« 半身浴読書~101~ | トップページ | 半身浴読書~102~ »

2008.09.27

この母親はわたしだ

おそらく日本中で,この母親は批難されているだろう.

社会に大きな衝撃を与えた福岡市の小学1年富石弘輝(こうき)君(6)の殺害事件。殺人などの疑いで福岡県警に逮捕された母親の薫容疑者(35)が、弁護人の接見に、事件前後の心の動きを語り始めている。子どもへの負い目、自殺未遂、殺害後の混乱……。弁護人の説明からは、病気と育児に悩む母親の素顔が垣間見える。
(中略)
公園で弘輝君に「一緒に遊ぼう」と誘われたが、体調が悪く、応えられなかった。弘輝君にトイレの介助を頼むと、弘輝君の不満が爆発した。「1人でできないの」。薫容疑者はホースで弘輝君の首を絞めたという。「絶望的になり、もうどうでもいいやと思った」
(後略)

asahi.comより

わたしはこの母親に,きれいに重なる.この母親の言う<もうどうでもいいや>は,完全にわたしに一致する.

おねえは,まだ卒業見込みがもらえない.もし,10月の定期考査後の成績会議でも卒業見込みがもらえない場合,受験ができないと先生に告げられている.

当然そのことは,おねえも知っている.

であるにもかかわらず,最近彼氏ができたので,週末ごとに遊びに出かける.親に内緒でバイトに出かける.家に帰ってからは,もちろん勉強しない.それを咎めると,今度は学校に行かない.

さすがに先週サボったときには,担任からきつく注意を受け,少しは反省したようにも見えたが,明日はやっぱりデートに行くらしい.

(ノ_-;)ハア…好きにしろよ.
もう,どうでもいいよ.

そう思うと,ほんとにもう何もかもがどうでもよくなる.生きていることさえ,面倒くさくなる.

先日,ある人にそう言ったら,「それは鬱の一歩手前」と言われた.

    

だから,この母親の気持ちがわかる.他人から見たら大したことのないことだけど,仕方ないさと受け流せない,長い目で子どもや自分を見ることができない,切羽詰った気持ち.今がダメなら,この先もダメで,もうずっとダメなんだという気持ち.そして,この気持ちを誰もわかってくれない,誰も助けてくれないという孤独感.

私に「鬱の一歩手前」と言った人は,こうも言った.

面倒くさいというのは,こうしたいとか,こうじゃなきゃいけないとか思っても,その通りにいかないから面倒くさくなるんだろ?

そうなんだ・・・・と思った.

わたしは,おねえに対して,こうでなきゃいけないとか,こうなって欲しいとか,そんなことばかり思っていたのかもしれない.そしてその通りにならないおねえに対して,ひとり腹を立てて,どうでも良くなってしまうのかもしれない.

親に内緒でバイトをするのも,彼氏ができて浮ついているのも,子どもが大人になる過程では,必要なことなのかもしれない.

わたしが大人になるときのアプローチとは全然違うけど,そういうやり方もあるのかもしれない.

今はそう思って,自分の気持ちを受け流そうとしています.

|

« 半身浴読書~101~ | トップページ | 半身浴読書~102~ »

ニュース」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

「ととさん、大人ぁ~」
と茶化す場面でないか。

私はまだ「うつの手前」では無いと思います。
というか、無いです。と断言してみる。
「その通りにいかないから面倒くさくなるんだろ?」
その通りです。が、それは「考えているから」でしょ?
考える事を拒否し始めたらうつの手前。
考える事をやめたらうつかなぁ。

気持ちを受け流すのではなく、おねえにととさんの気持ちを伝えたらどうでしょうか?
(やっている、とは思いますが)
ととさんの考えを述べるのでなく、
おねえの考えを聴いてみて、
お互いにさらに大人になっていけばよい
のではないかと考えますが、どうでしょうか?

