« 半身浴読書~72~ | トップページ | 京都紅葉ツアー2006(その1) »

2006.12.02

半身浴読書~73~

021708090000 『イン・ザ・プール』 / 奥田英朗,読了.

最近体調も良くないし,恋のさわり(参照エントリー『恋愛のさわりを楽しむ』)も進展がないし(あっちゃいかんだろうけど),何より仕事が絶不調で鬱々とした気分でいます.このあたりの事情について今すぐにでもぶちまけて,少しは荷を下ろしたいのだけど,それにはかなりのパワーが要るのでその前にちょっとブレイク.

これは先に読んだ『空中ブランコ』(半身浴読書~28~)に出てきた伊良部先生のお話.

この本の中には,5つのお話が入っている.

  1. イン・ザ・プール
  2. 勃ちっ放し
  3. コンパニオン
  4. フレンズ
  5. いてもたっても

私は『空中ブランコ』より好きだなぁ~.伊良部先生のことを師匠と呼びたくなっちゃう患者の気持ち,わかるんだよね.そのくらい伊良部先生の行動は,面白いのだよ.

《フレンズ》では,携帯でつながる希薄な友人関係の高校生が出てくるんだけど,これって今のいじめの問題に共有する何かがあると思ったね.孤独を怖れない気持ち,自分を偽らない気持ちって,すごく大切なんだと思う.

|

« 半身浴読書~72~ | トップページ | 京都紅葉ツアー2006(その1) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

奥田英朗さんのこのシリーズは、癒されますね。
ホラこっちの角度から物事を見てごらんって、説教臭くなく、諭されている感じを覚えます。
筆も滑らかで、読みやすい。ナイーブな感性も時たまのぞく人でもあります。書きなぐりっぽいぽいものもないではありませんけれど。
読書会やっているのですが、来月は「空中ブランコ」です。

投稿: 街中の案山子 | 2006.12.03 08:15

>街中の案山子さん

読書会ってどんなことをするのですか?
みんなで感想を言ったり?

伊良部先生が患者さんに提案することっていつも具体的でわかりやすい.わたしはこういうのが好きです.子育てにしろなんにしろ,すぐに精神論をぶつ人って胡散臭く感じます.

だからあの「美しい国」っていうのも,その意味でなんか腑に落ちないのです.(^^;)

迷っている人,苦しんでいる人には些細なことでもいいから具体的で実行可能な策を提案してあげることが何よりだって思っています.

投稿: とと | 2006.12.03 16:28

ちょっと横入りです。

>すぐに精神論をぶつ人って胡散臭く感じます

これが、ストレートに同調できましたよ。

精神が関わらない場面なんて無いと思うんですけど、それ一本槍なのは、どうかと思うんですよ。

具体的なものと精神論は、適度なバランスで成り立っているといいですよね。

投稿: dai | 2006.12.04 13:00

>daiくん

横入り大歓迎です!

すぐに精神論をぶつ人って,自分を横に置いて少し高い位置から言っている感じがして,どうもダメ.しかも精神論って証明できないから,間違いを指摘するのも難しい.
そこをわかって言ってるんじゃないかと疑ってかかりたくなるんだよね~.(あたしって,かなり意地悪)

投稿: とと | 2006.12.04 23:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/12909133

この記事へのトラックバック一覧です: 半身浴読書~73~:

« 半身浴読書~72~ | トップページ | 京都紅葉ツアー2006(その1) »