« 映画【おくりびと】 | トップページ | この母親はわたしだ »

2008.09.25

半身浴読書~101~

51xmq50sdal_sl500_aa240_ 『誰か』 / 宮部みゆき,読了.

宮部みゆき作品にしては,穏やかなお話.展開も緩やかで,設定はいつものように特別ではあるけど,ミステリー色はかなり薄いと感じた.

ストーリーは,自転車にひき逃げされ亡くなった男性の過去を,その娘と一緒に遡るというもの.犯人ではなく,事件でもなく,娘と一緒に過去を辿る男性の気持ちに焦点があたっている.

その男はいわゆる逆玉で,そのことに自分自身,何かちょっとあるんだな.その何かっていうのは,なかなか言葉にならないものなんだけど.

周囲の自分に対する感情とか,そういうことに敏感になっている男は,実は自分自身が一番そのこと(逆玉ということ)に囚われているのだ.一番気にしているのは自分なのだ.

物語の最後,ひき逃げされた男性の娘達のことで,思わぬ意外な展開がある.そのとき娘が男性に投げかけた言葉も,逆玉という環境にいる男を刺激する言葉であり,この物語の主題って,そこにあるのかなぁ~とも思った.

|

« 映画【おくりびと】 | トップページ | この母親はわたしだ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/42595070

この記事へのトラックバック一覧です: 半身浴読書~101~:

« 映画【おくりびと】 | トップページ | この母親はわたしだ »