« 気になることは属性によって違う,多分ね. | トップページ | 映画【おくりびと】 »

2008.09.07

半身浴読書~100~

51enfnw9pbl_sl500_aa240_ 春話二十六夜 岐かれ路』 / 坂東眞砂子,読了.

タイトルに<春話>とあるように,これはエロ話.

多分,時代は江戸時代.そのころの一般人のアッチの話だ.

この本の時代考証はどの程度のものなのかわからないが,こういう話もあり得るのなら,『昔は性に対して,結構おおらかだったのねぇ~』と思う次第だ.

そういえば,女性が結婚前に貞操を守ることが推奨されたのは,キリスト教の影響だ・・・なんてことも聞いたことがあるような???,ないような???.

であるなら,今の若い人たちの旺盛な性欲は,昔に戻っているだけなのかもしれず,あまり目くじら立てることもないんじゃないかと思ったり.

まぁ~,今はそれがお金に結びつくことも多いようで,江戸時代のような純粋にセックスを楽しむのとは違うのかもね.その点,今は不純なのかも.

この本には,いろんな男女の交わりが書いてあるけど,心の結びつきとは別に,体の快楽を求めてるんだよね.だけどなぁ~,女性って気持ちが伴わないセックスって,ほんとにいいと思えるんだろうか?男性ならあり得ても,女性はやっぱり気持ちから入るだろうというのが,わたしの持論.せめて,自分が相手のことを好きでないと,感じないと思ってたんだけど,そこんとこどうなんだろう.

それにしても,記念すべき『半身浴読書~100~』が,このエロ話(こういうのを官能小説っていうんだろうね)か~と思うと,なんか・・・ウケル(*^^*)

ところで,なぜこの本を手にしたのかというと・・・

間違がっちゃったんですな.坂東真理子と.

そう,あの『女性の品格』を書いた坂東真理子さんと,あまりにも名前が似ていて,『お~!あの人ってこんなエロ話書く人だったんだぁ~』なんてね.

お恥かしいcoldsweats01

|

« 気になることは属性によって違う,多分ね. | トップページ | 映画【おくりびと】 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

まだ、暑いですね~。
ととさんの「坂東間違い」にププッと吹き出しました。
時代を、大きく捉えると、禁欲的な時代を生きてきたのだろうか・・・、とちょっと考え込んでしまいました。
昔、炭鉱で石炭を掘る人、運ぶ人の苦労話を書いた本を読んだのだけれど、女性はオコシ一枚でトップレス。合間にする話題は、シモネタばかり、とあり・・・、むむむ、快楽って、どんな所にもはびこっていて、結構あっけらかんとしているのだと、ただに空想したことあります。
上も下も、結構普遍的話題なのでしょうか。
老人ホームでも、女性は、色と金と、もう一つ、忘れたけれど、なにか、その三つの話に事欠かないって。
100冊目が、これって、面白い。笑笑笑。

投稿: 街中の案山子 | 2008.09.08 14:49

街中の案山子さん

坂東間違い,ウケルでしょ?( ^ω^)

でも,面白かったですよ,こういうのも.
翌日,たまたま病院で読んだ雑誌が婦人公論で,その中に官能小説が3作載っていました.そのうちのひとつが,この坂東さんの作品でした.

下ネタは,明るく話すと楽しいですよね.わたしも結構します.(どんなカミングアウトだ?)

ただ,下ネタはセンスの合う人と合わない人がはっきりしますね.こっちの話題が楽しくできる友達とは,他の話題も楽しいです.

ブログでもたまにはやっちゃっていいです?下ネタ.(笑)

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2008.09.10 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/42410066

この記事へのトラックバック一覧です: 半身浴読書~100~:

« 気になることは属性によって違う,多分ね. | トップページ | 映画【おくりびと】 »