« 厚生労働大臣風に言うならば | トップページ | 実は大ニュースがあった »

2007.02.09

自分が二人いる感じ

最近ブログの世話ができないのは,他のことに気を取られているからだ.

それは今年初めての記事『2007年は静かに唐突に始まる』にも書いた”いろいろとまずいこと”なのだけど,それは未だ着地点が見つからず,右往左往している.

その件について書いたらいいわけだが(おねえとの確執を書き殴ったように),それができない.

なぜならそれは,私のダーティな部分だと自覚があるから

ここは自分のブログだし何を書いたって自由なわけで,批難されるのがいやならコメント閉じちゃってもいいんだけど書けない.

意図せずとも自分のキャラがおそらくここにはあって,多分自分はこんなふうに思われてるだろうとか,それを裏切りたくないよなぁとか,ここを訪問してくれる人にはこういう話は多分受け入れられないだろうとか,受け入れられないどころかきっと引くだろうなぁとか,なんかそういうヤラシイ感情が渦巻いているからに違いない.

きっと現実社会でもこうやって自分が何分割かされるんだろう.

でもまぁそれは,ある意味大人ということで,決して不健全ではないよな.

|

« 厚生労働大臣風に言うならば | トップページ | 実は大ニュースがあった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうなんだよね~
生きていくって、色々な自分になることでもあるよね

人が生活していくうえで、
時、所、場合によって色々な自分になったりする事は合ってもいいと思う

私、ある程度の年までは白は白、黒は黒だと思っていた
グレーなんていい訳だと思って生きていた(笑)

それが、年齢とともに変化してきた


良い風に言えば、【大人になった】【経験を積んで丸くなった】【臨機応変になった】 【穏やかになった】

悪く言えば、【ころころ変わる】【素直じゃなくなった】【真剣に考えなくなった(人の事だから・・・)】【いろいろな事が同時進行できなってきた】

年齢を重ねるって、その時になってみないと解らないことも一杯あるよね

体も、30代と40代ではこうも違うのかと思い知らされている(涙)


だから、ととさんがどんな事を書いても変な風に思ったりしないよ。


きっと皆同じような悩みを持っていると思う

話したくなったら、話してみてね

投稿: ななうさぎ | 2007.02.11 01:08

>ななさん

どうもありがとう.すごく嬉しい.
でもね,ほんとに"引く"と思うよ.自分でも,自分が信じられないもん.

人生って自分が思っているようには,ビタイチ進まないと思っているこの頃です.

人生には思ってみない展開が待っていて,それがまた面白いことでもあり,二人目の自分の出現に驚くことにもなるんだね.

結果が出たらコメント閉じて書いちゃうかもしれません.びっくりしないでね.

投稿: とと | 2007.02.11 09:46

こんなことを言うのは何だと思いますが、
「何か」知りたいっす。
好奇心丸出しですね。
年初から「何かあったのかなあ」と思っていたりで。

私も、自ブログに「ぐーたん」が存在するんだろうなあと思っています。が、まあ~私は私なわけで、誰かのためにブログを書いているわけではないとか考えて。一度、いえ、数度引かれてもいるので、ま、いっかなとか。記事で何が言いたいか良くわからないとは言われます。ダークさをオブラートに包んでみたり。はっきりと言葉にできない部分もあるけど、伝えたい事もあるわけだし。
一報では、発信した責任もあるかと考え直して、続きを書いたりとか。(正月事件もね)はは。
自分のダークな部分って、言葉にする時、相手の反応を見ながら、少しずつ出したり、ひっこめたりして、相手の許容範囲を見ながら、出すけど、ブログでは相手の反応を見ながらというのがないから、怖いです。全て(まあ一部でも)出して見ないとわからない。わからないどころか、コメントが無ければ、それだけ怖かったりとかして。そして、その反応で、自分のダークの価値が決まってしまったりと。

何か取り止めも無かったです。ごめんなさい。
いつか、言葉になる時があるのかな?

投稿: ぐーたん | 2007.02.11 17:26

>ぐーたんさん

どうもありがとう.
ぐーたんさんは意図してないと思うけど,なんか励まされた感じです.

