が据わっています.そういう子は,就職しても頑張れると思っています.

で,うちのおねえみたいな子の場合は,とりあえず進学です.
大学生の就職は,このごろはたいてい就職情報サイトを使いますので,学校への求人が少なくても,機転が利く子はなんとか見つけることができるシステムです.

おねえは,とりあえず進学して就職戦線に挑みなさいって感じですかね~.

大学の先生の職場確保ですかぁ~
それは思ったことなかったですね.
わたしの友人にも数名大学に残ってる人いますけど,助手の口にありつくのも結構大変そうですよ.
ポスドクで数年過ごす間に,ちゃんとしたポストが見つかるとは限らないですから.

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2009.01.23 21:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/43723010

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年は,変化の年:

« 京都紅葉ツアー2008(その3) | トップページ | 忘れなさいって,どうゆうことよ~!!!(怒) »