投稿: さじった | 2008.09.28 06:48

ととさん。おはようございます。
私は、ととさんのメリハリの利いた文、大好きです。責任感のある生き方をなさっている方だとも思っています。
で、ひとつ、言わせてください。
お門違い、と思われたら、読み流してください。
ととさんの気持ちを、これから、更に伝えようとしても、伝わらない、と思います。
だから、ととさんが、お嬢さんの気持ちを想像し、理解使用とすべきなのではと思います。コレは、ととさんにはできると思います。
例えば、それなりに難しい数学や英語の授業、さっぱり理解できないような状態に陥ってしまっているとき、授業に出席して、座っているだけで、頭に入ると思いますか。つまらなくて、耐えられない時間ではないでしょうか。そんなことを全く関係ないじゃん、と楽しい話題をする彼氏の方がいいに決まっています。
自分はこうではなかった、彼氏ができると励みになった、と思うととさん、でしょうが、お嬢さんには、励んで勉強する楽しさなんて理解できない、ところにいるのです。
今、仮に出席日数とか、成績がクリアできて、どこかの大学にもぐりこんでも、そこでまた、ドロップアウトして、またまた、この問題は続くかもしれません。外側からの通り一遍の、整った形から外れるかも知れませんが、本気で、何が大事か、どんな生き方を考えているのか、そこを親子で押さえることが、大切なのではないでしょうか。優秀な素地をお持ちのお嬢さん、だから、何でウチの子が…、という思いがあると思います。
ウチの娘も留年を繰り返し、大学中退するか迷ったとき、母親である私は、新聞などで中退の経歴の人の文章に妙に関心を持ったりしたものです。
決め付ける訳ではないのですが、現状、勉強が理解できなくなっている状態で、興味を失っているのに、一方的な責め言葉を言い続けると、飛び出していくかもしれません。
ととさんの方が大人なのですから、相手を理解する立場は、ととさん側だと思います。

投稿: 街中の案山子 | 2008.09.28 07:44

ご無沙汰してます。「読書100記事おめでとうございます!」とコメントを入れたつもりで途中でエラーになり、そのままでした…。

このような状態になってしまっている時に気持ちを伝えるのってとても難しいですよね。j学校や塾の先生だったりすると、関われる期間が限られているので焦ってしまうところですが、ととさんはお母さんの立場として、短期的視点と長丁場での視点と二つを持って接することができるのではないでしょうか。何をきっかけに親の真意を汲んでくれるようになるか分かりませんが、その時がいつか来ると信じて、心に響く言葉を投げ続けるしかないのではないか、と思ったりします。

投稿: | 2008.09.29 10:54

はじめまして。
半身浴読書を楽しみに読ませてもらってます。

うちにも思春期はいりかけの子供がいます。夏休みでぐつぐつと煮詰まっていたときに、村上龍の「最後の家族」を読んで、とても心に染みたのでコメントしました。

もう、読まれてるかもしれませんが、おすすめです。

投稿: Anne | 2008.09.29 21:37

さじったさん

鬱の考察,ありがとうございます.
わたしは,まだ『鬱の一歩手前』でもないですか?(二歩くらい手前?)(なんて,茶化してる場合じゃないっと・・・)
(- -) (- -) (- -) (- -) シーーーン


>ととさんの考えを述べるのでなく、

わたしは,これが苦手でねぇ~(^。^;)
昔から主張する人なので,自分の考えを言わないで,相手の言葉が出てくるのを待つことができない.
最も反省すべき点です.

おねえと正面から向かい合うと,絶対にわたしが言い負かしてしまうので,今はできるだけおねえのことを見ないようにしています.見ると,ムカついて文句言いたくなってしまうのでね.(-_-;)

だから全然,大人じゃないんですよ,わたしは.