それにしても気になるよね.
私もきっと好奇心丸出しで聞いちゃうと思うな.聞かれたくないんならほのめかさなきゃいいのに,こんなことを書いてしまうのは,多分,噴出寸前なんだと思う.

リアルでは決して言えない現状を,いっそのことぶちまけてしまいたい衝動が確かにあるのです.
ならばダークな部分だけのブログを立ち上げて,そこで初めからぶちまけるという手もあるんだけど,不器用で妙に正直な私は,それがどうもできなくて・・・.
もっといえば,ここで交流の生まれた人にこそ聞いてもらいたいとう気持ちもあったりして.
実にやっかい.(-_-;)

今年中には文字にできると思うんだけど・・・.(全て終わってからね)

投稿: とと | 2007.02.11 20:15

ぶちまけてみてよいと思いますよ~
 いい人でいる必要なんて、日常で充分ですわ。
 まあ確かにブログとはいえ、いろんな人が読んでくださってるんだよなぁと思うと、キャラをきにしてしまう気持ちは私にもありますが、そういう方たちに実は「読んで欲しい」という欲求もとても分かります。
 書けるときになったら、書いてくださいね!

 

投稿: BUBI | 2007.02.12 08:06

>BUBIさん

>いい人でいる必要なんて、日常で充分ですわ。
↑ほんとですね.よく考えたら日常で言えないことを書くのが,ブログの醍醐味でもあるわけでね.

でも私の場合,例えるなら,警察官がシャブ中だった・・・みたいなことになっているので,これまで偉そうにああじゃないかこうじゃないかって言ってたことが全て嘘臭くなってしまうのですよ.信用ならん人物って感じです.はぁ・・・.(深いため息)

も少し待っててくださいね.多分そのうち,あふれて出てくると思うので.
そのときはきっと,かなり"引く"とは思いますけど.(^。^;)

投稿: とと | 2007.02.12 22:21

ととさん、おはようございます。

大丈夫ですか?
元気に愚痴る♪っていうブログ名とってもいいと思います。
だから、そのことを書いても書かなくても、元気でいて欲しいなって思っています。
何か引っかかることがあると、なかなかさくさくって記事も書けないと思うけれど、また違うことをちょっと頑張って書くことで、気持ちが軽くなることがあるかなって思います。

書けないことがなにかってことは私なりにもしかしたらって考えたりしています。
でも違うかな?勝手な想像しちゃってごめんなさい。

実は私も、大きなことで、書けないでいることがあります。
もちろん、ダーティーな部分です。
だけど、私の場合はうんと過去のことになるので、最初の頃は気になっていたのですが、今はそれほど気にならなくなりました。
今の時代、珍しいことではないのかもしれないのだけど、自分自身ではやはり絶対に忘れてはいけないこと、戒めていなければいけないこととして、死ぬまで思い続けて行かなければならない私の中の深い部分です。

ブログをやめる時には書こうと思うのかしら?

ととさんは現在進行形だから、つらいところですよね。
書きたい、でも書いたらどうなるだろう、カッコつけとかじゃやなくて、それはみんなが持っている正直な気持ちだと思います。

ととさんの考える、いい方向に向うことを祈っていますね。

投稿: チカママ | 2007.02.14 09:45

>チカママさん

チカママさんには予感があるのですね.もしかしてこういうことじゃないかっていう.
そういう勘って,大抵当たっているような気がします.・・・引くでしょ?(笑)

でもチカママさんに励ましてもらってとても嬉しい.(特にブログタイトルを誉めてもらったのは,かなり嬉しい)

自分が向かうべき方向ははっきりしているんだけど,そこへどうやって向かわせるのかが難しい.静かに解決したいからね~.

ただ自分の性格を考えると,年内には何とかなるんじゃないかと思っております.もし書きなぐったら,引きつつも何かコメントいただけると嬉しいです.
今後ともよろしく!

投稿: とと | 2007.02.14 21:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/13849923

この記事へのトラックバック一覧です: 自分が二人いる感じ:

« 厚生労働大臣風に言うならば | トップページ | 実は大ニュースがあった »