« 半身浴読書~75~ | トップページ | 半身浴読書~76~ »

2006.12.19

京都紅葉ツアー2006(その2)

これは『京都紅葉ツアー2006(その1)』の続きです.

   

今年泊まったのは,南禅寺の近くの八千代という旅館.見た目,風情があってなかなかのところ.

と,思いきや!中は相当古い.部屋の窓もサッシじゃないし,冷蔵庫もない.建物は多分,増築を繰り返したんだと思われる複雑な構造.こ・これは・・・・(-""-;)ムム・・・

オットがフロントで宿泊の手続きをしたんだけど,インターネットでの予約だったので当然一円も払ってないわけだ.なのにフロントのおっちゃんは「もう,お支払はお済みでしたかね?」なんて聞いてくる.オットは「まだですよ.でももし,払ってますって言ったらどうなる?」なんて無茶苦茶言ったりして,なんか笑えた.

旅館では大抵,ウェルカムドリンク的に部屋にお茶のセットとお菓子が置いてあるんだけど,ここではサービスとしてコーヒー・紅茶・ジュースを選べるらしい.

家を出てから一度もコーヒーを飲んでいなかったコーヒー中毒の私は『よっしゃ~!!!』ってな具合で,コーヒーをオーダー.

しかしだ.甘かったね.期待した方が間違ってるよね

出てきたコーヒーは,すぐにわかるインスタントコーヒー.しかも異常に濃い.(/||| ̄▽)/ゲッ!!!

まぁとにかく,頭クラクラなんだからおとなしく横になりましょうということで,早速私は自分で布団を引っ張り出し,ゴロンと横たわった.

その間,オットはさっさと風呂へ.

akkoは風呂好きなので行きたそうにしていたけど,私が全然動けないので諦めてDSの世界に突入.旅先でも行動の変わらんヤツじゃ.

そして,7時.夕食の時間.今回は宿でしゃぶしゃぶをいただきました.

しかし,いったん横になってから起き上がった私は,オットに支えられないと歩けないくらいふらふらで,そのふらふらのままお食事処へ移動.でもお腹はペコペコだったので食べる気はマンマン.

そういう状態だったので私は鍋奉行をする気が全くなくて,オットが食材の隣に座り,私は食べるだけ席へ着席.でもこれって実はいつものことで,私の体調が良くてもオットが鍋奉行をすることの方が多いのだが・・・.

ところがである!おせっかいな仲居のおばちゃんが「あら~,奥様がこちらに座られたら?」などと言いやがる.

客の勝手だろ?と憤慨しつつも,話す気力もなくて「いいえ,これで・・・・」なんて言ったら,さらにおばちゃん「おうちでもいつもそうどすかぁ?だんなさんが?へぇ~~~~」などと畳み掛ける.

いいじゃん!好き勝手に食わせてくれ!誰が鍋奉行だろうと君には迷惑はかけないから!!!

あ~あ,妻が夫の世話をする,妻が食事の世話をする,妻が子どもの世話をする,この概念は永久に不滅だな,きっと

でもね,しゃぶしゃぶは美味かった.これはほんと.あのおばちゃんを許してもいいなぁ~って思ったくらい美味かったです.ごちそうさまでした.

その3に続く】

|

« 半身浴読書~75~ | トップページ | 半身浴読書~76~ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都紅葉ツアー2006(その2):

« 半身浴読書~75~ | トップページ | 半身浴読書~76~ »