投稿: とと(>さじったさん) | 2008.09.29 22:46

街中の案山子さん

お気遣いありがとうございます.
(*- -)(*_ _)ペコリ

わたしもね,おねえの気持ち,わからんでもないんです.
高校2年のとき,あまり学校に行っていなかったので,すでに勉強はちんぷんかんぷんなのだと思います.おねえの学校は,県内有数の進学校ですから,そういうおねえはおそらく学校にも居場所は少ないでしょうね.
だから,親とのいざこざで自分のエネルギーが減ってしまうと,学校に行く気が失せるのも,なんとなくわかるんですよ.

ただね,わかったあとどうするか・・・.
ひたすら慰めるか,それとも叱咤激励するのか.

そしてもうひとつ問題がありますね.それは,わたしが慰め下手であること.
檄を飛ばすのは得意なんですがね~(-_-;)

相性の問題もあるかもしれませんね.

それでも今日は,物理の問題を解くんだと言ってました.成績の悪い子は,授業中巻末問題を解くことができると,点数を上乗せしてくれるらしく,明日は物理があるので,授業の前に友達に聞くと言ってました.(実際,そうするかどうかは別)

「お~!頑張れよ!」と言っておきました.

そういえばうちの母に,おねえに彼氏ができたことを言ったんですね.そしたら「カッコイイの?」などと聞くんですよ.わたしが「うん,背が高くて,なかなかカッコイイよ」と言うと,「そんならいいじゃん」…ですって.(*^^*)

なんかそれが面白くって,早速おねえに言ったら,なんだか満足気でした.
その日は,30分も(!)勉強しましたよ.

なんでもいいから,誉めてやることなんですかね.
子育てって,予行演習もできないし,正解もないから,ほんとに疲れますね.

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2008.09.29 23:01

俺さん

ご無沙汰しています.

100冊目が,アレでしたから(^。^;),まぁなんというかわたしらしいというか…
o(〃^▽^〃)oあははっ♪

でもエラーになったとは,残念!

長いスパンでおねえを見ることは,絶対に必要だとわたしも思います.
でも,高校卒業資格は今取得する方が絶対に楽だと思う気持ちも強いですから,ここは譲れない一線かな…とも思います.

進学については,このご時世なので,定員割れの学校を狙えば,入れないということはないでしょう.
その先の就職に関しては,もはやわたしの考えることではないでしょう.

となると,親の出番は今かな?と.
今,思いっきり口出しすることは,決して間違っていないんじゃないかとも思うんですよね.

問題は,その口出しがおねえの心に響くかどうか.

>何をきっかけに親の真意を汲んでくれるようになるか分かりませんが、

このきっかけは,案外,親や先生とは全然違うところにあるのかもしれませんね.

投稿: とと(>俺さん) | 2008.09.29 23:12

Anneさん

はじめまして.コメントいただきありがとうございます.

半身浴読書,読んでいただいてたのですね.
ありがとうございます.
なんじゃ,この感想は?ってこともあるでしょう?(^ー^* )フフ♪
そんなときは,思いっきり「なんじゃそれ~」って突っ込んでくださいね.

村上龍の「最後の家族」ですね.
しっかりメモりました.

村上龍は,難しいんじゃないかという先入観があり,まだ一冊も読んだことがありません.
挑戦してみます.

投稿: とと(>Anneさん) | 2008.09.29 23:16

いや、ずーっと手前
と、実体験持ちが述べてみる。

私も人の意見聞くのが苦手なほうなので、
自戒込めて言ってしまいました。

投稿: さじった | 2008.10.01 20:50

私もこのニュースを見たときに、この母親を肯定もできないけれど、否定も出来ないと思いました。お子さんに発達障害があるとのことで、悩んだんだろうなあと想像できましたので(このことについては書くと長くなっちゃうのでやめておきますが)。周りがどうにか助けてあげられなかったのかと残念でなりません。
 
