« 半身浴読書~95~ | トップページ | どこで就職するか? »

2008.05.11

半身浴読書~96~

51b684pqrql_sl500_aa240_ 『象の背中』 / 秋元康,読了.

punchpunchpunch

猛烈に腹が立った.なんだこれは,この男は!

内容を一言で言うと,妻がいて子どもが2人いて,5年も付き合った愛人もいる48歳の男が,肺がんで死ぬまでの話.

まぁ~,実に勝手だ.

男の勝手な理想を書いてるだけ.女の心情など全く無視.愛人持ちの男には,こういうのはたまらなく気持ちいいんだろうなぁ.

徹底的に男目線で,男にとってのいい女(都合のいい女?)のオンパレードの話は,渡辺淳一だけかと思ったら,ここにもイタァーーーー!

28歳の独身女性と5年間の不倫を継続中の男だが,余命が残り僅かと知り,女は泣く.わたしを置いていかないで欲しいと泣く.それに対して男は,こう言う.

「俺が死んだら一年間泣いてくれ.その後は,いい人を見つけて幸せになってくれ.」と.

はぁ?

あなたねぇ~,自由恋愛市場で最もマーケットバリューの高い20代後半からの5年間を独占しておいて(既婚者のくせに),よくもぬけぬけとそんなことが言えましたな.

彼女の幸せを願うなら,もっと早く手放すべきでしょう?自分がたまたま死ぬことになったからそんなこと言ってるだけのこと.ほんとに呆れてモノが言えん.

最悪なのは,この愛人を息子に紹介し,さらには妻にまで会わせて自分の不倫相手だと告げること.

死ぬ人間はなんでも許されるわけ?

違うでしょう?

妻への裏切りは,墓場まで持っていくべき.何でも打ち明ければいいってもんじゃない.(参照エントリー:男の浮気,許す?許せない?そんな男をこのストーリーの中では,肯定感をもって書かれていることに腹立つんだよ!

ほんとにムカつきながら読みました.

そもそも,この話が48歳で死んでいく男の人生の話なら,愛人など必要なかったわけで,もし愛人のくだりがなければ,わたしは涙涙にくれていたことだろう.

それをわざわざ登場させるわけだから,この話はやはり男目線でのいい女についても書きたかったんだろうと,穿った見方をしてしまうのだ.

疲れた・・・

|

« 半身浴読書~95~ | トップページ | どこで就職するか? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

感想文ありがとう。秋元康さんって、新聞にもマルチな能力を持った方のようにコラムに登場したりして、私は、名前以外知らないけれど、感受性と能力を兼ね備えている方かな、と傍観していました。
書いたものは、その人を表すと、思っています。
なんか、小説の展開では、独善的で陶酔型ですね。
関心を持つに及ばない人の分類に入れることにします(笑)。

投稿: 街中の案山子 | 2008.05.13 11:12

それがですね、この本は映画にもなって、泣ける話として評判だったんですよ。

会社の女性陣も読んでる人は多いですが、こんな感想を持ったのはわたしくらいcoldsweats01
わたしって変なのかしら?

ただ、わたし的には街中の案山子さんのコメントにあるとおり、独善的で陶酔型だと思うし、関心を持つに及ばない類の作家だと思います。

なんでこんなにこの話を受け入れられる女性たちが多いのか、かなり謎でもあります。

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2008.05.13 22:56

元気ですか。
いくつになっても、思わぬ展開に事が進んだりして、大息をついたりしています。
「神様は、その人が乗り越えられる分量の課題をおあたえになる」と、以前どこかで読んだのか、自分で拵えたのか、定かではないけれど、かってに、そんな台詞をひっぱり出してきて、自分に言い聞かせている昨今です。
「今朝は調子がいい、アイラインが一発で決まった!」論調闊達なととさんのメッセージを待っています。

投稿: 街中の案山子 | 2008.05.28 11:35

元気ですか。また書きます。いつか、ととさんの目にとまったら、と・・・。
先日、娘との電話で、娘のことが心配でならない私に対して、娘の口から「その人に与えられた課題は、その人が乗り越えられるだけの分量が…」って、言うのです。私の口癖(?)だったのか?そして、「人に与えることは、受け取ること」と。そんな言葉まで、スラスラ出てくるのです。うーん、脱帽です。
人生には苦労が付きもの。お母さんが苦労知らずにこれまで来たから、堪え性がないのじゃない?とも。
……問わず語りで、喋ればきりがないほどの数々も、「なにも心配いらないよ」と返事が返ってくる娘です。
基本がしっかりしていれば、心配ない。それが大切だと、夫の声。
イレギュラーな状況をものともせずに、邁進する娘に、あたふたです。

投稿: 街中の案山子 | 2008.06.04 12:43

こんばんは!

ほんとにご無沙汰です.
いつも気にかけていただいて,ほんとにありがとうございます.

ところで・・・
何かありました?

いやぁ~,人生には思わぬ展開がありますもんね.
わたしも今,その只中にいて,時間がいくらあっても足りません(-_-;)

お嬢さんやご家族のお言葉は,心強いですね.
素敵なご家族!
それを作ってこられたのは,街中の案山子さんだから.
さすがです.

投稿: とと(>街中の案山子さん) | 2008.06.14 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/41165006

この記事へのトラックバック一覧です: 半身浴読書~96~:

« 半身浴読書~95~ | トップページ | どこで就職するか? »