« 半身浴読書~100~ | トップページ | 半身浴読書~101~ »

2008.09.23

映画【おくりびと】

映画館で映画が見たい!そう思ったのは,夏休みに学校行事で見た【デスノート】がきっかけ.

【デスノート】は,確かテレビのロードショーでもやっていて,子どもが見ていたからわたしも見ようとしたんだけど,家ではどうしても集中できず,結局,内容についていけなくて(だから当然,作品を楽しむことも味わうこともできなくて),『この映画,つまらん』と思った作品だ.

ところが,体育館に大きなスクリーンを用意して,見るぞ!って気持ちで薄暗い空間にいると,自然に集中し,作品を理解し楽しむことができたのだ.

こりゃ~,見なきゃいかんでしょう.映画館で.

で,今日は【おくりびと】を見ました.

   

おもしろかったぁ~

これは,亡くなった人をきれいにしてお棺に納める納棺士の話です.ちょっとコミカルな部分もあり,シリアスに泣かせるところもありで,ほんとに楽しめた.

食べるシーンでは,ちょっと伊丹十三作品を思い出したなぁ~.

死体を扱う仕事だから,周囲の蔑みもあったりして,それは妻にもあって家を出て行ってしまうんだけど,最後までその仕事の意義ややりがいについて,言葉で説明したり説得したりはしない.偶然,自分の仕事ぶりを見せる場面があり,そこで妻は理解することができるわけだ.

こういうことって,言葉にすると安っぽくなるから,それはほんとに良かったんじゃないかと思う.

まぁ~希望を言えば,本木雅弘の妻役には,やっぱ宮沢りえちゃんが良かったなぁと思うけどね.

実は先月も映画館で映画を見たのだが,その作品より何倍も面白かった.その作品って,【崖の上のポニョ】なんだけど.

あの作品,全然面白くなかったんだよね,わたしには.一緒にいった子ども達は,楽しんだようだけど.

あれって,手抜きすぎじゃない?一番初めにみた宮崎作品が【風の谷のナウシカ】だったせいか,完成度が極端に低いと思ったんだけど.

だって,ストーリーがさっぱりわかんない.

海の中にいるあのおっさんは,何?急に女神様みたいなのが出てくるのはなぜ?最後に「これで世界の最後から救われた」とか言ってたけど,いつそんな危機が来てたの?

あ~,イライラする・・・

   

ポニョのことは,この際,いいのだ.

今回,とても楽しかったので,来月もまた映画館へ行こう!

次は何がいいかな?何を見ようか,検討中です.参考意見,お待ちしています.

   

お!ひとつむちゃくちゃ腹がたったことがあった.

この【おくりびと】は,その内容のせいか観客の平均年齢が非常に高かったわけだが,観賞中,二度も携帯電話が大音量で鳴り響いたのだ!

「誰じゃ~!出て来い!」

と,叫ぶかと思いましたわよ~あまりに腹が立って.

中高年が「今どきの若い人は・・・」と口にするけど,「おまえらの方が,よっぽど非常識だぁ~」と,心の中で叫びましたとさ.

|

« 半身浴読書~100~ | トップページ | 半身浴読書~101~ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

いいなぁ、映画。

最近、子守の映画しか見ていないです。
ポケモンとかドラえもんとか。
(それはそれで面白いですが)


かといって、一人で行く気にもなれず。
嫁と少し難しい映画見に行くと、
「説明」を求められるので、・・・。
スカイクロラ辺り見たかったのですが、
きっと無理だろうなぁ。

投稿: さじった | 2008.09.24 19:07

さじったさん

わたしも映画は,誰かと一緒に行きたいなぁ.
で,オットを連れて行くんですけどね.(^。^;)

いいですよ,映画館で映画.

行きましょ,行きましょ.

次は何を見に行こうか,検討中のととです.