お嬢さんのことは難しいですが、将来の方向性がなにか見えているなら、それに特化した科目だけ、イチからやりはじめるっていうのはどうなんでしょうか?進学校だと、どうしても国公立志向があって、「全教科まんべんなく」っていう状態なんじゃないかと思うんですよね。何かやりたい方向がみえているならば、それだけでも、てっとりばやく手をつけてみるのは?家庭教師でも塾でもいいから、高1からやりなおすのが良いと思います。1教科なら3年分だって1年もあればいけるとおもうので、浪人したら、ちゃんと追いつけるとおもいますが。
問題はそのモチベーションをどうやって生むか?とか方向性をどうやってみつけるか?なのかもしれませんが、それはその彼氏にも手伝ってもらえないかしら?
彼氏の夢とか聞かせてもらって、「私も」ってなればもうけもんですが、なかなかそうはいきませんかね?
とりあえず、個人的におすすめなのは、「英語」はどんな方向に進んでも必要だし、英語なんて、単語がわかれば、かなりいい点がとれるはずなので、ひたすらaから英単語を覚えるっていうのでも良いと思うんですが(いつもabandonで終わっちゃってた私)。
大学で留年するよりは、浪人のほうがいいのでは?私は大学の同級生が半分以上浪人していたので(ほとんど女性ですよ)、当時はびっくりでしたが、就職にも問題なかったし、その後留年した人たちのほうが苦労していたので(退学者もいたし)、今、苦労しておくのは、いいんじゃないかともおもいます。

投稿: ちゃい | 2008.10.03 00:04

追加ですが、坂東眞理子さんの「親の品格」は読まれましたか?(以前間違った人の本を借りちゃったんでしたっけね?)
その中には「親の思ったとおりに子供は育たない」と載っています。ある程度、達観しないと、と。
そして、坂東さんいわく、「職業に貴賎はない」とおっしゃっています。対して、勝間和代さんは著書のなかで「転職する場合は収入にこだわれ」といっておられます。私は相反するどちらも部分的に正論だと思います。いずれにしても、自分が何をしたいかをみつけることが重要なのは変わらない事実なのかもと。
ととさんに出来る事は静観する事と、要望があった場合の金銭面(塾とか家庭教師とか)の提供と、あとは、「彼氏だって学校サボる子よりも、勉強や何かを一生懸命頑張る子が好きなんじゃないの?」といってあげることぐらいでしょうか?もし、できるのなら、2人いっぺんに、ととさんのおうちで家庭教師をつけるとか?無理ですかね?

投稿: ちゃい | 2008.10.03 14:07

彼氏ができたのですね。そして、ちゃいさんの、「彼氏だって学校サボる子よりも、勉強や何かを一生懸命頑張る子が好きなんじゃないの?」という台詞が通じるのであれば、大安心のケースだと思います。
一般的には、「類は友を呼ぶ」というか、投げ出したくなったもの同志が集まる傾向があるから、そこのところが一番心配なものです。
そして、上手くいかなくて、家に引きこもられるより、数段いいではないですか。
まさかまさか、わが子が・・・、という場面を幾つも超えていくのが親業なのだと、その思っても見ないことを味わえるのが、親業なのだと思います。
我が家を振り返ってみても、ええっ!想定外!がいくつも転がっています。

投稿: 街中の案山子 | 2008.10.04 07:36

さじったさん

経験者からのお言葉,ありがとうございます.
わたし,まだその域までは達してないですかね?(*^^*)

良かった(*^o^*)

投稿: とと(>さじったさん) | 2008.10.04 23:16

ちゃいさん

具体的なアドバイス,ありがとうございます.

ただ,この段階に至っては具体的にこちらから働きかけることが良いとも思えないのですね.

中学の頃から,おねえにはいろいろな働きかけをしてきましたから,もう耳にタコ状態なんだと思うんです.今は,これまで言ってきたことが彼女の中に残っていることを信じるしかないのかな,と思います.

そうは思っても,やはりわたしの中のもやもやは消えるわけでもなく…
そのもやもやが,いつの間にか投げやりな気分に変換されてしまう.

