« 行ってくるぜ | トップページ | 必修科目を履修できなかった件で・さらに追加 »

2006.11.03

半身浴読書~69~【ネタバレあり】

020305630000 『茉莉子』 / 夏樹静子,読了.

多分,この話の肝は生殖医療によって生を受けた子ども自身が,その出自を知ったときの心の問題なんだと思う.

確かに,最近では向井あきさんの代理母出産が記憶に新しいが,産む側の気持ちはなんとなくわかったような気になるけど,生まれた側はその経緯をどんな風に受け止めるのかなんて,想像もつかない.

ここから先は,ネタバレあり.知りたくない人はここでひき返してね.

   

   

   

ただ,このお話では単純に生殖医療によって生まれた側という立場ではなく,先に亡くなった姉の代わりであることのインパクトが大きくて,自分の誕生の How ではなくて Why の方に焦点が当たっているような気がした.

私はといえば,生殖医療や生まれたことの意味などといったことより,芸妓が妻を持つ男性との間に子どもを持とうとすることに驚いたし,その二人が中心の話だからしょうがないんだけれども,正妻の気持ちなどには少しも斟酌しない書き方に,正妻の立場である私はクエスチョンなのである.

ただ,芸妓である絹子は決して彼を独占したいなどとは考えない.それは,芸妓になるときに『相手の家庭に迷惑をかけてはならない』と教育されたこともあるだろうけど,それだけではない何か体質のようなものがあるんじゃないかと思った.

    

自分の出自を知って,茉莉子は自分を姉の代理だと感じる.成り行きから見てそう思うのも無理はない.自分の生に意義を感じられなくなった茉莉子だが,最後に生きることを決意する.(このときの理由がなんかいまひとつ理解できないのだが・・・)

 でも,自分が何のために生まれてきたかなんて,きっと誰一人わからないのだ.この世に生み出された者は,ただその生命を引き受けて生きるほかはない.

(『茉莉子』 / 夏樹静子 より)

そうだね.きっとそれが生きることなんだね.

|

« 行ってくるぜ | トップページ | 必修科目を履修できなかった件で・さらに追加 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/12542954

この記事へのトラックバック一覧です: 半身浴読書~69~【ネタバレあり】:

« 行ってくるぜ | トップページ | 必修科目を履修できなかった件で・さらに追加 »