投稿: とと(>さじったさん) | 2008.09.25 23:39

平均年齢をつりあげる、私の母、叔母もみにいったようで、電話でききました。「山形の景色も良くて、話もよかったけど、いやあ、モックンじゃない人が主役だったら、どうだったんだろう?とも思うわよ。かっこよかったわよ~」とのことでした。

母は次に見に行くのは、「パコと魔法の絵本」がいいなとのことでした。私もワーキングマザースタイルで紹介されているのをみて、いいなとおもいましたが、私は子供がいてなかなかいけないので、図書館でとりあえず本を借りようかと(映画の内容は、ワーキングマザースタイルをみてください)。

ポニョは、うちの2歳&4歳児でも満足していたので、そりゃあ、大人にとっては物足りないものだったとおもいますね。宮崎監督も「5歳の子がみてもわかるように作った」といってましたし。
そして、先日、深夜番組で、「小倉優子が男性の年収を当てる」という番組で、かならず「ポニョ見ました?」ときくんです。そして、「感動しました」といった人は、少年の心のままの人なので、残念ながら出世できないという小倉理論が見事的中していました。年収4000万円のラーメン屋のプロデュースとライターをやっている人は、「ごめんなさい、ラピュタファンの僕としては、正直、感動できなかった。ボクはもう心がすれちゃって、腹黒いんです」といっており、西川女医が、「自分のことを腹黒いといえるひとは、金持ちの中でも突き抜けている」といっていたとおりでした。
ととさん、年収4000万ですかね??

投稿: ちゃい | 2008.09.26 22:49

ちゃいさん

年収4000万!?
いいっすねぇ~。そういう身分になってみたいわぁ~
腹は黒いけど、お金持ちではないようで…

お母様方のおっしゃるとおり、モックンはかっこよかったです。演技もいいしね。二枚目なのに、三枚目の雰囲気が出せるから、違和感ないですね。

「パコと魔法の絵本」も候補に挙がったんですが、わたし、CG使いまくり系の映画は苦手なんですよ。スターウォーズもいまいち好きになれないくらい。(オットは大好きで、DVDも買い揃えて何度も繰り返し見ていますけど)

わたしとしては、次は【イキガミ】か?って思ってるんですが、人の死にかかわる映画を連続でみることにちょっと抵抗があるので、他の映画がいいかなぁとも思うんですよね。

投稿: とと(>ちゃいさん) | 2008.09.27 20:08

映画は見ていませんが、私の納棺にまつわる思い出。
冠婚葬祭が業として成り立つようになってから、納棺士という仕事ができたのですね。
祖母は昭和57年に自宅で老衰で94歳でなくなりました。臨終の時に枕元に居たのは、ひとり私でした。畑に出ていた父を呼び、すぐにかかりつけ医を急いで呼びにいきました。死亡診断書を持って、火葬の申込みに役場にも行きました。
でも、納棺に当たって、みんなで死者の身体を清める「湯潅」(ゆかん)には、立ち会えませんでした。というか、死者の身体を目の前にするのが怖くて、逃げてしまいました。「おーい、みんなで、湯かんするから、集まってー」という声を覚えています。
身内が集まって、身体を清めて、死に装束(祖母は高齢になって、自分でしに装束を箪笥に準備していました)を着せて納棺する、長く何百年も続いてきたしきたり。それから逃げてしまった、ということが、その後チクリと自分を刺す感覚があります。
その後、夫の父親がなくなったとき、業者が、速やかに、尊厳を損なわないように配慮して、行なう様を体験しました。家族は、しるし程度に関わるだけでした。その職業が映画になったのでしょうか。
私は、先んじてひ弱になっていたのですが、その後、世間一般も、きつい仕事は専門家に任せる、という、ひ弱になったってことなのでしょうね。

投稿: 街中の案山子 | 2008.10.08 16:26

街中の案山子さん

>その後、夫の父親がなくなったとき、業者が、速やかに、尊厳を損なわないように配慮して、行なう様を体験しました。家族は、しるし程度に関わるだけでした。その職業が映画になったのでしょうか。<

そうそう.
そのお仕事の映画です.

わたしは,臨終に立ち会ったこともなければ,納棺だの通夜の準備だのしたことがないものですから,こんなお仕事があるとは全然知らなくて驚きました.

ひ弱になったのかどうかはわかりませんけど,近親者の死に触れる場面が少なくなっているのは確かでしょうね.兄弟も少ないし,親戚も少ないし.
納棺というしきたりを,家族から伝承する機会がないんじゃないでしょうかね.

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2008.10.11 22:48

年末映画ですが、個人的に見たいものが。
「ティンカー・ベル」
かな。
おやじ一人で見に行く勇気はありませんが、
以前は待ちうけにティンクが笑っておりました。

投稿: さじった | 2008.10.13 08:47

さじったさん

「ティンカー・ベル」ですか。
年末ですね。
ちょっと調べてみますね。

投稿: とと(>さじったさん) | 2008.10.16 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画【おくりびと】:

« 半身浴読書~100~ | トップページ | 半身浴読書~101~ »