結局,これはおねえの問題ではなく,私自身の問題というわけです.
どこまで相手を信じられるか,待てるか,自分違う価値観や生き方を認められるか,そういうことなんだろうと思います.

おねえの彼氏には,「中卒の彼女じゃ嫌でしょう?」とはいったんだけど,彼氏は10月にAO入試(?)とかいうのを受験して,推薦枠で進路が決まりそうな勢いなんですね.
そしたら,卒業までの半年,遊びしかないわけで,その調子におねえが乗ってしまったらおしまいでしょうね.そこまで馬鹿じゃないと信じるしかないですが.

投稿: とと(>ちゃいさん) | 2008.10.04 23:24

街中の案山子さん

そうですかぁ.
街中の案山子さんのところも,想定外がありましたか.

うちはもう,想定外だらけです(^。^;)

おねえの彼氏は,家庭環境が複雑で,おねえに対していい影響を与えるのかどうかは不明です.
でも高校生で彼氏がいることも,その彼氏とやることやっちゃってても,別に刑法犯というわけでもないわけなので,ドンと構えている他ないですね.

昔,言われたことあるんです.
最後の反抗期は親に勝ち目はありませんって.その反抗期に親が勝ってしまうと,こどもは親の元から巣立つことができなくなると.
最後の反抗期は,親は負けるのを覚悟で挑まなきゃいけないんですね.負けず嫌いのわたしには,なかなかの苦行です.(-_-;)

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2008.10.04 23:30

>最後の反抗期は,親は負けるのを覚悟で挑まなきゃいけないんですね.負けず嫌いのわたしには,なかなかの苦行です.

これって、かなりの苦行ですね。私も子育て歴、まだまだ4年ちょっと、これからこんな苦行が待っているとは、かなり「大丈夫か?わたし?」と思います(負けず嫌いは私も娘も同じ)。

この苦行でお嬢さんには口出しできないのかもしれませんが、そのAO入試の彼、結構危険ですね。私の受験当時はAOこそなかったものの、指定校推薦があったんですね。推薦で受かっちゃった子たちは、男女関係なく、交際しまくり、あそんでばかり。当時は指定校だとそんなに数も多くないため、つきあっている相手が受験まっさかりだったカップルがほとんどですが、相手が女だろうと、男だろうと、結局捨てられ、進学後には別の人と付き合っていました。で、当時からその人たち、噂ではやることは済ませてたってきいてましたね。受験組みは浪人したり、志望じゃない大学に合格して、ま、そのあと、どうなったのかはしりませんが、はたからみていて、「遊ばれた」って感じがしていたので。今は国立でもAOが流行っているんですよね?高校にもよるけど、クラスの8割がAOっていうのも聞いた事があります。

口出しできない状況なのかもしれませんが、お嬢さんに女でも男でも家庭教師をつけるのはどうですか?(経済的には負担だけれど)私は大手進学予備校だったので、チューターに進学先から恋愛までいろいろ相談し、自分の知らない「大学」という世界まで教えてもらいました。それがすっごく楽しかったし、自分の未来に希望が持てたので。なんというのか、親が相談相手になり得なかったら、身近な年代の人生の先輩からお嬢さんにアドバイスしてもらうっていうのはどうでしょう?多分、ちょっと賢い大学生なら「その彼、今つきあうだけならいいけど、将来捨てられるから、結婚はないね。こっちも捨てるぐらいの勢いで、のめりこまないほうがいいよ」ぐらいのアドバイスはしてくれるかもしれませんよ。それが親からだと「なにいってやがるんだ」となっても、ちょっと年上ぐらいのお兄さん、お姉さんだと「ふーん」となったりして。どうでしょう?
ちなみにチューターは、大体大学内に彼女がいるので、恋愛対象になる人はなかなかいませんでした(片思いで終わるパターン。なかにはもてないチューターからラブレターをもらっていた子もいたけど)。ちなみに異性である必要もないと思いますが、私の場合、たまたま理系だったこともあって、異性のチューターが多かったです。
それに私自身も大学で家庭教師やっていましたが、親から「この子には、勉強以外にも人生相談にものってやってください」といわれ、いろいろアドバイスした経験もありますよ。

投稿: ちゃい | 2008.10.05 06:59

ちゃいさん

またまた具体的なお話、ありがとうございます。

おねえはね、もうやることはやっちゃってると思います。
最近の高校生は、わたしの頃より早熟ですから。
会社の同僚の女性(30歳)は、高校生のときにラブホテルに行ったらしいですよ。わたしのときは、彼の部屋でしたけどね~。おねえもたぶん、ラブホかな?

おねえの彼については、まずは恋愛手始めですから、同級生でよかったかなと思っています。社会人だと、その後の相手の選択肢が狭まるような気がしますから。

わたしも(おそらくおねえも)、この彼と将来どうにかなるなんて思ってもないし、互いに進学すれば多分、他の人に移るんじゃないかな。
初めて彼と話した後、「あの子って、あんたのタイプじゃないよね。そのうちウザくなるんじゃない?」って言ったら、「そうかも~」って言ってました。

家庭教師は、いつでもつけてやると言ってるんですが、本人が嫌がるので実行してはないです。ただ、今通っている塾が個別指導タイプで、教えてくれる大学生とは、いろんな話をしてるみたいです。
でも根本的に、おねえは自分のこと(本心)を言わないタイプですから、多分、相手の言うことの中で興味のありそうなことを、取捨選択して自分に取り込んでいるのでしょう。


おねえは、今日も学校で勉強するといって出て行きました。ほんとに学校に行っているかどうか怪しいですけど、追求しても仕方ないので、気持ちよく駅まで送ってやりました。

投稿: とと(>ちゃいさん) | 2008.10.05 10:10

そっか、大学に行く前ってそんなに大変なんだ。
私は大学行ってないので、子供らにアドバイスなりはできそうにないなぁ。AO入試とはなんぞや???、と思わず調べてしまいました。
まだ先のことですが、そのときになったらアドバイスお願いします。

ちなみに子供らは、最近のクイズ番組で答えられる私を見て、「おんなじ高校(実業高校)へ行く」と言っております。
・・・小学校とか中学校の問題じゃん。

投稿: さじった | 2008.10.11 15:05

さじったさん

いえいえ,そんなにたいへんじゃないですよ,普通は.
うちが特別なんですよ.(^。^;)

でもね,実業高校はいいです.
わたしは今,採用担当をしていますが,商業高校や工業高校を出た子は,伸びる子が多いです.やはり高校に行くときに,3年後は就職するんだと腹を括ってますからね.
わけのわからん大学出て,テキトーに就活してた子より,何倍も伸びています.

勉強って結局は自立への手段ですから.勉強しても自立できなきゃ意味ないし.

あとは,学校を出るときの就職環境がどうか・・・ですね.これが一番,スムースに社会に出れるかどうかの分かれ目になるような気がしますね.

投稿: とと(>さじったさん) | 2008.10.11 22:55

その後もなんとなく悶々としていたんですが。
アンジェラアキの「手紙」って曲、なんとなく今のお嬢さんに捧げたい歌ですね(歌についてはBUBIさんのブログに詳しくかいてありますね)
結局、答えって自分でしかでないので、親はそれを(親の字のごとく)立って木の陰で見ることしかできないんでしょうね。。。(つらいっすね、親って)。
何年後かの自分に「後悔してないよね?」って自分でいうしかできないというか。。。私もまだまだそんな自分だったりして。

投稿: ちゃい | 2008.10.13 11:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この母親はわたしだ:

« 半身浴読書~101~ | トップページ | 半身浴読書~102~ »